ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


ミニドローンから競技用ドローンまで豊富に揃ったホビー用ドローン

来場者から注目の京商の体感型のシミュレーター。

 今年のホビーショーの会場には、展示ブースのあちらこちらで、ドローンをデモフライトするためのケージが設置されていた。その多くは、200g未満のミニドローンが中心で、仏Parrot社はホビーショーに合わせて新製品を発表していた。また、各ブースで展開されていたデモフライトの中でも、ひときわ多くの来場者の注目を集めていたのが、セキドによるDJI製品の飛行だった。小型のSparkから空撮用ドローンのInspire 2に大型ドローンのAGRAS MG-1 まで、数多くのドローンを大型ケージの中で飛ばし、その迫力と安定した飛行の様子を紹介していた。その他に、京商ではFPV機能を備えた新型モデルを紹介するために、特設のレースコースを設営し、体感型のシミュレーターも展示していた。
 一方、小型で軽量のトイドローンを展示しているホビーメーカーの多くは、飛行の容易さや安定したホバリング性能などをアピールしていた。さらに、産業用ドローンで有名なプロドローンでは、競技用ヘリコプターのF3Cモデル「PDH-02C」を展示していた。「PDH-02C」は、カーボン素材と接着技術などを組み合わせて、従来に比べ軽量かつ剛性を高めたボディに特長があり、日本選手団長を務める国井伸也(同社開発部長)監修により、特別に開発された競技専用モデルになる。同社では、競技用モデルの開発で得られたノウハウを産業用ドローンにも応用していく考えで、今後はフライトコントローラーなども独自に開発していく計画だという。
 今年で57回目となるホビーショーは、国内の玩具やホビーメーカーを中心に、模型やラジコンに鉄道模型などが数多く紹介されてきた。今年も各社が最新のミニチュアモデルやプラモデルにラジコンなどを展示していたが、京商などの老舗ホビーメーカーもFPVドローンを中心に紹介するなど、ホビーとしてのドローンの存在を強く感じられる展示会となっていた。

会場では性能の向上が著しい200g以下のトイドローンが数多く展示された。

プロドローンはシグルローターの競技用ヘリコプターのF3Cモデル「PDH-02C」を展示。

この記事のライター

関連する投稿


KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI株式会社 (東京都千代田区) は、産業用ドローンを開発・製造する株式会社プロドローン (愛知県名古屋市) と追加出資に関する資本提携、業務提携契約を締結した。これによりプロドローンは、KDDIの持分法適用関連会社となった。


セキドがドローン測量に必要な知識を学べる DJI GS PRO セミナー 〜測量フライト基礎〜東京を皮切りに5大都市で開催

セキドがドローン測量に必要な知識を学べる DJI GS PRO セミナー 〜測量フライト基礎〜東京を皮切りに5大都市で開催

DJI社 正規代理店である、株式会社 セキド(東京都国立市)は、測量フライト基礎DJI GS PRO セミナーを東京を皮切りに5大都市で開催する。


セキドが一般社団法人農林水産航空協会認定 の「農業ドローン講習 in 新潟五泉」【技術認定証取得】講習開催

セキドが一般社団法人農林水産航空協会認定 の「農業ドローン講習 in 新潟五泉」【技術認定証取得】講習開催

セキド農業ドローン講習は、座学講習・講習内で10時間の訓練飛行を行い、試験を経て、AGRAS MG-1 の取扱い(導入)に必要なオペレーター免許(技術認定証)を取得する為のプログラムです。


セキド「ドローン技能認証」DJI CAMP ~DJI スペシャリスト 育成プログラム~ in 横浜 2018年間スケジュール

セキド「ドローン技能認証」DJI CAMP ~DJI スペシャリスト 育成プログラム~ in 横浜 2018年間スケジュール

DJI社 正規代理店である、株式会社 セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は、DJIドローン技能認証 DJI CAMP の2018年度年間スケジュールを発表しました!


セキドが最新ドローン「DJI MAVIC AIR」 新商品説明会を緊急開催

セキドが最新ドローン「DJI MAVIC AIR」 新商品説明会を緊急開催

DJI社正規代理店の株式会社 セキド(東京都国立市)は、 セキド × DJI Japan 共催で無料DJI新商品説明会を開催する。イベント参加者には特典としてDJIグッズをプレゼントされる。


最新の投稿


機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。