日本の農業リモセンをリードする「DJアグリサービス2018」が始動

日本の農業リモセンをリードする「DJアグリサービス2018」が始動

農業の「見える化」にドローンを活用したリモートセンシング(リモセン)サービスを提供するドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、来年に向けて「DJアグリサービス2018」を発表した。


「DJアグリサービス2018」を発表したドローン・ジャパン株式会社と関係者

約4,000ヘクタールをリモートセンシングした評価と課題

 ドローン・ジャパン株式会社は、2017年に国内で約4,000ヘクタールの露地圃場をドローンでリモートセンシングしてきた。その実績と評価について、代表取締役社長の勝俣喜一朗氏は「今年度のリモートセンシングによる分析では、収穫適期の判断や生育状態の把握に発芽個所の特定など、多くの評価を生産者の方々からいただきました」と報告し「一方で、より簡易なドローンセンシングや、圃場の状態を『即』把握できる分析など、新たな要望や期待も寄せられました」と次年度に向けた課題に触れる。こうした課題を解決するために、同社では「DJアグリサービス2018」として、新たに3つのサービスを発表した。それは、オリジナルドローンの製品化と、Quick(クイック)な画像変換に、データのアップロードとクラウド解析サービスの提供になる。

ドローン・ジャパン株式会社 代表取締役社長の勝俣喜一朗氏 手前は開発中のDJアグリドローン

エンルートラボ製ドローンをDJアグリドローンとして販売

DJアグリドローンの説明をする取締役会長の春原久徳氏

 同社の取締役会長の春原久徳氏は、開発中の「DJアグリドローン」を紹介した。同ドローンは「エンルートラボに開発と生産を委託しているドローンで、ローエンドモデルとハイエンドモデルを販売する計画です」と説明する。ローエンドモデルは、3D RoboticsのSoloと同等の価格で、一回の充電で20分の飛行を予定している。ハイエンドモデルの価格は未定だが、40分の長時間飛行を計画している。「Soloを利用したリモートセンシングでは、コントローラーにタブレットやPCなど、複数のデバイスを持ち歩いて使い分けなければならない煩雑さが課題でした。DJアグリドローンでは、生産者の方々でも簡単に運用できるようにシンプルな操作を実現します」と春原氏は話す。

動画ファイルを手早く画像に変換する"Quick"見回りサービスと"Quick"なクラウド連携を実現するサービス

株式会社ダブルシャーププラスの松田徹代表取締役社長

 続いて、ドローンで撮影した画像を短時間に手早く確認したい、という要望に応えるために開発された"Quick"見回りサービスが紹介された。開発元の株式会社ダブルシャーププラスの松田徹代表取締役社長が登壇し、同サービスは「ドローンで撮影したMPEG4などの動画をソフトで読み込むだけで、GPSや飛行データなどがなくても、短時間で簡単に画像を作成し、圃場などの状態をその場で確認できます」と説明した。
 また、エクストリームデザイン株式会社の提供する"Quick"アップロードサービスと"Quick"比較サービスは、スーパーコンピュータ級の解析機能をクラウドで提供するサービス。通信回線の遅い環境でも、高速に画像転送できるアップロードサービスと、高速クラウド解析によって「時系列に圃場を比較して変化を図示化したり、他の圃場の比較も可能です」と代表取締役の柴田直樹氏は特長を語る。
 ドローン・ジャパン株式会社では、この「DJアグリサービス2018」を150,000円の初期登録費と、1ヘクタールあたり1回5,000円からの価格で提供し、年末までパートナーの募集を行う。パートナーの目標に関しては「来年は、今年の10倍の約40,000ヘクタールのリモートセンシングを計画しています。その数字に見合うパートナーを国内外から広く募っていきます」と春原氏は話す。

この記事のライター

関連する投稿


ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンを活用した農業で日本の土づくりを世界に発信するドローンジャパン(東京都千代田区)が、2017年度に推進する「ドローン米」プロジェクトを知るため、ドローンジャパンの春原久徳会長と勝俣喜一朗社長が稲作と畑作の生育調査を行うドローンによるリモートセンシングの現場に同行した。


「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表

11月11日、ドローンに関するコンサルティングや精密農業を展開するドローン・ジャパンは、軽井沢の風越公園アイスパーク会議室で、「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾第1期生」の成果発表を行った。また同社は、APTJ(ArduPilotTeamJapan)の設立も発表した。(田中亘)


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。