DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI はプロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネマカメラ「ZENMUSE X7」を発表した。


高画質、豊富な交換レンズ、新しいカラーシステムにより映像表現の自由を実現

  Zenmuse X7 はINSPIRE 2に搭載可能で、高画質かつ豊富な交換レンズとともにポ ストプロダクション用の新システム DJI シネマカラーシステムにより、プロの映像制作に新たな創造 性を与えるとしている。

 映画やテレビ制作に携わるプロフェッショナルの厳しい要求を満たすように、Zenmuse X7 はドロー ン搭載カメラとしては最高の解像度で撮影が可能。6K Wineman RAW または 5.2K Apple ProRes は最大 30fps で、3.9K CinemaDNG RAW または 2.7K Apple ProRes は最大 59.94fps で撮影でき、業界 標準のポストプロダクションのワークフローにシームレスに統合できる。

より自由になった表現範囲

Zenmuse X7 は、Super 35mm 映像センサーを搭載し、14 ストップのダイナミックレンジを実現し ているため、低照度条件下でも被写体の細部まで表現可能。映画のような浅い被写界深度を実現 しながら、ハイライトから暗部まで豊富な映像情報を低ノイズに保持することで自由度の高いグレー ディングが可能になった。

広がる映像のポテンシャル

Zenmuse X7 は、世界初の専用空撮マウントシステム DJI DL マウントを採用し、単焦点レンズに最 適化された超短のフランジバックを実現している。焦点距離 16mm、24mm、35mm、50mm の各レ ンズが使用でき、それぞれ開放 F 値は F/2.8 です。カーボンファイバー製のため、軽量で耐久性に優れ、DJI Inspire 2 での空撮で高いパフォーマンスを引き出す。
 16mm レンズには、ND 4 フィルターが内蔵され、さまざまなシーンに合わせた撮影設定やディテー ルの追い込みを可能にする。また、24mm、35mm、50mm の各レンズには、メカニカルシャッター が搭載されている。

最適化されたポストプロダクションワークフロー

 今回、Zenmuse X7 に搭載された DJI シネマカラーシステム(DCCS)は、 映画や TV 番組、CM、ド キュメンタリーなど、あらゆる撮影現場で有用なツールとして活躍できる。DCCS は、新しい D-Log カーブと D-Gamut RGB カラースペースにより、ポストプロダクションのプロセスでの柔軟性と色空 間の向上に貢献している。D-Log は幅広いダイナミックレンジを再現し、また D-Gamut RGB カラ ースペースでより多くの色情報を保持する。これにより、厳しい要求を持つ映像制作においても、 正確な色を再現し円滑にポストプロダクション作業を進める事が可能となっている。
 新 EI モードは、映像制作者があらゆるシーンにおいて、できる限り多くの情報を捉えることができ るように、フィルムカメラのように動作する。さらにポストプロダクションプロセスにおける柔軟 性のために、ダイナミックレンジと異なる Log カーブで発生するノイズとのバランスを取る

 Zenmuse X7 の重量は、449 グラムで、DJI Inspire 2 に搭載した場合の最大飛行時間は約 23 分となっている。

価格と販売時期

Zenmuse X7 の価格は、349,800 円(税込)。
焦点距離 16mm、24mm および 35mm のレンズは 168,400 円(税込)。
50mm のレンズは 155,400 円(税込)。
4 つのレンズが全て入った Zenmuse X7 prime lens combo は、548,000 円(税込)。

Zenmuse X7 は、2017 年 11 月下旬より DJI 公式 オンラインストアおよび DJI 認定ストア、DJI プロダクト取扱店にて発売予定。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI ZENMUSE X7

関連する投稿


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社は、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fundを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

無人航空機を飛行させるための地方航空局への申請について、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクターの弊社講師が、丁寧に解説いたします。


最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。