DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJI は、安全性、セキュリティおよびプラ イバシー問題に対応することを目的に、既存技術を活用して、飛行中のドローンを識別、管理する 新技術「AEROSCOPE」を発表した。


AeroScope がドローン操縦者の安全性、セキュリティ、プライバシー問題に対応

 DJI の渉外担当副プレジデントBrendan Schulman氏によると「ドローンが、ビジネスや趣味用途における日常的なツールとなり、各管理団体は、深刻な問題を 起こす可能性のある飛行方法や重要なエリアの近くを飛行するドローンを確認できることを望んでい ます。DJI AeroScope は、そのような需要を満たす、シンプルで、信頼性が高く、また、導入しやす いため、すぐにでも展開が可能です」と述べている。

 今回のDJIによると今回発表発表された「AeroScope」 は、ドローンと送信機間の通信リンクを利用して、機体の位置や高度、飛行速度、方向および 登録番号やシリアル番号などの識別情報を含む基本的なテレメトリー情報を送信する。これによってAeroScope レシーバーを使用することで、警察や治安当局、航空当局、およびその他の認定団体は、機体から送信された情報を管理、分析し、情報に基づいた行動が可能になる。AeroScope は、今年4 月より 2 ヵ所の国際空港ですでに導入され検証され、今後も様々な環境下で継続して検証および審査を行うとしている。

 DJI はベルギーのブリュッセルで、AeroScope レシーバーが、ドローンに電源が入った ことを即座に検知、登録番号を表示しながら、地図上に実際のドローンの位置を表示するデモンス トレーションを実施した。登録番号は、ドローンにおけるナンバープレートのような役割で、管理当局はその番号を基にドローンの登録所有者を特定することができる。
 AeroScope は、DJI の全てのドローン製品で使え、DJI 以外のドローンメーカーも、既存および今後発売されるドローンに同 様の方法で情報が伝送できるように容易に設定が可能でるという。 AeroScope は、ドローンの既存の通信リンク上で伝送するため、追加の費用や重量の増加、飛行時間の減少などが生じる追加機器の搭載は必要ない。

 またAeroScope は、インターネット上のデータ伝送ではなく、ドローンからの通信情報を直接レシーバーに配信するため、大多数の飛行は、政府等のデータベースにも自動記録されず、ドローンユーザーの個人もしくはビジネスにおけるプライバシーを保護する。
 このシステムは、懸念のあるドローンを特定したいという各管理団体からの要求と、管理されるこ となく飛行したいという操縦者の権利との間で合理的に両立させることを目指し、DJI のドロ ーンに対する規制への姿勢と一致している。
 ドローンの識別に関する各設定は、 各地域における規制が適用される前は、ユーザー自身が情報提供を選択でき、ユーザーのプライバシー 保護の観点から、AeroScope は、規制もしくは法案が適用されない限り、いかなる個人情報も自動的 に送受信することはないとしている。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI AeroScope

関連する投稿


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社は、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fundを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

無人航空機を飛行させるための地方航空局への申請について、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクターの弊社講師が、丁寧に解説いたします。


最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。