加賀電子・スカイロボットが産業用ドローン・赤外線カメラ分野での資本業務提携を発表

加賀電子・スカイロボットが産業用ドローン・赤外線カメラ分野での資本業務提携を発表

加賀電子株式会社と株式会社スカイロボットは、資本業務提携を合意し、スカイロボットが提供する産業用ドローン・赤外線カメラ分野の販路拡大を共同で進め、急伸する同市場のニーズに対応してまいります。


■業務提携の概要

今後両社は各々の製品や開発能力を活かし、産業用ドローン・赤外線カメラ領域での開発・販売において幅広く検討し、同市場における国内シェア強化を目指します。

■資本提携の概要

本資本提携は、スカイロボット既存株主から加賀電子への普通株式の譲渡により実施されました。
今後もスカイロボットは『ロボット・ソリューションによる未来社会への貢献』をミッションとして豊富な経験と独自のスキルを活かし、人間にとっては過酷な環境で活躍するロボットを提供することで、社会への貢献を目指してまいります。

【各社の概要】

■加賀電子について
加賀電子は「すべてはお客様のために」を経営理念とし、エレクトロニクスの総合商社として、電子デバイスの企画・設計・開発、部品調達、生産、販売、サポートサービスを通じて、さまざまな局面で顧客にとって最適な解決策を提供しています。今期設立50期を迎える中、ベンチャー企業への投資活動を加速させ、新たなイノベーションを創出 し、グループの持続的成長を目指しております。
〈会社概要〉
社名 加賀電子株式会社( http://www.taxan.co.jp/
代表 代表取締役社長 門 良一
本社所在地 東京都千代田区神田松永町20番地
設立 1968年9月12日
資本金 121億33百万円

■スカイロボットについて
スカイロボットは、『ロボット・ソリューションによる未来社会への貢献』をミッションとするドローンベンチャー企業です。産業用ドローンのパイオニアとして、豊富な経験と独自のスキルを活かし、人間にとっては過酷な環境で活躍するロボットを提供することで、社会への貢献を目指しています。
近年急普及する産業用太陽光発電分野においては、より長期的な視点での設備保全を可能にしたロボット・ソリューションを提供しております。他にも、家屋調査、非破壊検査、探索、人命救助など、当社のドローンは様々な分野において活用することができます。当社はこれからも、ユニークで世の中に役立つソリューションの開発を推進していきます。

〈会社概要〉
社名 株式会社スカイロボット( http://www.skyrobot.co.jp
代表 代表取締役 貝應 大介(かいおう だいすけ)
本社所在地 東京都中央区銀座一丁目13 番 15 号 ダイワロヤル銀座ビル オフィスフロア 2F
設立 2014年9月9日
資本金 98百万円

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000025128.html

この記事のライター

関連するキーワード


加賀電子 スカイロボット

関連する投稿


「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

2017年10月11日から13日までの3日間。幕張メッセで「第4回国際次世代農業EXPO」が開催された。最先端のIT技術や農業用ドローンが数多く登場し、各社が最新のソリューションを紹介していた


「ドローンスクールジャパン埼玉春日部校」が10月11日(水)に開校

「ドローンスクールジャパン埼玉春日部校」が10月11日(水)に開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は全国21校目となるドローン専用の屋外飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン埼玉春日部校』を10月11日(水)に開校します。開校日の10月11日(水)には、開校式典を開催、デモフライトも予定しております。


スカイロボットが簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」10月2日から販売開始

スカイロボットが簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」10月2日から販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を10月2日から販売を開始すると発表した。


スカイロボット、赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策!「SKY ANIMALS」を10月1日から開始

スカイロボット、赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策!「SKY ANIMALS」を10月1日から開始

赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策! 「SKY ANIMALS」10月1日(日)開始 〜野生動物を探索・分析し、約230億の害獣被害に一手~


広大な屋外飛行場を持つドローンスクールが北海道に誕生 「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」9月8日開校

広大な屋外飛行場を持つドローンスクールが北海道に誕生 「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」9月8日開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は国内最大級の東京ドーム約12個分の屋外飛行場を完備した「ドローンスクール北海道新冠校」を9月8に開校する。開校日にはデモフライトや操縦体験会を開催する。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。