Parrotが最新ドローンを発表【全日本模型ホビーショー】

Parrotが最新ドローンを発表【全日本模型ホビーショー】

第57回全日本模型ホビーショーで、仏Parrot社がミニドローンのManboとBEBOPの最新モデルを発表、展示した。ホビーショーは9月30日〜10月1日、東京ビッグサイトで開催。


製品バリエーションを増やしFPVにも対応したParrot Mamboシリーズ

 新たに発表されたParrot Mamboシリーズは、従来のモデルに加えてエントリーモデルとFPVモデルが追加された。エントリーモデルとなるParrot Mambo Flyでは、本体とUSBケーブルだけのシンプルな構成になり、メーカー希望小売価格が13,800円(税別)と、購入しやすい価格になった。従来からある球を打ち出すCannonや物をつかむGrabberなどが付属したセットは、新たにParrot Mambo Missionとなり、Parrot Flypadという高精度なコントローラーも付属して、19,800円(税別)になる。そして、新たに追加されたモデルが、FPV(飛行者視界)カメラとグラスがセットになったParrot Mambo FPV。価格は21,800円(税別)で、720pの録画とスマートフォンに画像を転送してFPVグラスで楽しめる。Parrot Mambo FPVのセットには、専用コントローラーのParrot Flypadも付属しているので、屋内や風の弱い屋外でも、FPV飛行が楽しめる。今回のParrotシリーズは、すべてのモデルが200g未満なので、特別な申請などしないで屋内外で楽しめる。FPVモデルをラインナップしたことにより、さらに魅力的なミニドローンとなっている。

新しくなったParrot Mamboシリーズ。手前からParrot Mambo FPV、Parrot Mambo Mission、Parrot Mambo Fly。

Parrot Cockpitglasses 2とセットとなったParrot Mambo FPV。

飛行時間が長くなり撮影モードが充実したParrot bebop 2 power

 空撮用ドローンとして世界的に著名なParrot bebopの最新モデルとなるbebop 2 powerは、バッテリー性能と撮影モードを強化し、FPVグラスのParrot cockpitglasses 2もセットになった。まずバッテリーは、30分の飛行を実現している。キットには2本のバッテリーが標準で用意されているので、1時間の空撮が楽しめるようになった。また新たに搭載された空撮モードは、被写体を自動的に追従するFollow meに、空飛ぶセルフィーを実現するMagic Dronesに、周回撮影のOrbit、放物線を描くParabola、徐々に遠ざかるBoomerang、その場で旋回するPanorama 360°が搭載された。そして、コンパクトにたたんで持ち運べるParrot Cockpitglasses 2は、96°の広い視野角で、4インチから6インチまでのiPhoneやAndroid系のスマートフォンに対応する。さらにParrot Skycontroller 2という専用コントローラもセットになっている。本体にコントローラーとゴーグルまでがセットになって、メーカー希望小売価格は74,800円(税別)となっている。従来のBebopに比べて、コストパフォーマンスが大幅に向上している。

 ホビーショーの会場では、Parrot Mamboのデモフライトや、Bobop 2 Powerの実機を目にできる。

Parrot bebopの最新モデルとなるbebop 2 power。

左はParrot cockpitglasses 2。

この記事のライター

関連するキーワード


Parrot Mambo FPV Bebop 2 power

関連する投稿


飛ぶ、見る、挑む、楽しさを満喫できるミニドローンのParrot mambo FPV

飛ぶ、見る、挑む、楽しさを満喫できるミニドローンのParrot mambo FPV

仏Parrot社の最新ミニドローンParrot mambo FPVは、機体の上部に専用のカメラを取り付けるだけで、手軽にFPV(飛行者視線)映像を楽しめる。重量も200g未満なので、屋内だけではなく屋外でも手軽に飛ばせるミニドローン。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

制限時間10分で、15個の段ボール箱の中に隠されたサッカーボールをドローンとICTを駆使してどれだけ正確に発見できるか。「第一回 北海道ドローン選手権」の優勝チームは、ICTに適したドローンの性能を顕著に示す結果となった。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

「第一回 北海道ドローン選手権」に参加した6チームは、大きく二つに分かれる画像処理を用いた。オフラインでの解析とオンラインでのリアルタイム処理。今回は、各チームのドローンや開発環境を解説する。


ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


トイドローン(Mambo) × プログラミング 体験会(初級編)9月16日大阪

トイドローン(Mambo) × プログラミング 体験会(初級編)9月16日大阪

みんなで考え、意見を出し合い、協力してドローンをプログラミング飛行させましょう!


最新の投稿


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン株式会社は、民生用ドローンの製造や販売を行うDJI株式会社とと正規代理店契約を締結し、 Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、 Web上からの購入や相談にも対応する。また損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携し、テラドローンオリジナルの特典で動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。


“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

日本国内に定住先の無い日本非定住者“PT(パーマネントトラベラー)”として、世界の絶景空撮映像を撮影する“ドローン空撮職人@さわ” さんの動画「世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜」。HPはhttp://verdehalago.com/prof。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。