エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、 産業用ドローン向け i-Construction 対応クラウドサービス「エアロボクラウド」で、 クラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3D モデル の 即 日仕上げが可能な改良版を9月26日にリリースした。


 エアロボクラウド( https://aerobocloud.com )は、ドローンを活用した測量や点検業 務をサポートするために、大量の撮影データやフライトの管理、点群や 3D モデルを作成 する写真測量処理など、一連のワークフローをブラウザだけで簡単に実現できるクラウド サービスとなっている。

 ドローンによる測量・点検が普及していく 中、データ処理の低価格化・効率化・高度化が求められているというニーズに応えるため、エアロボクラウドでは高性能な PC や専用のソフトウェアの購入といった 高額な初期投資の要らないブラウザ上でのサービスを提供し、今回の処理の高速化に続き、 自動画像認識など、順次機能を拡充していくとしている。

ブラウザだけで始めるドローン写真測量

 エアロボクラウドでは、高性能な PC や専用のソフトウェアを購入せずにドローン測量 をこれまで以上に安価で高速に始めることが可能。写真をアップロードするところから、成果物のオルソ画像(歪み修正画像)や 3D モデルもブラウザ上で確認できる。

図: ブラウザ上での 3D モデル表示

エアロボクラウドの高速処理による即日仕上げ

 エアロボクラウドでは、クラウド上で点群やオルソ画像、3D モデル等を作成する写真測 量処理を、クラウド上で高速に並列実行することで、従来の同サービスでの処理に比べ最 大 5 倍程度の高速化を実現した。デスクトップのマシンで処理すると、200 枚の処理 でも半日以上かかっていたが、エアロボクラウドを利用すると 1-2 時間程度という短時間で処理することが可能となった。

エアロボマーカーを用いた自動補正処理にも対応

 エアロボクラウドは、エアロセンスのエアロボマーカー(RTK 精度の GPS 機能を搭載した対空 標識)と連携しており、これまでの煩雑な GCP(地上基準点)の入力を行わなくてもエア ロボマーカーのログファイルと空撮画像をアップロードするだけで、写真測量処理を自動 で行うことができる。これにより、手間のかかる処理を省略でき、簡単にドローン測量 を始めることが可能となっている。

AEROBO®(エアロボ)はエアロセンス株式会社のサービスの登録商標です。

G 空間 EXPO2017:地理空間情報フォーラムに出展

2017 年 10 月、G 空間 EXPO2017:地理空間情報フォーラムに出展します。 エアロセンスブースでは、3 次元モデリング体験ができます。
2017/10/12(木)-14(土)@日本科学未来館 東京・お台場 1F-20

▼G 空間 EXPO2017
http://www.g-expo.jp/

▼紹介ページ(エアロセンスは 20 です)
http://www.g-expo.jp/forum/exhi_vender.html

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

5月23日から東京ビッグサイトで開催されたIDE TOKYO ドローンソリューション&技術展に、最新のドローン関連技術が出展された。


エアロセンスが東京海上日動とエアロボマーカーの破損等を補償する保険の提供を開始

エアロセンスが東京海上日動とエアロボマーカーの破損等を補償する保険の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー:GPS 搭載対空標識)について、破損等を補償する 保険の提供を開始した。エアロボマーカーの業務使用等に際して 生じる機器の損壊リスクに対応した保険を、東京海上日動火災保険株式会社と組成した。


エアロセンスが産業用ドローン AEROBO® AS-MC03を開発 5 月より販売開始

エアロセンスが産業用ドローン AEROBO® AS-MC03を開発 5 月より販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、2016 年 3 月より量産モデルとして提供してきた産業用ドローン AEROBO® 「AS-MC02-P」の後継機にあたる「AS-MC03」を 開発し、5 月より販売を開始すると発表した。


JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVAC、i-Constructionに対応したドローン測量に伴う パイロット育成コースをコマツと共同開発

JUAVACとコマツは、i-Constructionに対応したドローンを活用した測量を行うためのパイロット育成コースを共同開発し、6月より開始予定。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。