【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】自動航行の未来を垣間見るためにドローンスクールの経営者が協賛を決断

【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】自動航行の未来を垣間見るためにドローンスクールの経営者が協賛を決断

「安全で安心なドローン空撮」を理念に掲げる一般社団法人日本ドローン空撮協会。代表理事を務める星山民枝氏は、日本ドローンビジネスコンサルタント株式会社というコンサルタント会社の代表も務める。


ドローンとIoTの関係を学ぶ目的でコンテストに協賛

 2015年6月に設立し、2017年8月に国土交通省の「無人航空機等の操縦者に対する技能認証を実施する講習団体」に認定された一般社団法人日本ドローン空撮協会は、CSAJの会員企業ではない。それでもCSAJドローン・プログラミング・コンテストに協賛した理由について、代表理事の星山民枝氏は「IoT関係に詳しい知人から、今回のコンテストの情報を教えてもらいました。当協会はCSAJの会員ではなかったのですが、いずれはドローンが自動で飛行するようになると考えていたので、興味と向学心から協賛をお願いしました」と話す。
 同協会は、ドローンの空撮などを安全かつ健全に遂行するプロフェッショナルを育成する団体。ドローンによる静止画の空撮に関する技能を習得できる2級検定講座と、動画の撮影までを学べる1級検定講座、検定講座を開催できるマスター講師養成講座という3つの講座を開講している。同協会を設立する以前は、建設業界のコンサルタントをしていたという星山氏は「2015年の4月に首相官邸でドローンが墜落した直後から、コンサルタント先の建設業界から、ドローンを正しく飛ばすための検定や制度がなくて困っている、という話を受けました。どうしたらいいのか調べているうちに、協会や団体がないのならば作ればいいという結論に至り、2015年6月に当協会を設立しました」と振り返る。

代表理事の星山民枝氏

コンテストを通して新しい人との出会いや発見に期待

 日本ドローンビジネスコンサルタント株式会社の代表としてドローンに関連するコンサルティングも行っている星山氏。以前は、建設業界を中心に事業を展開していたが、ドローンスクールの設立に伴って、ドローンのビジネス利用に関する相談を受ける機会が増えてきたことから、ドローンを入れた会社を設立したという。主な相談の内容は「自社でドローンを買うべきかどうか、といった基本的なものから、どんな業務で使えるのか、現場でこんなことで困っているけれどもドローンで解決できるのか、といった具体的な内容まで多岐にわたります」と星山氏。そうした相談に対して、ドローンの利用目的や頻度などを考えて、外注にするべきか、社内で人材を育成するべきか、などのアドバイスを与えている。最近では「近くにドローンのスクールがないので、うちで講座を開講したい」といった相談も増えているという。そうした相談の中から「岩手の建設会社では、社をあげてドローンスクールを立ち上げ、2017年8月より開校しています」と星山氏はビジネスの展開について話す。そして「今回のCSAJドローン・プログラミング・コンテストへの協賛でも、きっと多くの人や企業とのご縁があると思います。コンサルタントとしての好奇心から、どんな人が参加するのか、会場にも行きたいですし、見たいですし、知りたいのです」と意欲を語る。

社 名 一般社団法人 日本ドローン空撮協会
所在地 福岡県鞍手郡鞍手町新延2509
http://www.drone-kuusatu.com/

この記事のライター

関連する投稿


フォーラムエイト、「ドローン・プログラミング・コンテスト」にプラチナスポンサー協賛

フォーラムエイト、「ドローン・プログラミング・コンテスト」にプラチナスポンサー協賛

株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南 )は、 3月31日に開催されるドローン・プログラミング・コンテスト(主催: CSAJ 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)に、 プラチナスポンサーとして協賛する。


CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(所在地:東京都港区、会長:萩原紀男、以下CSAJ)は、国内初となるCSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日を決定した。ドローンタイムズでは、メディア協賛として同コンテストのスポンサー企業を取材し、日本のドローン産業への展望や期待を聞いていく。


【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】先進技術やIoTサービスへの展開をドローンの自律飛行に期待

【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】先進技術やIoTサービスへの展開をドローンの自律飛行に期待

東京システムハウス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:林 知之)は、システムサービスやビジネスイノベーションを提供する独立系IT企業。同社のIoTサービス事業部では、ドローンの新たな可能性を求めて、コンテストへの協賛を決めた。


【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】ドローンの防災ソリューションに注目する理経

【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】ドローンの防災ソリューションに注目する理経

株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:猪坂哲)は、システムから部品、防災、防衛まで、さまざまな分野の製品を取り扱っているIT商社。同社の防災情報システム部では、有線ドローンを活用した移動型の火の見やぐらを提案するなど、新たな防災ソリューションを研究している。


【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】RFIDやi-農業とドローンの連携を目指す大和コンピュータ

【ドローン・プログラミング・コンテスト参加】RFIDやi-農業とドローンの連携を目指す大和コンピュータ

ソフトウェア開発に加えて、農作物の生産や加工に販売などを事業内容に掲げる株式会社大和コンピュータ(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長:中村 憲司)。同社は、RFIDソリューション部が中心となって、ドローンを活用したICタグの読み取りなどを研究している。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。