スカイロボットが簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」10月2日から販売開始

スカイロボットが簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」10月2日から販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を10月2日から販売を開始すると発表した。


トランスフォーム外壁調査や太陽光発電施設の故障点検を素早く・安全に可能にする

ツインカメラで通常の4K映像と温度の差分を同時撮影

 「SKYFUSION(スカイフュージョン)」は、 自身の持っている小型ドローンにFLIR VUEシリーズの赤外線カメラを工具を使わず簡単に装着できるため、 標準装備の可視光カメラとともに、 赤外線カメラを使って各種の点検・監視業務が行うことができるようなる。具体的にはビルやマンションコンクリート外壁の点検や太陽光発電施設の故障点検など足場の悪い環境や整備に人員を割く環境下で、 素早く、 廉価で、 安全に点検できる。

 同製品は、 赤外線アナログビデオ映像をオペレーターの手元のツインモニターにリアルタイムで伝送可能なため、 その場で静止画像をキャプチャし、 モニター上に指でタッチして画像の好きな箇所をマークすることもできる。 また、 専用ソフトを使いカルテに自動転載することで、 カルテ依頼者へ故障個所など動画で提供することが可能となった。 可視光カメラも搭載しているため、 セキュリティー、 消防、 防災など視界が悪い環境でも 使用できる。

数分で着脱が可能

 FLIR VUEシリーズ赤外線カメラを、 お手持ちのドローンに工具を使わず約2分で簡単に着脱できる。 標準可視光カメラから赤外線カメラと標準カメラのツインカメラに簡単に変更できる。

使用シーン

「SKYFUSION(スカイフュージョン)」展示説明会

「SKYFUSION(スカイフュージョン)」展示説明会を10月2日より、 毎週火曜日・木曜日の13時~16時半、 15時半~17時の二部制で開催する。

FLIR VUEシリーズ(FLIR VUE/VUE Pro/VUE Pro R)

「SKYFUSION(スカイフュージョン)」に搭載されている赤外線カメラは、 「FLIR VUE」シリーズが搭載されている。

・ドローン搭載用に最適にされた形状・機能・軽さ(95-120g)。
・高画質VGA(640×512Pix)QVGA(336×250Pix)。
・FLIR VUEはリアルタイム監視用(動画撮影・出力のみ、 画像記録機能なし)。
・FLIR VUE Proは動画・静止画記録機能(内臓 Micro SDカード)あり。
・FLIR VUE Pro Rは更にラジオメトリー(放射温度測定)機能あり。

この記事のライター

関連する投稿


加賀電子・スカイロボットが産業用ドローン・赤外線カメラ分野での資本業務提携を発表

加賀電子・スカイロボットが産業用ドローン・赤外線カメラ分野での資本業務提携を発表

加賀電子株式会社と株式会社スカイロボットは、資本業務提携を合意し、スカイロボットが提供する産業用ドローン・赤外線カメラ分野の販路拡大を共同で進め、急伸する同市場のニーズに対応してまいります。


「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

2017年10月11日から13日までの3日間。幕張メッセで「第4回国際次世代農業EXPO」が開催された。最先端のIT技術や農業用ドローンが数多く登場し、各社が最新のソリューションを紹介していた


「ドローンスクールジャパン埼玉春日部校」が10月11日(水)に開校

「ドローンスクールジャパン埼玉春日部校」が10月11日(水)に開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は全国21校目となるドローン専用の屋外飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン埼玉春日部校』を10月11日(水)に開校します。開校日の10月11日(水)には、開校式典を開催、デモフライトも予定しております。


スカイロボット、赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策!「SKY ANIMALS」を10月1日から開始

スカイロボット、赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策!「SKY ANIMALS」を10月1日から開始

赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策! 「SKY ANIMALS」10月1日(日)開始 〜野生動物を探索・分析し、約230億の害獣被害に一手~


広大な屋外飛行場を持つドローンスクールが北海道に誕生 「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」9月8日開校

広大な屋外飛行場を持つドローンスクールが北海道に誕生 「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」9月8日開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は国内最大級の東京ドーム約12個分の屋外飛行場を完備した「ドローンスクール北海道新冠校」を9月8に開校する。開校日にはデモフライトや操縦体験会を開催する。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。