ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


ミニドローンから競技用ドローンまで豊富に揃ったホビー用ドローン

来場者から注目の京商の体感型のシミュレーター。

 今年のホビーショーの会場には、展示ブースのあちらこちらで、ドローンをデモフライトするためのケージが設置されていた。その多くは、200g未満のミニドローンが中心で、仏Parrot社はホビーショーに合わせて新製品を発表していた。また、各ブースで展開されていたデモフライトの中でも、ひときわ多くの来場者の注目を集めていたのが、セキドによるDJI製品の飛行だった。小型のSparkから空撮用ドローンのInspire 2に大型ドローンのAGRAS MG-1 まで、数多くのドローンを大型ケージの中で飛ばし、その迫力と安定した飛行の様子を紹介していた。その他に、京商ではFPV機能を備えた新型モデルを紹介するために、特設のレースコースを設営し、体感型のシミュレーターも展示していた。
 一方、小型で軽量のトイドローンを展示しているホビーメーカーの多くは、飛行の容易さや安定したホバリング性能などをアピールしていた。さらに、産業用ドローンで有名なプロドローンでは、競技用ヘリコプターのF3Cモデル「PDH-02C」を展示していた。「PDH-02C」は、カーボン素材と接着技術などを組み合わせて、従来に比べ軽量かつ剛性を高めたボディに特長があり、日本選手団長を務める国井伸也(同社開発部長)監修により、特別に開発された競技専用モデルになる。同社では、競技用モデルの開発で得られたノウハウを産業用ドローンにも応用していく考えで、今後はフライトコントローラーなども独自に開発していく計画だという。
 今年で57回目となるホビーショーは、国内の玩具やホビーメーカーを中心に、模型やラジコンに鉄道模型などが数多く紹介されてきた。今年も各社が最新のミニチュアモデルやプラモデルにラジコンなどを展示していたが、京商などの老舗ホビーメーカーもFPVドローンを中心に紹介するなど、ホビーとしてのドローンの存在を強く感じられる展示会となっていた。

会場では性能の向上が著しい200g以下のトイドローンが数多く展示された。

プロドローンはシグルローターの競技用ヘリコプターのF3Cモデル「PDH-02C」を展示。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】プロドローンが救命ドローン「SUKUU(スクー)」開発に意欲

【Japan Drone 2019】プロドローンが救命ドローン「SUKUU(スクー)」開発に意欲

プロドローンは発想を変え、救助を求める要救助者自体を乗せてしまうドローンを開発している。ジャパンドローン2019で、その対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」の実機が展示された。


【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

KDDIはプロドローンと共同の展示スペースに、先ごろ発表したスマートドローンの機体とソリューションを展示した。プロドローンでは、開発中の最新モデルも公開した。


セキド、横浜ベイサイドエリアで最新のDJIドローン「Mavic 2」の無料フライト体験会 3月1日、11日に開催

セキド、横浜ベイサイドエリアで最新のDJIドローン「Mavic 2」の無料フライト体験会 3月1日、11日に開催

株式会社 セキドは、 3月1日と3月11日に、 神奈川県横浜市金沢区にて、 初めてドローンの購入を検討される方や、 最新ドローンへの買い替えを検討する方に向けた無料フライト体験会「DJI NEW PILOT EXPERIENCE in 横浜」を開催する。


セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

株式会社セキドは、 株式会社商船三井、 株式会社MOLマリンと、 MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、 水中ドローンを用いて点検する実証実験を実施した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。