エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、 産業用ドローン向け i-Construction 対応クラウドサービス「エアロボクラウド」で、 クラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3D モデル の 即 日仕上げが可能な改良版を9月26日にリリースした。


 エアロボクラウド( https://aerobocloud.com )は、ドローンを活用した測量や点検業 務をサポートするために、大量の撮影データやフライトの管理、点群や 3D モデルを作成 する写真測量処理など、一連のワークフローをブラウザだけで簡単に実現できるクラウド サービスとなっている。

 ドローンによる測量・点検が普及していく 中、データ処理の低価格化・効率化・高度化が求められているというニーズに応えるため、エアロボクラウドでは高性能な PC や専用のソフトウェアの購入といった 高額な初期投資の要らないブラウザ上でのサービスを提供し、今回の処理の高速化に続き、 自動画像認識など、順次機能を拡充していくとしている。

ブラウザだけで始めるドローン写真測量

 エアロボクラウドでは、高性能な PC や専用のソフトウェアを購入せずにドローン測量 をこれまで以上に安価で高速に始めることが可能。写真をアップロードするところから、成果物のオルソ画像(歪み修正画像)や 3D モデルもブラウザ上で確認できる。

図: ブラウザ上での 3D モデル表示

エアロボクラウドの高速処理による即日仕上げ

 エアロボクラウドでは、クラウド上で点群やオルソ画像、3D モデル等を作成する写真測 量処理を、クラウド上で高速に並列実行することで、従来の同サービスでの処理に比べ最 大 5 倍程度の高速化を実現した。デスクトップのマシンで処理すると、200 枚の処理 でも半日以上かかっていたが、エアロボクラウドを利用すると 1-2 時間程度という短時間で処理することが可能となった。

エアロボマーカーを用いた自動補正処理にも対応

 エアロボクラウドは、エアロセンスのエアロボマーカー(RTK 精度の GPS 機能を搭載した対空 標識)と連携しており、これまでの煩雑な GCP(地上基準点)の入力を行わなくてもエア ロボマーカーのログファイルと空撮画像をアップロードするだけで、写真測量処理を自動 で行うことができる。これにより、手間のかかる処理を省略でき、簡単にドローン測量 を始めることが可能となっている。

AEROBO®(エアロボ)はエアロセンス株式会社のサービスの登録商標です。

G 空間 EXPO2017:地理空間情報フォーラムに出展

2017 年 10 月、G 空間 EXPO2017:地理空間情報フォーラムに出展します。 エアロセンスブースでは、3 次元モデリング体験ができます。
2017/10/12(木)-14(土)@日本科学未来館 東京・お台場 1F-20

▼G 空間 EXPO2017
http://www.g-expo.jp/

▼紹介ページ(エアロセンスは 20 です)
http://www.g-expo.jp/forum/exhi_vender.html

この記事のライター

関連する投稿


米スウィフト社のVTOL機Swift 020が日本で初フライト

米スウィフト社のVTOL機Swift 020が日本で初フライト

エアロセンス株式会社(東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)と、スウィフト・エンジニアグ株式会社(カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)は、千葉でVTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンSwift 020の国内初となるデモフライトを11月7日に行った。


国際航業株式会社の3次元計測を取り入れたドローンスクール

国際航業株式会社の3次元計測を取り入れたドローンスクール

創立から70年を迎えた、航空測量の老舗・国際航業株式会社は、国交省の進めるi-Constructionに対応したドローンによる3次元計測を、ドローンスクールの「初級コース」の講習から取り入れ展開。「中級コース」の講習は3次元計測に特化、飛ばす技術だけでなく、計測現場での実践見据えた専門性の高いスクールを開校している。


G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

10月12日から14日までの3日間。日本科学未来館(東京・お台場)で、G空間EXPO 2017が開催された。測位や測量技術を活用して、時間と場所を生活や産業に役立てる技術がG空間。G空間の情報を活用するために、最新の測量機器やドローンによるソリューションが展示されていた。


エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、このたび、同社製の有線給電ドローンを活用した高画質ライブ撮影システムをソニービジネスソリューション 株式会社(東京都港区)と構築し 、静岡放送株式会社の主催イベント 「超ド S フェスタしずおか」の音楽ライブ中継で初運用した。


i-construction推進 クラウド型ドローン3Dマッピングソフトウェア「propeller」製品説明会 8/7開催

i-construction推進 クラウド型ドローン3Dマッピングソフトウェア「propeller」製品説明会 8/7開催

株式会社 セキド(本社:東京都国立市)は、ドローンクラウド型測量ソリューション「propeller」の説明会を 8月7日、横浜市金沢区産業振興センターで開催する。


最新の投稿


ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

 ドローンの魅力を発信する活動を続けているササモモさん(佐々木桃子さん)率いる女性チームの新しい名称が「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」に正式に決まった。イベントや体験会の企画、参加、などを通じて、今後も精力的に活動を続ける。


「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

株式会社ORSOは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応した超小型機体「DRONE STAR 01」を2018年1月14日まで価格を下げて販売する。


セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 水中ドローン「BlueROV2」の無料体験会を、 2017年12月1日(金)千葉県 市川マリンセンターにて開催する。


NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県は、福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日締結した。本協定を通じて、NEDOと福島県の連携を強化し、NEDOプロジェクトにおいて福島ロボットテストフィールドを積極的に活用することで福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業を活性化する


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。