ニューヨーク州政府がドローン産業の発展に3,000万ドルの投資を約束

ニューヨーク州政府がドローン産業の発展に3,000万ドルの投資を約束

ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事は、ニューヨーク州の中央地域に位置するセントラル・ニューヨークで、50マイルのドローン専用空路と新たな試験施設の開発に、3,000万ドルを投資すると9月28日、発表した。


ドローン産業に投資を加速するニューヨーク州

ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事

 ニューヨーク州のブルーム郡やマディソン郡にモンゴメリー郡などが位置するセントラルニューヨーク地域は、農場や観光地として発展してきた。その一方で、セントラル・ニューヨークとモホーク渓谷には、ロッキード・マーティンやハリス・コーポレーションにAIS、サーブ、SRC、グリフォン・センサーなど、多くの製造業や研究開発拠点がある。またこの地域は、UA(Unmanned Aerial Systems)産業も盛んで、テストおよび認証施設のNUSTAR(National UAS Standard Testing and Rating)施設の本拠地もある。
 ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事は、このセントラル・ニューヨークのドローン産業をさらに発展させるために、世界初となる50マイルのドローン専用空路を開設し、NUSTARとのパートナーシップを正式化すると発表した。Cuomo知事は「この画期的なパートナーシップと、国内で最も高度な無人機のテストに3,000万ドルを投資し、セントラル・ニューヨークとモホーク渓谷で、最先端のイノベーションを確立していきます」と話し「この最先端の技術に投資することで、我々は、先進国の経済を成長させ、将来の業種において良質で質の高い雇用を創出するための道筋を作ります」とも語った。

この記事のライター

最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。