株式会社オプティムが農業ワールドで「OPTiM スマート農業ソリューション」を一挙に展示

株式会社オプティムが農業ワールドで「OPTiM スマート農業ソリューション」を一挙に展示

AIやIoTにビッグデータプラットフォームを提供する株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表者:菅谷俊二)は、AIなどを活用した「OPTiM スマート農業ソリューション」を幕張メッセにて開催されている「第4回国際次世代農業EXPO」で展示した。


“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を目指す「OPTiM スマート農業ソリューション」

 「OPTiM スマート農業ソリューション」は、圃場情報管理サービスの「Agri Field Manager」と、ハウス情報管理サービスの「Agri House Manager」に、ロボティクスサービスの「OPTiM Hawk」「OPTiM Agri Drone」「OPTiM Crawler」、そして農作業記録・GAP取得支援サービスの「Agri Assistant」、さらにOPTiMスマート農業で栽培された野菜「スマートやさい」、最後にブロックチェーンを活用したトレーサビリティプラットフォーム「アグリブロックチェーン」の6つの要素で構成されている。そのサービス構成は図のようになっている。「第4回国際次世代農業EXPO」の会場では、それぞれのサービスを紹介したパネルの展示や、ドローンにジオラマなどでサービスの詳細や連携の様子が紹介されていた。

OPTiM スマート農業ソリューション

試作中のマルチスペクトルカメラ搭載アダプタも展示

 株式会社オプティムの展示コーナーには、開発中のマルチコプターや固定翼ドローンに加えて、マルチスペクトルカメラを取り付けたDJIのPhantom 4も展示されていた。同社のインダストリー事業本部の井ノ上仁史氏によれば「このアダプターは開発中のもので、当社のドローン以外にも、Phantom 4をお使いのお客様が、手軽にマルチスペクトルカメラを使えるように、試行錯誤を繰り返しています」と話す。写真のモデルは試作品で、今後も改良を重ねて飛行のバランスや機体のセンサーなどの干渉を避けるように、設計していく計画。

試作モデルを手にする株式会社オプティムのインダストリー事業本部の井ノ上仁史氏

この記事のライター

最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。