【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】ドローンの防災ソリューションに注目する理経

【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】ドローンの防災ソリューションに注目する理経

株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:猪坂哲)は、システムから部品、防災、防衛まで、さまざまな分野の製品を取り扱っているIT商社。同社の防災情報システム部では、有線ドローンを活用した移動型の火の見やぐらを提案するなど、新たな防災ソリューションを研究している。


防災ソリューションの一環としてドローンにも注目

 世界中にある最先端な素材、製品、ソリューションをいち早く見つけ出し、市場のニーズに合わせた「一歩先のソリューション」を提供している株式会社理経。同社は、IoT、AI、AR、VR、スマートエネルギー、新素材、サイバーセキュリティといったビジネスを積極的に展開し、防災情報システム部ではドローンを活用したソリューションを研究している。同社の事業統括本部 副本部長で、防災情報システム部長と企画戦略室長を務める古田耕児取締役は、その取り組みについて「当社は10年くらい前から、防災ソリューションに力を入れています。Jアラートの受信機や防災Wi-Fiステーションなどを消防庁や地方自治体や放送局などに提供しています」と話す。そして「消防庁からのヒアリングで、ドローンを利用した被災地の状況を把握する課題の中に『飛行時間』があると知りました。そこで、有線ドローンならば有効ではないかと考えて、消防庁が募集した『消防防災科学技術研究推進制度』に応募したところ、採択されたのです」とドローンとの関わりについて触れる。
 採択された「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」は、8月29日に前橋市消防署で第一回の実証実験が行われた。

前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

ドローン関連のビジネスを研究するためにコンテストに協賛し参加も推進

有線給電ドローンと
株式会社 理経 古田耕児取締役(右)
コンテストに参加する防災情報システム部 技術グループ 羽鳥竣亮氏

 CSAJドローン・プログラミング・コンテストに協賛した理由について、古田氏は「当社のドローンに関する取り組みは、コンシューマ向けではなく、産業用のB2Bが基本です。産業用ドローンのソリューション開発においては、プログラムによる自動飛行は重要になります。そこで、今回は協賛という形で応援するだけではなく、新人をコンテストに参加させることにしました。若いプログラマにとっては、よい経験になると思います」と話す。


会社名 株式会社理経
代表取締役社長 猪坂哲
所在地 〒163-0535 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル

この記事のライター

関連する投稿


第1回CSAJドローンプログラミングコンテストを開催(1) 工夫を凝らした3チームが挑戦

第1回CSAJドローンプログラミングコンテストを開催(1) 工夫を凝らした3チームが挑戦

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(東京都港区、会長:萩原紀男、以下:CSAJ)は、ドローンのソフトウェア技術の向上を目的に、第1回ドローンプログラミングコンテストを神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で3月31日、開催した。(田中亘)


フォーラムエイト、「ドローン・プログラミング・コンテスト」にプラチナスポンサー協賛

フォーラムエイト、「ドローン・プログラミング・コンテスト」にプラチナスポンサー協賛

株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南 )は、 3月31日に開催されるドローン・プログラミング・コンテスト(主催: CSAJ 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)に、 プラチナスポンサーとして協賛する。


CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(所在地:東京都港区、会長:萩原紀男、以下CSAJ)は、国内初となるCSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日を決定した。ドローンタイムズでは、メディア協賛として同コンテストのスポンサー企業を取材し、日本のドローン産業への展望や期待を聞いていく。


【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】先進技術やIoTサービスへの展開をドローンの自律飛行に期待

【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】先進技術やIoTサービスへの展開をドローンの自律飛行に期待

東京システムハウス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:林 知之)は、システムサービスやビジネスイノベーションを提供する独立系IT企業。同社のIoTサービス事業部では、ドローンの新たな可能性を求めて、コンテストへの協賛を決めた。


【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】RFIDやi-農業とドローンの連携を目指す大和コンピュータ

【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】RFIDやi-農業とドローンの連携を目指す大和コンピュータ

ソフトウェア開発に加えて、農作物の生産や加工に販売などを事業内容に掲げる株式会社大和コンピュータ(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長:中村 憲司)。同社は、RFIDソリューション部が中心となって、ドローンを活用したICタグの読み取りなどを研究している。


最新の投稿


セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

株式会社セキドは、 株式会社商船三井、 株式会社MOLマリンと、 MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、 水中ドローンを用いて点検する実証実験を実施した。


ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」開催 4月25日、品川

「運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)」は、ドローン物流、アマゾン、Uberを運輸事業者の視点で見極める「TDBCフォーラム2019」を4月25日、品川で開催する。JUIDAの鈴木真二理事長の基調講演も。


エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

エアロネクスト、重心制御技術を搭載次世代ドローン「Next」シリーズを量産化に向け、小橋工業と業務提携へ

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)は、同社の重心制御技術「4D Gravity(R)」を 搭載する次世代ドローン「Next」シリーズの量産化を目的に、農業機械製造の小橋工業株式会社(岡山市 南区)と業務提携へ。


次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

次世代型リアルタイム高精度写真測量技術「KLAU PPPシステム」 電子基準点からの補正情報不要

GIS(地理情報システム)におけるソリューションおよび関連製品の販売事業を展開する株式会社GeoLink Japan〔:京都市北区:ジオリンク〕は、この度、UAV(無人航空機)写真測量のための次世代型リアルタイム測位技術「KLAU PPPシステム」を発表した。


米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

米国AeroVironment社が次世代VTOLドローンのQuantix DroneとAV DSSを発表

-米国カリフォルニア州。防衛および商用ドローンを開発するAeroVironment社(NASDAQ:AVAV)社は、次世代のQuantixおよびAV Decision Support System(AV DSS)を2月12日に発表した。