日本の農業リモセンをリードする「DJアグリサービス2018」が始動

日本の農業リモセンをリードする「DJアグリサービス2018」が始動

農業の「見える化」にドローンを活用したリモートセンシング(リモセン)サービスを提供するドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、来年に向けて「DJアグリサービス2018」を発表した。


「DJアグリサービス2018」を発表したドローン・ジャパン株式会社と関係者

約4,000ヘクタールをリモートセンシングした評価と課題

 ドローン・ジャパン株式会社は、2017年に国内で約4,000ヘクタールの露地圃場をドローンでリモートセンシングしてきた。その実績と評価について、代表取締役社長の勝俣喜一朗氏は「今年度のリモートセンシングによる分析では、収穫適期の判断や生育状態の把握に発芽個所の特定など、多くの評価を生産者の方々からいただきました」と報告し「一方で、より簡易なドローンセンシングや、圃場の状態を『即』把握できる分析など、新たな要望や期待も寄せられました」と次年度に向けた課題に触れる。こうした課題を解決するために、同社では「DJアグリサービス2018」として、新たに3つのサービスを発表した。それは、オリジナルドローンの製品化と、Quick(クイック)な画像変換に、データのアップロードとクラウド解析サービスの提供になる。

ドローン・ジャパン株式会社 代表取締役社長の勝俣喜一朗氏 手前は開発中のDJアグリドローン

エンルートラボ製ドローンをDJアグリドローンとして販売

DJアグリドローンの説明をする取締役会長の春原久徳氏

 同社の取締役会長の春原久徳氏は、開発中の「DJアグリドローン」を紹介した。同ドローンは「エンルートラボに開発と生産を委託しているドローンで、ローエンドモデルとハイエンドモデルを販売する計画です」と説明する。ローエンドモデルは、3D RoboticsのSoloと同等の価格で、一回の充電で20分の飛行を予定している。ハイエンドモデルの価格は未定だが、40分の長時間飛行を計画している。「Soloを利用したリモートセンシングでは、コントローラーにタブレットやPCなど、複数のデバイスを持ち歩いて使い分けなければならない煩雑さが課題でした。DJアグリドローンでは、生産者の方々でも簡単に運用できるようにシンプルな操作を実現します」と春原氏は話す。

動画ファイルを手早く画像に変換する"Quick"見回りサービスと"Quick"なクラウド連携を実現するサービス

株式会社ダブルシャーププラスの松田徹代表取締役社長

 続いて、ドローンで撮影した画像を短時間に手早く確認したい、という要望に応えるために開発された"Quick"見回りサービスが紹介された。開発元の株式会社ダブルシャーププラスの松田徹代表取締役社長が登壇し、同サービスは「ドローンで撮影したMPEG4などの動画をソフトで読み込むだけで、GPSや飛行データなどがなくても、短時間で簡単に画像を作成し、圃場などの状態をその場で確認できます」と説明した。
 また、エクストリームデザイン株式会社の提供する"Quick"アップロードサービスと"Quick"比較サービスは、スーパーコンピュータ級の解析機能をクラウドで提供するサービス。通信回線の遅い環境でも、高速に画像転送できるアップロードサービスと、高速クラウド解析によって「時系列に圃場を比較して変化を図示化したり、他の圃場の比較も可能です」と代表取締役の柴田直樹氏は特長を語る。
 ドローン・ジャパン株式会社では、この「DJアグリサービス2018」を150,000円の初期登録費と、1ヘクタールあたり1回5,000円からの価格で提供し、年末までパートナーの募集を行う。パートナーの目標に関しては「来年は、今年の10倍の約40,000ヘクタールのリモートセンシングを計画しています。その数字に見合うパートナーを国内外から広く募っていきます」と春原氏は話す。

エクストリームデザイン株式会社の柴田直樹代表取締役

来年は果樹への対応と地上のセンシングにも取り組む

 各種サービスの提供に加えて、新たな実証実験に取り組む計画も発表された。勝俣氏は「来年は果樹のリモートセンシングや地上ドローンを使った実験も推進する計画です」と語る。果樹のリモートセンシングでは、東京大学の郭威特任助教授が中心となって、果樹の生育状況を分析するアルゴリズムを開発していく。また地上からのセンシングでは、東京大学の海津裕准教授が開発する自動走行ドローンを使って、地上から農作物の生長状況をモニターする。
 発表会の最後には、昨年から取り組んでいるドローン米Projectの最新情報も紹介され、2017年度は7名の篤農家がドローン米を生産していると報告された。会場には、北海道旭川市の市川農場の市川範之氏と、三重県津市の辻農園の辻武史氏が登壇し、ドローンを活用した農業リモートセンシングにより、生産性が向上したり、圃場の「見える化」による効果などを評価した。

東京大学の郭威特任助教授

東京大学の海津裕准教授

市川農場の市川範之氏

辻農園の辻武史氏

この記事のライター

関連する投稿


ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンを活用した農業で日本の土づくりを世界に発信するドローンジャパン(東京都千代田区)が、2017年度に推進する「ドローン米」プロジェクトを知るため、ドローンジャパンの春原久徳会長と勝俣喜一朗社長が稲作と畑作の生育調査を行うドローンによるリモートセンシングの現場に同行した。


「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

11月11日、ドローンに関するコンサルティングや精密農業を展開するドローン・ジャパンは、軽井沢の風越公園アイスパーク会議室で、「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表を行った。また同社は、APTJ(ArduPilotTeamJapan)の設立も発表した。(田中亘)


最新の投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。