中国JD X社が「ドローン+ローバー」のスマート物流をNVIDIAのAIで開発中

中国JD X社が「ドローン+ローバー」のスマート物流をNVIDIAのAIで開発中

中国で開催されたNVIDIA社のGTC(GPU Technology Conference) Chinaで、eコマース大手のJD.comのイノベーション研究所である JD X社が、ドローンとローバーを組み合わせたスマート物流システムの開発に、NVIDIA社のAIを採用すると発表した。


北京市、四川省、陝西省、江蘇省などが協力して配送ドローンなどを開発

20kgのペイロードがあるJDrone H1

 スマート物流システムの開発に取り組んでいるJD X社は、中国のeコマース大手のJD.comの研究部門。JD X社は、中国の北京市、四川省、陝西省、江蘇省などの協力を得て、ドローンによる配送や農業に捜索救助活動に使用する試験的なイニシアティブを開始すると発表した。JD X社は、これまでに7種類のドローンを製品化している。その中で、JDrone H1は、2060 x 2060 x 700mmのサイズに6つのプロペラを備え、20kgのペイロードがあり、最大54km/hで飛行できる。JD X社はこのH1ドローンと開発中のJDroverという配送ロボットを組み合わせて、スマート物流を実現する計画。JDroverは、どんな狭い道でも通れるローバー型ロボットで、NVIDIA社のJetsonを搭載し、顔や歩行者や信号に標識などを識別して、混雑している街中でも走行できるようにする計画。JD X の JDrover チームの責任者Yuqian Li 氏は「複雑な屋外での状況認識を実施するには、卓越したディープラーニング機能や視覚処理機能を備えた小型のプラットフォームが必要です。当社のすべてのロジスティクス・配送イニシアティブに Jetson を採用したのは、高性能であるだけでなく、消費電力が低く、安価なためでもあります」と話す。今後の研究開発で、より多くのデータが蓄積され、アルゴリズムが最適化されれば、中国国内の、より複雑な場所にも JDrover を展開できるのではないかと JD X では期待している。また今後5年間で、100万台を超えるドローンの販売も見込んでいる。

NVIDIA社のJetsonを搭載するJD X の JDrover

この記事のライター

関連するキーワード


NVIDIA AI JD X JDrone JDrover

関連する投稿


ヘビーデューティーな産業用自律式AIドローン「Sparrow」

ヘビーデューティーな産業用自律式AIドローン「Sparrow」

イスラエルの「Percepto社」(2013年設立)の「Sparrow(雀)」は、産業用のAIドローンである(「Percepto Autonomous Drones」)。


オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

オプティムが世界初となるドローンによるピンポイント農薬散布テクノロジーに成功

AIやIoTにドローンを駆使してスマート農業に取り組む株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅谷 俊二、以下「オプティム」)は、大豆の生育管理でドローンによるピンポイントの農薬散布に成功したと発表した。


コマツとNVIDIAがドローンの活用も含めた建設現場におけるAIの導入で協業

コマツとNVIDIAがドローンの活用も含めた建設現場におけるAIの導入で協業

大手建設・鉱山機器メーカーの株式会社小松製作所(本社:東京都港区、代表取締役社長(兼)CEO:大橋徹二、以下:コマツ)は、建設現場の安全と生産性を高めていくために、ドローンの活用も含めて建設機器へのAI導入を目的にNVIDIAとの協業を発表した。


産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 産業用ドローン向けクラウドサービス「AEROBO Cloud」(エアロボクラウド)に、AI(人工知能)を用いて自動的に傷や劣化などを検出し、ドローン空撮画像を用いた点検作業のサポートを行う機能の提供を開始した。


マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検ソリューション

マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検ソリューション

日本マイクロソフトは都内で開催された開発者やCIO向けのイベントで、ノルウェーに本社があるeSmartSystems(イースマートシステム)が、マイクロソフトのクラウドとAIを活用したインフラ点検のソリューションを開発していると紹介した。


最新の投稿


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。


ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

ライフセーバードローンがオーストラリアで2名の少年を救助

オーストラリアで水難救助用ドローンを運用しているLittle Ripper Life SAVERは、ニューサウスウェールズ州レノックスヘッドの沖合約700メートルで漂流している2人の10代の遊泳者を救助した。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。