DPAが新たな操縦資格と整備・車検制度を2018年春より展開開始

DPAが新たな操縦資格と整備・車検制度を2018年春より展開開始

一般社団法人ドローン操縦士協会(東京都渋谷区:DPA)は、 ドローンを活用しビジネスができる人材の育成を目指し、 新たに「ドローン操縦士回転翼2級」、 「ドローン整備士2級」の2つの認定資格と「ドローン車検(安全整備検査)スタンダード」の制度を2018年春に創設すると発表した。


技術知識や規制変更など最新情報を習得し、ドローンパイロットの増加を目指す

<今回から創設される2つの認定資格と制度>

■「ドローン操縦士回転翼2級」
従来の操縦を主軸においた「ドローン操縦士回転翼3級」に比べ、 今後ドローンをビジネスで活用する際に重要な目視内での1.自動航行ソフトウェアの利用方法、 2.飛行計画全体を安全に管理するために必要なリスク管理・トラブル対策に重点を置いている。

■「ドローン整備士2級」
ドローンに共通の要素技術※3を理解しており、 ドローンを安全に航行できる状態に整備することができる技能を有する方を認定する資格。 認定講座では、 ドローンを構成するパーツや内部の構造を座学だけでなく、 作業も交えて学習し、 機体制御を行うソフトウェアの基本設定の学習も予定している。

■「ドローン車検(安全整備検査)スタンダード」
ドローンに共通の要素技術が正常に作動し、 安全に飛行することが出来る状態かを検査する項目を設定し、 いわば自動車の車検のように定期的検査を実施する制度。 検査の有効期間は2年を予定している。 「ドローン整備士2級」のカリキュラムに含まれ、 「ドローン整備士2級」取得者は、 「ドローン車検(安全整備検査)スタンダード」の規格に則り、 ドローンの定期的検査を実施することができる。

新たな資格や制度の導入を通じて、 「ドローンの安全性を担保する人材・制度」という新たなる価値づけを行っていく。 これらの認定資格・機体検査制度は、 2018年以降、 DPA認定校にて順次展開予定。

この記事のライター

関連する投稿


DPAがライセンス付帯型保険「DPAドローン総合保険制度」  2月1日から提供開始

DPAがライセンス付帯型保険「DPAドローン総合保険制度」 2月1日から提供開始

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA=ディーパ)は、 東京海上日動火災保険株式会社と連携、 認定ライセンスに自動付帯した保険プログラム「DPAドローン総合保険制度」を2月1日から提供を開始した。


慶大SFCで寄附講座「ドローン未来社会論」スタート DPA小林理事長ら登壇

慶大SFCで寄附講座「ドローン未来社会論」スタート DPA小林理事長ら登壇

 慶大は湘南藤沢キャンパス(神奈川県藤沢市)で一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)の寄附講座「ドローン未来社会論」を開始した。9月28日にガイダンスを兼ねた初回講義が開催された。今後、DPAの小林一郎理事長、投資家の上瀧良平氏らを中心に講義が進む。


広大な屋外飛行場を持つドローンスクールが北海道に誕生 「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」9月8日開校

広大な屋外飛行場を持つドローンスクールが北海道に誕生 「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」9月8日開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は国内最大級の東京ドーム約12個分の屋外飛行場を完備した「ドローンスクール北海道新冠校」を9月8に開校する。開校日にはデモフライトや操縦体験会を開催する。


ロボット・ドローンの子供向け教材開発でDPAとグローバルキャストが業務提携

ロボット・ドローンの子供向け教材開発でDPAとグローバルキャストが業務提携

一般社団法人ドローン操縦士協会( 所在地:東京都渋谷区 、略称: DPA=ディーパ)は、株式会社グローバルキャスト(本社:愛知県名古屋市)との業務提携を締結し、 ロボット・ドローンの知識普及および操縦技術向上に向けた共同研究を行うことを発表した。


一般社団法人ドローン操縦士協会が慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアムと「ドローン防災シンポジウム2017」 共催

一般社団法人ドローン操縦士協会が慶應義塾大学 ドローン社会共創コンソーシアムと「ドローン防災シンポジウム2017」 共催

ドローン操縦技術に関する資格認定事業を行う、一般社団法人ドローン操縦士協会( DPA)は、慶應義塾大学SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアムと防災・災害調査におけるドローンの利活用をテーマにしたシンポジウム「 ドローン防災シンポジウム2017」を7月21日(金)に開催 する。


最新の投稿


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。