株式会社オプティムが農業ワールドで「OPTiM スマート農業ソリューション」を一挙に展示

株式会社オプティムが農業ワールドで「OPTiM スマート農業ソリューション」を一挙に展示

AIやIoTにビッグデータプラットフォームを提供する株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表者:菅谷俊二)は、AIなどを活用した「OPTiM スマート農業ソリューション」を幕張メッセにて開催されている「第4回国際次世代農業EXPO」で展示した。


“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を目指す「OPTiM スマート農業ソリューション」

 「OPTiM スマート農業ソリューション」は、圃場情報管理サービスの「Agri Field Manager」と、ハウス情報管理サービスの「Agri House Manager」に、ロボティクスサービスの「OPTiM Hawk」「OPTiM Agri Drone」「OPTiM Crawler」、そして農作業記録・GAP取得支援サービスの「Agri Assistant」、さらにOPTiMスマート農業で栽培された野菜「スマートやさい」、最後にブロックチェーンを活用したトレーサビリティプラットフォーム「アグリブロックチェーン」の6つの要素で構成されている。そのサービス構成は図のようになっている。「第4回国際次世代農業EXPO」の会場では、それぞれのサービスを紹介したパネルの展示や、ドローンにジオラマなどでサービスの詳細や連携の様子が紹介されていた。

OPTiM スマート農業ソリューション

試作中のマルチスペクトルカメラ搭載アダプタも展示

 株式会社オプティムの展示コーナーには、開発中のマルチコプターや固定翼ドローンに加えて、マルチスペクトルカメラを取り付けたDJIのPhantom 4も展示されていた。同社のインダストリー事業本部の井ノ上仁史氏によれば「このアダプターは開発中のもので、当社のドローン以外にも、Phantom 4をお使いのお客様が、手軽にマルチスペクトルカメラを使えるように、試行錯誤を繰り返しています」と話す。写真のモデルは試作品で、今後も改良を重ねて飛行のバランスや機体のセンサーなどの干渉を避けるように、設計していく計画。

試作モデルを手にする株式会社オプティムのインダストリー事業本部の井ノ上仁史氏

この記事のライター

最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。