仙台市とノキアが連携協定 防災、減災でドローン含む最新技術を活用

仙台市とノキアが連携協定 防災、減災でドローン含む最新技術を活用

 無線や通信インフラの大手、ノキア(フィンランド)の日本法人、ノキアソリューションズ&ネットワークス(東京)は、仙台市と「IT技術を活用したまちづくり」などで連携協定を結ぶことになり、10月17日、仙台市役所で締結式を行った。仙台市の防災・減災の取り組みにノキア側がドローンを含む最新技術を提供することなどで協力する。


世界防災フォーラムでドローンソリューションを展示 共同防災訓練も検討

 連携協定は東日本大震災からの完全復興に取り組む仙台市に、ノキアが最新技術を提供するもので、ドローンなどによる防災・減災、IoTを活用した東北、仙台のイノベーションについてノキア側のネットワークを利用した発信、次世代通信技術を活用した新しいビジネスの環境の構築などが内容だ。
 ノキアは海外でドローンを防災、減災に活用している経緯がある。こうした実績を、仙台市内で進められている実証実験などの取り組みと組み合わせることで、実用に道筋をつける考えだ。
このほか、仙台市内にマルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)や第5世代移動通信システム(5G)の検証が可能な環境を構築し、関連分野でのユースケース創出を促進する。
 防災分野では、11月25日~27日に仙台市で開催される「世界防災フォーラム(IDRC)2017」で、ノキアがパブリック・セーフティ・ソリューションを紹介する。ドローンも展示する計画だ。また2018年には共同防災訓練の実施も検討している。
 仙台市の郡和子市長は「今回の協定は、仙台市民が求めている安全で安心できる都市環境について、ノキアが持つ最先端の情報通信技術と、世界各地での連携経験を活かした支援をして頂くことが内容。これまでの仙台市が取り組んできた実験は、実用化にはずみがつくと信じている。海外IT市場への進出を目指している企業が、ノキアのネットワークを活用させて頂くことで足がかりを得られるとも期待している。MEC、5Gの検証環境も進めたい。仙台市は現在、NTTドコモと、そしてフィンランドのオウル市との協定を結んでいる。今回のノキアとの協定が相乗効果を生む。新たな分野での発展、進化も考えている」などと意義を強調した。
 ノキアソリューションズ&ネットワークス株式会社のジェイ・ウォン代表取締役社長は、「仙台市様の戦略的パートナーとして、極めて重要な復興と防災・減災の取り組みにノキアの幅広いテクノロジーを提供する機会を頂いた。ノキアにとって日本の地方自治体との連携は初めてのケースでとても光栄だ。ノキアは英ブリストル、フィンランドのタンペレ、UAEのドバイなど世界で都市のスマートシティ化を支援している。今後は、仙台市の企業と地域の発展に向けて様々な専門技術を提供する」と意欲を見せた。
 締結には仙台市の伊藤敬幹副市長、ノキアソリューションズ&ネットワークスの西原政利取締役も同席。西原取締役が動画示しながら、ドローンを使った防災の取り組みなども紹介した。
https://www.youtube.com/watch?v=mX07ofo4DAE

ノキア、仙台市の連携協定では、ドローンが3本柱のひとつに位置づけられている

ノキアとの連携協定の意義を説明する仙台市の郡和子市長

この記事のライター

関連するキーワード


仙台市 ノキア 防災

関連する投稿


津波情報で自動出動するドローンが避難呼びかけ! 仙台・旧荒浜小で実験 ブロックチェーン技術活用の情報共有、画像で人物検知

津波情報で自動出動するドローンが避難呼びかけ! 仙台・旧荒浜小で実験 ブロックチェーン技術活用の情報共有、画像で人物検知

 仙台市は3月19日、津波発生情報を受けてドローンが自動的に出動し、避難を呼びかけたり、人影をとらえて避難状況を確認したりと、現場での活動を想定した実験を、仙台市若林区の震災遺構、旧荒浜小学校で実施した。通信、ITなど大手を含めた多くの企業が参加し、4つのミッションはすべてクリアした。今後、実装に必要な課題を洗い出す。


仙台市、津波ドローンの導入を検討 警報などの情報を受信し自動出動し避難誘導

仙台市、津波ドローンの導入を検討 警報などの情報を受信し自動出動し避難誘導

 防災や減災にドローンを活用する取り組みを進めている仙台市は、津波が発生した場合などを想定し、警報などの情報を受信すると自動的に出動して防災活動をするドローンの導入を検討している。NTTドコモと検討を進めており、早ければこの秋にも実験に踏み切る。


高層ビル街の防災にもドローン 工学院大など「チーム・新宿」が推進

高層ビル街の防災にもドローン 工学院大など「チーム・新宿」が推進

 人口密集地や高層ビル街は、想定されるドローンの活用エリアとして少数派だ。その中にあって工学院大学などの取り組みは目立つ。同大学がキャンパスを構える東京・新宿駅周辺エリアの防災活動支援技術を開発する一環として、ドローンを取り入れる実験を展開しているのだ。2月には飛行実験を新宿の公園で実施。今後も実験と検証を重ねる。


ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋)は、2017年6月29日に仙台市、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘)、宮城県医薬品卸組合(事務局:宮城県仙台市、理事長:鈴木三尚)と共同で、ドローンによる緊急医薬品搬送の実証実験を実施した。


東京都あきる野市がDJIの災害対策ソリューションを活用、DJI Storiesで紹介

東京都あきる野市がDJIの災害対策ソリューションを活用、DJI Storiesで紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:呉 韜)は、 東京都あきる野市(市長:澤井敏和)が、 自然災害に対応するため、 DJIの災害対策ソリューションを活用したと発表、 実際の訓練の状況や市職員の声を収録した活用事例動画DJI Stories「自動飛行で進化する災害対策」を公開した。


最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。