【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

「第一回 北海道ドローン選手権」に参加した6チームは、大きく二つに分かれる画像処理を用いた。オフラインでの解析とオンラインでのリアルタイム処理。今回は、各チームのドローンや開発環境を解説する。


3D Robotics Soloを飛ばす北海道大学大学院情報科学研究科 情報数理工学複合情報工学講座 自律系工学研究室& サイバートラスト株式会社

参加チームと利用したドローン

DJI INSPIRE 1を飛ばす北海道情報大学

 参加チームは、市販のドローンを利用して競技会場の空撮を行った。各チームの参加者と利用したドローンの機種は、以下のようになる。

旭川工業高等専門学校
ドローン:Parrot BEBOP 2
以後直樹、板坂優人、鎌田悠司、石黒雄基

函館工業高等専門学校
ドローン:Parrot AR.DRONE 2.0
鈴木学、宮地駿

北海道情報大学
ドローン:DJI INSPIRE 1
鈴木健太

北海道大学ロボティクス・ダイナミクス研究室
ドローン:Parrot BEBOP 2
上野貴希、佐久間優、山口正光ピヨトル、李宝祥、朱承儒、山口貴大

北海道大学大学院情報科学研究科 情報数理工学複合情報工学講座 自律系工学研究室& サイバートラスト株式会社
ドローン:3D Robotics Solo
賀川祐太朗、田上利博

北見工業大学
ドローン:DJI Phantom 3 Standard
鈴木育夫、堀江健太

(敬称略)

 ドローンの飛行方法に関しては、手動と半自動と自動などから選択が可能となっていたが、今回は屋内ということもあり、全チームが「手動」での操作となった。

DJI Phantom 3 Standardを飛ばす北見工業大学

解析方法は大きく2種類

Parrot BEBOP 2を飛ばす北海道大学ロボティクス・ダイナミクス研究室

 ドローンで空撮した画像から、段ボールの中にサッカーボールがあるかないかを判断するための画像解析の方法は、大きく2つの技術に分類された。一つは、空撮時の画像データをドローンに装填したMicroSDなどのメモリカードに記録し、着陸後にそのデータをPCで読み取って画像解析を行う方法。もう一つは、ドローンのカメラの映像をリアルタイムで取得し、PCに直接転送して飛行と同時に画像を解析する。それぞれの方法の違いは、各チームで次のように分かれた。

オフライン処理
北海道情報大学 DJI INSPIRE 1
北海道大学大学院情報科学研究科 情報数理工学複合情報工学講座 自律系工学研究室& サイバートラスト株式会社 3D Robotics Solo
北見工業大学 DJI Phantom 3 Standard

オンライン処理
旭川工業高等専門学校 Parrot BEBOP 2
函館工業高等専門学校 Parrot AR.DRONE 2.0
北海道大学ロボティクス・ダイナミクス研究室 Parrot BEBOP 2


Parrot BEBOP 2を飛ばす旭川工業高等専門学校

 2つの分類を比べてみると明確だが、オンライン処理に挑戦したチームは、すべてParrot社のドローンを採用している。ただし、函館工業高等専門学校のParrot AR.DRONE 2.0に関しては、機体下部にKodakSP360という360°カメラを取り付け、WiFiを通して画像をスマートフォンに送信している。実際の計測においては、スマートフォン用の専用アプリではリアルタイム処理が困難なため、仮想Webカメラを通して画像をキャプチャして、PythonとOpenCVを使った画像処理でサッカーボールを検出している。函館工業高等専門学校の他にも、OpenCVというオープンソースのコンピュータビジョン向けライブラリを利用して画像解析を行ったチームは多い。同じライブラリを利用していても、各チームごとに画像処理のアルゴリズムに違いがあり、利用するフィルターやエッジなどの検出方法の差が、最終的には成績に現れた。次回は、優勝したチームと勝因、そして利用した計数処理を紹介する。(つづく)

Parrot AR.DRONE 2.0を飛ばす函館工業高等専門学校

この記事のライター

関連する投稿


DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

ドローンをビジネスに活用検討しているお客様向けに、DJI販売代理店である株式会社セキドによる「ドローンのビジネス活用セミナー」を行います。また同時に、空撮映像をリアルタイムで目の前で確認できるエプソンのスマートグラスBT-300とドローンのデモンストレーションを体験いただきます


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI はプロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネマカメラ「ZENMUSE X7」を発表した。


DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJI は、安全性、セキュリティおよびプラ イバシー問題に対応することを目的に、既存技術を活用して、飛行中のドローンを識別、管理する 新技術「AEROSCOPE」を発表した。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。