DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI はプロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネマカメラ「ZENMUSE X7」を発表した。


高画質、豊富な交換レンズ、新しいカラーシステムにより映像表現の自由を実現

  Zenmuse X7 はINSPIRE 2に搭載可能で、高画質かつ豊富な交換レンズとともにポ ストプロダクション用の新システム DJI シネマカラーシステムにより、プロの映像制作に新たな創造 性を与えるとしている。

 映画やテレビ制作に携わるプロフェッショナルの厳しい要求を満たすように、Zenmuse X7 はドロー ン搭載カメラとしては最高の解像度で撮影が可能。6K Wineman RAW または 5.2K Apple ProRes は最大 30fps で、3.9K CinemaDNG RAW または 2.7K Apple ProRes は最大 59.94fps で撮影でき、業界 標準のポストプロダクションのワークフローにシームレスに統合できる。

より自由になった表現範囲

Zenmuse X7 は、Super 35mm 映像センサーを搭載し、14 ストップのダイナミックレンジを実現し ているため、低照度条件下でも被写体の細部まで表現可能。映画のような浅い被写界深度を実現 しながら、ハイライトから暗部まで豊富な映像情報を低ノイズに保持することで自由度の高いグレー ディングが可能になった。

広がる映像のポテンシャル

Zenmuse X7 は、世界初の専用空撮マウントシステム DJI DL マウントを採用し、単焦点レンズに最 適化された超短のフランジバックを実現している。焦点距離 16mm、24mm、35mm、50mm の各レ ンズが使用でき、それぞれ開放 F 値は F/2.8 です。カーボンファイバー製のため、軽量で耐久性に優れ、DJI Inspire 2 での空撮で高いパフォーマンスを引き出す。
 16mm レンズには、ND 4 フィルターが内蔵され、さまざまなシーンに合わせた撮影設定やディテー ルの追い込みを可能にする。また、24mm、35mm、50mm の各レンズには、メカニカルシャッター が搭載されている。

最適化されたポストプロダクションワークフロー

 今回、Zenmuse X7 に搭載された DJI シネマカラーシステム(DCCS)は、 映画や TV 番組、CM、ド キュメンタリーなど、あらゆる撮影現場で有用なツールとして活躍できる。DCCS は、新しい D-Log カーブと D-Gamut RGB カラースペースにより、ポストプロダクションのプロセスでの柔軟性と色空 間の向上に貢献している。D-Log は幅広いダイナミックレンジを再現し、また D-Gamut RGB カラ ースペースでより多くの色情報を保持する。これにより、厳しい要求を持つ映像制作においても、 正確な色を再現し円滑にポストプロダクション作業を進める事が可能となっている。
 新 EI モードは、映像制作者があらゆるシーンにおいて、できる限り多くの情報を捉えることができ るように、フィルムカメラのように動作する。さらにポストプロダクションプロセスにおける柔軟 性のために、ダイナミックレンジと異なる Log カーブで発生するノイズとのバランスを取る

 Zenmuse X7 の重量は、449 グラムで、DJI Inspire 2 に搭載した場合の最大飛行時間は約 23 分となっている。

価格と販売時期

Zenmuse X7 の価格は、349,800 円(税込)。
焦点距離 16mm、24mm および 35mm のレンズは 168,400 円(税込)。
50mm のレンズは 155,400 円(税込)。
4 つのレンズが全て入った Zenmuse X7 prime lens combo は、548,000 円(税込)。

Zenmuse X7 は、2017 年 11 月下旬より DJI 公式 オンラインストアおよび DJI 認定ストア、DJI プロダクト取扱店にて発売予定。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI ZENMUSE X7

関連する投稿


DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

ドローンをビジネスに活用検討しているお客様向けに、DJI販売代理店である株式会社セキドによる「ドローンのビジネス活用セミナー」を行います。また同時に、空撮映像をリアルタイムで目の前で確認できるエプソンのスマートグラスBT-300とドローンのデモンストレーションを体験いただきます


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJI は、安全性、セキュリティおよびプラ イバシー問題に対応することを目的に、既存技術を活用して、飛行中のドローンを識別、管理する 新技術「AEROSCOPE」を発表した。


第6回「DJIドローン飛行申請 サポート講習会 in 東京」10月30日開催

第6回「DJIドローン飛行申請 サポート講習会 in 東京」10月30日開催

本講習会では、実際の申請書類を用いて申請をどのような流れで行うのか、またどのような点に注意し申請書を作成すれば良いのかを説明する。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。