セキドとテラドローンが「Terra Mapper」を活用したドローン測量 無料セミナー in 横浜を 11/6開催

セキドとテラドローンが「Terra Mapper」を活用したドローン測量 無料セミナー in 横浜を 11/6開催

株式会社 セキド(東京都国立市)はテラドローン株式会社と共同で、 土木測量業界でドローンでの測量運用を検討されている方を対象とした、 三次元化ソフト「Terra Mapper」による地形データの活用デモンストレーションならびに、 ドローン測量セミナーを11月6日に開催する。


ドローン測量に特化した画像処理・解析ソフト「Terra Mapper」を活用したセミナー

ドローン測量に特化した画像処理・解析ソフト「Terra Mapper」を活用したドローン測量セミナー in 横浜
https://www.sekido-rc.com/?mode=f58

●開催日時:2017年11月6日(月)受付:9:00~/ セミナー:9:30~12:40
●参加費用:無料
●募集定員:100名
●対象者:土木測量業界でドローンでの測量運用を検討している人
●会場:横浜市金沢産業振興センター(大会議室/グラウンド/体育館)
●所在地:神奈川県横浜市金沢区福浦1-5-2
※産業振興センターの施設側ではイベントに関するお問合せは受け付けていない。

スケジュール

9:00~9:30 受付
9:30~10:10 ドローン測量の概要(GSPRO)【セキド/講義】
10:10~10:50 自動航行デモンストレーション【グラウンド(雨天時は体育館)】
10:50~12:20 Terra Mapperデモンストレーション【テラドローン/講義】
※Terra Mapper(デモ版)インストール済みのパソコンが必要です。
12:20~12:40 質疑応答
12:40 解散

※プログラムは事前通知なく変更となる場合がある。
詳細は下記募集ページを参照のこと。

【ドローン測量に特化した画像処理・解析ソフト「Terra Mapper」とは】
 Terra Mapperとは、 ドローンで取得した写真データの三次元化を行い、 地形データを得ることができるソフト。 さらに、 得られた地形データを使って、 地形の断面計算や土量比較などを行うことが可能となっている。
 他国で開発された他の三次元化ソフトと違い、 Terra Mapperは国内企業によるソフトのため、 日本人のニーズにあった機能や表現が実装されている。 初めてドローン測量を行う方でも安心して使用できる三次元化ソフト。

この記事のライター

関連する投稿


セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

ドローンをビジネスに活用検討しているお客様向けに、DJI販売代理店である株式会社セキドによる「ドローンのビジネス活用セミナー」を行います。また同時に、空撮映像をリアルタイムで目の前で確認できるエプソンのスマートグラスBT-300とドローンのデモンストレーションを体験いただきます


テラドローンが県営名古屋空港内において、無人航空機(ドローン)を活用した実証実験

テラドローンが県営名古屋空港内において、無人航空機(ドローン)を活用した実証実験

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)、名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)、 中日本航空株式会社(愛知県西春日井郡豊山町)、 株式会社コハタ(北海道旭川市)の4社は、 共同でドローンによる滑走路や施設点検の実用化に向けた実証実験を9月1日に行った。


ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


<産経女子特区・その2>可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

<産経女子特区・その2>可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

産経女子特区では、産経新聞東京本社に所属する女性記者が中心となり、さまざまなテーマを追いかける。今回は女性記者が最新ドローンを体験ルポした。


テラドローンがドローン専用画像処理ソフト「Terra Mapper」の販売を開始

テラドローンがドローン専用画像処理ソフト「Terra Mapper」の販売を開始

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹/以下、テラドローン)は、2017年 8 月、ドローン専用の画像処理ソフト“Terra Mapper”(テラ マッパー) の販売を開始すると発表した。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。