Parrotが最新ドローンを発表【全日本模型ホビーショー】

Parrotが最新ドローンを発表【全日本模型ホビーショー】

第57回全日本模型ホビーショーで、仏Parrot社がミニドローンのManboとBEBOPの最新モデルを発表、展示した。ホビーショーは9月30日〜10月1日、東京ビッグサイトで開催。


製品バリエーションを増やしFPVにも対応したParrot Mamboシリーズ

 新たに発表されたParrot Mamboシリーズは、従来のモデルに加えてエントリーモデルとFPVモデルが追加された。エントリーモデルとなるParrot Mambo Flyでは、本体とUSBケーブルだけのシンプルな構成になり、メーカー希望小売価格が13,800円(税別)と、購入しやすい価格になった。従来からある球を打ち出すCannonや物をつかむGrabberなどが付属したセットは、新たにParrot Mambo Missionとなり、Parrot Flypadという高精度なコントローラーも付属して、19,800円(税別)になる。そして、新たに追加されたモデルが、FPV(飛行者視界)カメラとグラスがセットになったParrot Mambo FPV。価格は21,800円(税別)で、720pの録画とスマートフォンに画像を転送してFPVグラスで楽しめる。Parrot Mambo FPVのセットには、専用コントローラーのParrot Flypadも付属しているので、屋内や風の弱い屋外でも、FPV飛行が楽しめる。今回のParrotシリーズは、すべてのモデルが200g未満なので、特別な申請などしないで屋内外で楽しめる。FPVモデルをラインナップしたことにより、さらに魅力的なミニドローンとなっている。

新しくなったParrot Mamboシリーズ。手前からParrot Mambo FPV、Parrot Mambo Mission、Parrot Mambo Fly。

Parrot Cockpitglasses 2とセットとなったParrot Mambo FPV。

飛行時間が長くなり撮影モードが充実したParrot bebop 2 power

 空撮用ドローンとして世界的に著名なParrot bebopの最新モデルとなるbebop 2 powerは、バッテリー性能と撮影モードを強化し、FPVグラスのParrot cockpitglasses 2もセットになった。まずバッテリーは、30分の飛行を実現している。キットには2本のバッテリーが標準で用意されているので、1時間の空撮が楽しめるようになった。また新たに搭載された空撮モードは、被写体を自動的に追従するFollow meに、空飛ぶセルフィーを実現するMagic Dronesに、周回撮影のOrbit、放物線を描くParabola、徐々に遠ざかるBoomerang、その場で旋回するPanorama 360°が搭載された。そして、コンパクトにたたんで持ち運べるParrot Cockpitglasses 2は、96°の広い視野角で、4インチから6インチまでのiPhoneやAndroid系のスマートフォンに対応する。さらにParrot Skycontroller 2という専用コントローラもセットになっている。本体にコントローラーとゴーグルまでがセットになって、メーカー希望小売価格は74,800円(税別)となっている。従来のBebopに比べて、コストパフォーマンスが大幅に向上している。

 ホビーショーの会場では、Parrot Mamboのデモフライトや、Bobop 2 Powerの実機を目にできる。

Parrot bebopの最新モデルとなるbebop 2 power。

左はParrot cockpitglasses 2。

この記事のライター

関連するキーワード


Parrot Mambo FPV Bebop 2 power

関連する投稿


Parrot、ズーム付き4K HDRカメラを搭載した「ANAFI」が登場

Parrot、ズーム付き4K HDRカメラを搭載した「ANAFI」が登場

Parrot(フランス)は、新型ドローンANAFIを発表した。4K HDRカメラを搭載し、180度のチルト機構と2.8倍のズーム機能を備えている。コンパクトに折りたたんで運べる設計で、AIによる自動飛行モードも備え25分の飛行を可能にする。(田中亘)


飛ぶ、見る、挑む、楽しさを満喫できるミニドローンのParrot mambo FPV

飛ぶ、見る、挑む、楽しさを満喫できるミニドローンのParrot mambo FPV

仏Parrot社の最新ミニドローンParrot mambo FPVは、機体の上部に専用のカメラを取り付けるだけで、手軽にFPV(飛行者視線)映像を楽しめる。重量も200g未満なので、屋内だけではなく屋外でも手軽に飛ばせるミニドローン。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

制限時間10分で、15個の段ボール箱の中に隠されたサッカーボールをドローンとICTを駆使してどれだけ正確に発見できるか。「第一回 北海道ドローン選手権」の優勝チームは、ICTに適したドローンの性能を顕著に示す結果となった。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

「第一回 北海道ドローン選手権」に参加した6チームは、大きく二つに分かれる画像処理を用いた。オフラインでの解析とオンラインでのリアルタイム処理。今回は、各チームのドローンや開発環境を解説する。


ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。