ヤンマーとコニカミノルタが農業リモートセンシング事業で合弁会社「ファームアイ」を設立

ヤンマーとコニカミノルタが農業リモートセンシング事業で合弁会社「ファームアイ」を設立

ヤンマー株式会社とコニカミノルタ株式会社は、農業リモートセンシングのサービス事業会社として、新たに合弁会社ファームアイ株式会社を10月1日に設立したと発表した。


 合弁会社ファームアイは、農業における圃場のセンシングおよび画像解析サービス、農作物の生育状況の診断および処方改善提案を行う農業コンサルティング事業を展開していく。農作物の生育状況を、ドローンを活用した撮影・分析でデータ化することにより、農業現場での作業効率化、省力化を支援する。
 この事業において、ヤンマーの「農業機械と豊富な営農支援メニュー」とコニカミノルタの「センシングと画像処理技術」といった両社の強みを生かし、農家の経験知、ノウハウ継承の支援を行う。
 当初は日本の稲作農業向けの事業から開始し、他の作物やアジア地域を中心とした海外へと事業範囲を拡大、2023年度には100億円規模の売上を目指す。

背景と経緯

 日本では農業就業人口が2005年から2015年の10年間に40%も減少*1している。さらに農家の高齢化が進み、経験知、ノウハウの継承が大きな課題になっている。そこでヤンマーとコニカミノルタは、平成26年度農林水産省「農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」に採択されたプロジェクト「ISSA山形」に参画し、稲作における「大幅な農作業の省力化・効率化」「勘と経験の科学的アプローチによる継承」の課題解決のために2014年より共同研究を開始した。
 3年間にわたる実証実験において、一反*2あたりの平均収益が、普及米:14.5%増、高品質米:33%増という結果となり、本事業による農家の収益向上への貢献性を確認することができた*3。
 ヤンマーとコニカミノルタは、本実証実験を通じて、両社の保有する技術とノウハウを活用することで農業現場の課題解決に大きく貢献できることを確信し、本サービスの事業化を加速するために、この度合弁会社の設立となった。

ヤンマーとコニカミノルタの技術

 ヤンマーは、農業機械の提供による農業現場との接点を通じて、多種多様な営農支援の技術やノウハウを蓄積してきた。コニカミノルタの葉緑素計SPADシリーズは、過去25年にわたり農作物の生育状況の把握や追肥量管理に、世界中で幅広く使用されてきた。
 コニカミノルタが葉緑素計を通じて磨いてきたセンシング技術に、特殊カメラでの撮影画像処理技術を組み合わせて、圃場全体の葉色測定に加え、今まで把握できなかった「地力*4」と「植物の窒素吸収量(稲の育ち具合)」の算出に成功した。この数値を基に、ヤンマーの技術を活かして、地力のばらつきに応じた基肥量設計や稲の育成のばらつきに応じた追肥量設計を実施。今回の実証実験では、データに基づいて肥料の量を自動制御する無人ヘリによる空中からの可変施肥を世界で初めて*5実現した。
 その他にも堆肥散布や土壌医による土質改善など、農家のニーズにあった農業コンサルティング、ソリューションを提供することが可能になるとしている。

*1 農林業センサス、農業構造動態調査 (農林水産省統計部)。「農業就業人口」とは、15歳以上の農家世帯員のうち、調査期日前1年間に農業のみに従事した者又は農業と兼業の双方に従事したが、農業の従事日数の方が多い者をいう。
*2 1反=10a=約1000m2
*3 数値は実証実験における結果の一例、コニカミノルタ調べ
*4 土地の肥沃度
*5 2017年9月末現在、ヤンマー調べ

会社概要

■社名
ファームアイ株式会社
■本社所在地
大阪市北区鶴野町1番9号 梅田ゲートタワー
■資本金
2.5億円(出資比率:ヤンマー:51%、コニカミノルタ:49%)
■代表者
吉田 博
■従業員数
7名
■設立日
2017年10月1日
■事業内容
センシングによる画像取得、および画像解析
農業コンサルティング事業(植生の生育状況の診断及び処方改善提案)
■ウェブサイト
www.farmeye.co.jpNew Window

ドローンによるセンシングの様子

ドローンに搭載された分析カメラ

圃場のマッピングで生育状況のばらつきを見える化

リモートセンシングによる生育状況のデータを基に様々な営農メニューを提案

可変施肥による窒素吸収量の均一化

情報提供元:コニカミノルタ株式会社
https://www.konicaminolta.jp/about/release/2017/0929_01_01.html

この記事のライター

関連するキーワード


コニカミノルタ ヤンマー

最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。