【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

 平成29年度田村市総防災訓練が10月1日、同市常葉(ときわ)地区で開催され、同市の防災訓練として初めてドローンが導入された。慶大の指導を受けた同市消防団や、福島県立船引高校の生徒が参加し、市民から「すごいね」「たのもしい」の声があがるなど、存在感を示した。


自衛隊、高齢者団体も参加 ドクターヘリ、重機も動員!

 訓練当日は快晴で風が強くなく、ドローンのフライトにふさわしい天気だった。ただし、訓練の設定は違う。台風接近に伴い強い雨が断続的に続く中、午前6時10分に福島県沖を震源地とする地震が発生し、田村市で震度6を観測したという想定だ。
 訓練では、地震が発生したと想定する時刻直後の午前6時15分には災害対策本部のメンバーに非常招集がかかり、市長、副市長ら幹部が災害対策本部を設置した。午前8時には田村市常葉地区に現地本部が設置された。田村市は常葉町、船町引、滝根町、大越町、都路村が平成17年に合併した市で、同市の防災訓練は旧町村の各地区が持ち回りで会場となっている。今回は常葉地区の担当だ。
 訓練には、田村市、市民のほか、田村市消防団、陸上自衛隊、航空自衛隊、地元小中学校、高齢者施設、女性会などが幅広く参加し、防災ヘリ、ドクターヘリ、重機も動員した。慶大、船引高校も参加機関に名を連ねた。
 船引高校の生徒たちは、9月9日に同市総合運動公園で行われた音楽野外フェスOne + Nation music circusでも空撮、来場者向け体験会を実施しており、今回はそれに続いての大がかりな活躍の場となった。

慶大と〝ドローン連携協定〟を締結している田村市の機体

消防団、倒壊家屋の下で救助を待つ人をドローンで発見

 この日の訓練で最初にドローンが活躍したのは、常葉小学校での倒壊家屋建物救出訓練。校庭におかれた傾いた倒壊家屋かげで救出を待つ救難者を、ドローンを飛ばして見つける段取りだ。ここでは慶大に指導を受けた同士の消防団がドローンを操作し、その様子はモニターに投影した。市長、副市長が見守る中、ドローンのカメラは家屋の下で手を振って助けを求める救難者を映し出し、発見された救難者は、救急車で搬送された。
 ドローンを操作した消防団員は「指示を受けた通りにできたと思います。滞りなくできてほっとしています」と笑顔を見せた。

消防団の訓練。倒壊家屋からの救難の模様を空からドローンで撮影。状況の把握ができることを確認した

倒壊家屋の下で手を振って救出を待つ人をドローンで見つけ出した消防団のみなさん。右は指導した慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長

船引高校生、はしご車、タンク車などの活動を空から中継

 船引高校の生徒は、常葉小学校から200メートルほど離れた常葉行政局で待機。ここでは田村市消防署指揮車、タンク車、はしご車、救助工作車などの訓練が大がかりに行われ、訓練が始まると、生徒達がドローンで訓練の様子を撮影を開始した。会場には大型のモニターが準備されていて、ドローンで撮影した映像はモニターに映し出された。多くの市民がモニターをのぞきこみ、上空からの訓練の様子に見入った。
 会場では「ドローンを飛ばしているのは、船引高校の生徒です」と紹介するアナウンスも流れ、モニターをのぞき込んでいた市民の1人は、ドローンを指さしながら「高校生が操縦していると聞きました。いま、すごいね~って話していたんですよ。ほんとにたいしたものです。たのもしいです」と目を細めていた。
 消防団や船引高校を指導してきた慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長も、河川の氾濫防止活動や、文化財の放水活動のさいにドローンを飛ばした。
 市の関係者は、「高校生にはドローンの操縦を安心してまかせられました。これからが楽しみ。将来は市の活性化を背負ってもらえたらうれしい」と話していた。

高校生が国交省認証取得 音楽フェスで活躍
https://www.dronetimes.jp/articles/1902

高校生が撮影した映像をモニターで眺める市民

船引高校の生徒達は、航空自衛隊の隣に整列。訓練での存在感は自衛隊に見劣りしなかった

船引高校の生徒達が、ドローンをフライトさせる前に打ち合わせ

はしご車の活動の様子をドローンで記録

消防団や高校生の指導をしてきた慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南事務局長もフライト。水難者の救助の様子や文化財火災を想定した放水活動などを空撮した

訓練終了後に船引高校の生徒も堂々と整列

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

 ドローンによる活性化に取り組む福島県田村市で6月30日、高校生向けのドローン特別講座が福島県立船引高校で開かれた。この日は田村市の校長、広島県神石高原町の入江嘉則町長講座ら多くの来訪者が視察した。


【慶大×田村市】船引高校での特別講座第3期開始 「まずは4つの言葉を覚えよう」

【慶大×田村市】船引高校での特別講座第3期開始 「まずは4つの言葉を覚えよう」

 慶大と包括連携協定を締結した福島県田村市で、市内の福島県立船引高校を対象にしたドローン特別講座第3期が6月15日に始まった。未経験の生徒に経験者、卒業生らも加わった。ドローンコンソーシアムたむらの関係者も見守る中、指導を務める慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は「まずこの言葉を覚えよう」と切り出した。


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点に活動しているドローン研究の「ドロゼミ」メンバーが、人口集中地区での空撮依頼に対応することを想定し、いわゆる包括申請をするなど、実践的な取り組む。身に着けた知識、技量を社会で生かす力も育み、即戦力となるための準備に入った。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。