「ドローン米とササミの包み揚げ」って・・・ ドローン使って栽培した高級米だって

「ドローン米とササミの包み揚げ」って・・・ ドローン使って栽培した高級米だって

ドローンを活用した有機栽培で生産された高級米が、東京・池袋の料理店japanese kitchen HITOHANAで食べられる。


 農薬や化学肥料に頼らない有機栽培、というのはよく聞くが、ドローンを使った有機栽培、というのは新しい。作物の生育状況を、ドローンと電磁波測定技術を組み合わせたリモートセンシング技術で精密に管理。有機栽培で生産された高級米が、9月25日から東京・池袋の料理店japanese kitchen HITOHANAで食べられるようになる。

 このお米、全国の7地域の農家が、次世代農業「ドローン米プロジェクト」を展開しているドローン・ジャパン(東京)の助言を受けて栽培した高級米。マルチスペクトルカメラを搭載したドローンを飛行させ、生育状況、水、追肥の必要箇所、収穫時期などを精密に解析、農薬や化学肥料に頼らず生産効率を上げるという手法で作られている。主に海外の富裕層を対象に生産しており、国内では通信販売のみだったので、レストランで食べられるようになるのは初めてだ。

 チーズ入りライスコロッケ(税込680円)や、ドローン米とササミの包み揚げ(同780円)、ドローン米入りミモザサラダ (同880円)などがあるので、ぜひお試しあれ。

…この記事の続きを読む

情報提供元:OVO
https://ovo.kyodo.co.jp/news/gourmet/a-1061913

この記事のライター

関連するキーワード


ドローン米

関連する投稿


ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンを活用した先進農業に取り組むドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、2018年度の栽培に向けた“応援チーム”を結成する目的で、ドローン米2018 キックオフイベントを都内で開催した。


ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米プロジェクト「リモートセンシング勉強会」技術×農業の今を知る

ドローン米の初回購入の特典として、「農業リモートセンシング勉強会」が9月26日、大手町の産経新聞社で開催された。最先端で技術と農家をつなげているドローンジャパン社代表取締役会長の春原久徳氏が、農業リモートセンシングの最新情報や成果などを紹介した。


ドローン技術を活用、農薬に頼らない有機農法で栽培した「ドローン米」販売中

ドローン技術を活用、農薬に頼らない有機農法で栽培した「ドローン米」販売中

 ドローン専門サイトのドローンタイムズでは、ドローンジャパン株式会社(東京都千代田区九段)が推進する「ドローン米」プロジェクトの考え方に賛同し、2016年度に旭川市の篤農家・市川範之さんが経営する市川農場で有機栽培により収穫された「ドローン米・北海道産ゆめぴりか」のパック米(包装米飯)を産経ネットショップで販売中。


ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンを活用した農業で日本の土づくりを世界に発信するドローンジャパン(東京都千代田区)が、2017年度に推進する「ドローン米」プロジェクトを知るため、ドローンジャパンの春原久徳会長と勝俣喜一朗社長が稲作と畑作の生育調査を行うドローンによるリモートセンシングの現場に同行した。


市川農場とドローン・ジャパンがドローン米を「FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展」に出展

市川農場とドローン・ジャパンがドローン米を「FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展」に出展

ドローン × 農業に取り組むドローン・ジャパン株式会社(東京都千代田、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、(有)農業生産法人・市川農場(北海道旭川市)と3月7日から幕張メッセで開催されている「FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展」に「ドローン米」を出展した。10日まで。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。