ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米の初回購入の特典として、「農業リモートセンシング勉強会」が9月26日、大手町の産経新聞社で開催された。最先端で技術と農家をつなげているドローンジャパン社代表取締役会長の春原久徳氏が、農業リモートセンシングの最新情報や成果などを紹介した。


当サイトで販売しているドローン米の購入者を対象に開かれた「リモートセンシング勉強会」では、リモートセンシングの第一人者であるドローンジャパン社代表取締役会長の春原久徳氏が日本の農業を熱く語った=9月26日、東京・大手町の産経新聞社

ドローンによる農業リモートセンシングの実践

 春原久徳氏が代表取締役会長を務めるドローンジャパン社は、ドローン関連のコンサルティングやドローンエンジニアの養成塾、そして【ドローン米】のための農業リモートセンシングを事業として推進している。今年の4月から9月にかけては、マルチコプター型ドローンと固定翼ドローンを使い、北海道や千葉に岡山など全国各地の圃場や畑のリモートセンシングを実践してきた。その取り組みは、2016年から続いているもので、昨年の400ヘクタールに対して、今年は4000ヘクタールの延べ面積にある田畑をセンシングしてきたという。国内では、圧倒的な数の農業リモートセンシングを実践してきた春原氏は「ドローンを使ったリモートセンシングは、ノウハウの塊です。利用するドローンの飛行性能と搭載するカメラの精度に合わせて、どの高度で飛ばすのがベストか、センシングしたデータをどのように活用するのか、そうした運用を確立していくためには、どれだけ多くの飛行を実践したかが重要です。農業リモートセンシングは、実践した者でなければ分からない知見やデータが膨大に蓄積されていきます」と取り組みの成果を語る。
 一方で課題もある。それは「利用するドローンによっては、機体制御用のプロポに自動飛行のためのタブレット、そして収集してデータを利用するためのPCなど、多くのデバイスを持ち歩かなければなりません。こうした煩雑なデバイスの取り扱いを簡素化し、誰でも簡単に農業リモートセンシングができるようなソリューションを提供することも、ドローンジャパンとして取り組むべき課題だと捉えています」と話す。

来年は40000ヘクタールの農業リモートセンシングに挑む

 勉強会には、岡山で棚田を育てている参加者も駆けつけ、熱心に春原氏の講演を聞いていた。講演後の質疑応答では、Phantom 4などの簡易な空撮ドローンでも、農業リモートセンシングは可能か、といった質問が寄せられた。それに対して春原氏は「マルチスペクトルカメラやサーマルカメラのような高性能なセンサーデバイスと比較すると、空撮用の簡易なカメラでは正確な圃場のセンシングは無理です。しかし、稲の生育状況の確認や水の流れなどを確認するだけであれば、Phantom 4でも役に立つと思います」と答えていた。さらに「来年は今年の10倍にあたる40000ヘクタールの述べ面積の農業リモートセンシングを実現する計画です。これだけのデータを収集していくことで、さらに解析の精度を上げていけます。将来的には、40万ヘクタールも目指します」と春原氏は展望を語った。

今年、北海道旭川市の市川農場で行ったリモートセンシングの画像を使って解説する春原氏

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

一般社団法人セキュアドローン協議会は、ジャパンドローン2018のオープンステージで、会長の春原久徳氏が「ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは」と題する講演を行った。


米国でDJI Phantom 4用の農業リモートセンシング向けジンバルが登場

米国でDJI Phantom 4用の農業リモートセンシング向けジンバルが登場

2018年2月22日。米国ミネアポリスのSentera社は、DJI Pahntom 4シリーズに取り付けられる小型のジンバルSentera Micro Gimbalを発表した。同ジンバルを取り付けたドローンは、精密農業のリモートセンシングが可能になる。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンを活用した先進農業に取り組むドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、2018年度の栽培に向けた“応援チーム”を結成する目的で、ドローン米2018 キックオフイベントを都内で開催した。


トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

ドローン・コンサルティング事業を手がける株式会社トルビズオン(福岡市中央区)は、福岡市内で、開発者向けの「ドローンソフトウェア開発概要講座」を2月13日に開催する。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。