「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


ドローンビジネスを始めることができるパッケージサービス

 「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」は、ドローンを活用して新しいサービスを展開したい法人顧客や、ドローンを活用して業務効率化などを図りたい利用者に、ドローンを扱った経験が無くても安心してドローンビジネスを始めることができるパッケージサービス。パッケージには、ドローンの機体のほか、損害保険、飛行許可申請などのサポート、フライトトレーニングが含まれるほか、運航管理システム、操縦代行・空撮サービス、空撮サービスのレポート作成や3D画像計測、映像中継といった運用サービスが含まれる。(注1)
 また、通信モジュール (電波法に基づく実用化試験局 (注2) の免許取得が必要) を搭載したドローンの飛行を試験的に可能とするオプションメニューも用意している。
 提供料金は、機体提供 (保険含む)、飛行申請サポート、フライトトレーニング、運航管理システム、操縦代行・空撮サービス、運用サービス (レポート作成)、その他 (導入支援など)を含むパッケージの例で、5,597,000円 (税抜) から。

注1)顧客の要望に応じて、パッケージの中から単体でも利用できるオプションメニューも用意。
注2)既設の無線局などの運用などに支障を与えないことを条件に、免許申請時に提出する試験計画の範囲内において実用化試験を可能とする。

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」

サービスメニューの詳細

(1)機体
空撮や測量、構造物の保守・点検、物資配送などお客さまのご要望に応じた産業用ドローンの機体を提供。

(2)損害保険
機体が破損した際の機体の修理費などを補償する保険 (以下「動産総合保険」)、および対人・対物事故を起こしてしまった際の第三者からの賠償を補償する保険 (以下、「施設賠償責任保険」) を機体購入時にセットで提供。

(3)飛行申請サポート
ドローンを飛行させるためには、国土交通省へ飛行申請の提出が必要な場合に、飛行申請サポートでは、KDDIが飛行申請をサポート。

(4)フライトトレーニング
ドローンを安全に飛行できるよう、少人数制での座学講習のほか、運用や操縦に関する実践的なトレーニングを実施。

(5)運航管理システム
運航管理システムを使用し、ドローンの自動航行及び指定ポイントでの撮影や録画が可能。
クラウドサービスによる提供のため、デバイスを問わず、機体情報やフライト情報の登録/編集が可能。

(6)操縦代行・空撮サービス
国土交通省が認可する認定機関のライセンス保有者 (認定フライヤー) による操縦代行や空撮サービスを提供。

(7)運用サービス (レポート作成・3D画像計測・映像中継)
・レポート作成
ドローン空撮データ以外に、気象条件や撮影条件などを整理した報告書を作成して提供。

・3D画像計測
土砂崩れの緊急対応時などにドローン空撮および画像解析ソフトを使用することで安全かつ迅速に土砂量を計測可能。

・映像中継
モバイルネットワークなどを活用することで、空撮映像を遠隔地とリアルタイム中継。災害対策時の本部連携やライブイベント中継などに活用可能。

(8)通信モジュールの提供
通信モジュールを搭載したドローンの飛行を試験的に可能とするオプションメニュー。
ドローンに通信モジュールを搭載するためには、電波法における実用化試験局の免許手続きが必要。提供にあたっては、あらかじめ飛行内容についての協議が前提。

この記事のライター

関連する投稿


KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

2018年11月15日。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、富士登山の遭難者救助を目的とし、 ドローン山岳救助支援システム の実証実験に成功したと発表した。


国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

広島県福山市とKDDI株式会社は、東京大学、株式会社プロドローン、サムスン電子、WONDER VISION TECHNO LABORATORY株式会社と共同で、「備後フィッシュフェス」で、「5G」を用いたドローンからの4K映像をVRシステムに伝送し、バーチャル飛行を体験する実証実験 を11月3日、国内で初めて実施する。


国際的サイクルイベント「サイクリングしまなみ2018」で「5G」ドローンを用いた映像伝送の実証実験に成功

国際的サイクルイベント「サイクリングしまなみ2018」で「5G」ドローンを用いた映像伝送の実証実験に成功

KDDI株式会社は、東京大学大学院情報学環中尾研究室、株式会社プロドローン、サムスン電子と共同で、10月28日に広島県と愛媛県で実施された国際的サイクルイベント「サイクリングしまなみ2018」で、「5G」を用いたドローンからの4K映像伝送の実証実験に成功した。


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww