ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


ミニドローンから競技用ドローンまで豊富に揃ったホビー用ドローン

来場者から注目の京商の体感型のシミュレーター。

 今年のホビーショーの会場には、展示ブースのあちらこちらで、ドローンをデモフライトするためのケージが設置されていた。その多くは、200g未満のミニドローンが中心で、仏Parrot社はホビーショーに合わせて新製品を発表していた。また、各ブースで展開されていたデモフライトの中でも、ひときわ多くの来場者の注目を集めていたのが、セキドによるDJI製品の飛行だった。小型のSparkから空撮用ドローンのInspire 2に大型ドローンのAGRAS MG-1 まで、数多くのドローンを大型ケージの中で飛ばし、その迫力と安定した飛行の様子を紹介していた。その他に、京商ではFPV機能を備えた新型モデルを紹介するために、特設のレースコースを設営し、体感型のシミュレーターも展示していた。
 一方、小型で軽量のトイドローンを展示しているホビーメーカーの多くは、飛行の容易さや安定したホバリング性能などをアピールしていた。さらに、産業用ドローンで有名なプロドローンでは、競技用ヘリコプターのF3Cモデル「PDH-02C」を展示していた。「PDH-02C」は、カーボン素材と接着技術などを組み合わせて、従来に比べ軽量かつ剛性を高めたボディに特長があり、日本選手団長を務める国井伸也(同社開発部長)監修により、特別に開発された競技専用モデルになる。同社では、競技用モデルの開発で得られたノウハウを産業用ドローンにも応用していく考えで、今後はフライトコントローラーなども独自に開発していく計画だという。
 今年で57回目となるホビーショーは、国内の玩具やホビーメーカーを中心に、模型やラジコンに鉄道模型などが数多く紹介されてきた。今年も各社が最新のミニチュアモデルやプラモデルにラジコンなどを展示していたが、京商などの老舗ホビーメーカーもFPVドローンを中心に紹介するなど、ホビーとしてのドローンの存在を強く感じられる展示会となっていた。

会場では性能の向上が著しい200g以下のトイドローンが数多く展示された。

プロドローンはシグルローターの競技用ヘリコプターのF3Cモデル「PDH-02C」を展示。

この記事のライター

関連する投稿


NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOは、富士通、日本電気、イクシスリサーチ、エンルート、プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施した。


セキドが産業用ドローンのTVCM放映開始

セキドが産業用ドローンのTVCM放映開始

DJI社の正規代理店である、株式会社 セキド(東京都国立市)は、SEKIDO×DJIで産業用ドローンのCMをTVとソーシャルメディアで放映開始する。


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

プロドローンがEY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン「チャレンジング・スピリット部門」で大賞受賞

株式会社プロドローンの代表取締役社長・河野雅一は、11月28日に開催された「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」(以下、EOY JAPAN)において、チャレンジング・スピリット部門の大賞を受賞した。


最新の投稿


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン株式会社は、民生用ドローンの製造や販売を行うDJI株式会社とと正規代理店契約を締結し、 Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、 Web上からの購入や相談にも対応する。また損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携し、テラドローンオリジナルの特典で動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。


“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

日本国内に定住先の無い日本非定住者“PT(パーマネントトラベラー)”として、世界の絶景空撮映像を撮影する“ドローン空撮職人@さわ” さんの動画「世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜」。HPはhttp://verdehalago.com/prof。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。