産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


4つの産業別に提供される360ソリューション

4つの業界別に特化したソリューションを提供

 業界特有のソリューションとなるsenseFly 360 Solutionsは、農業、調査、検査、鉱山&採石という4つの産業別に特化したパッケージで構成されている。例えば、農業向けのsenseFly Ag 360は、eBee SQ ドローンに農業用のeMotionとPix4Dを組み合わせて、ポテトやグレープにコーンや大豆など、植生に合わせた解析を提供する。また、調査用のsenseFly Survey 360では、機体にeBee Plus ドローンを使い、オプションでsenseFly GeoBaseという全地球測位システム(GNSS)も用意している。そして、検査用のソリューションでは、マルチコプターのalbrisドローンを使い、橋梁やダムにパイプラインにオイル施設などの検査に対応する。さらに、鉱山&採石向けのパッケージでは、eBee Plusドローンで撮影した画像を元にAirware platformによる解析やレポート作成を行う。
 それぞれのソリューションは、ドローンの機体と自動飛行を制御するeMotion softwareに、産業別の解析ソフトがパッケージになり、それらを使いこなすための教育とサポートが含まれている。senseFly社のチーフセールス&マーケティング担当のJean-Thomas Celette(ジーン・トーマス・セレット)氏は「senseFly 360ソリューションは、飛行計画から正確なデータ解析にエキスパートによるサポートまで、データ収集プロセス全体をカバーする市場で実績のある即戦力のソリューションを提供します。世界中のsenseFly事業者から得られたフィードバックからもわかるように、これらのソリューションは、企業がデータを収集する時間を急速に短縮して効率を向上させることで、投資対効果をプラスにできます」と話す。INTERGEO 2017の会場では、詳細なワークショップとプレゼンテーションを予定している。

基本構成は、ドローンと飛行ソフトに解析ツール、そして教育とサポートになる

この記事のライター

関連する投稿


ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンを活用した農業で日本の土づくりを世界に発信するドローンジャパン(東京都千代田区)が、2017年度に推進する「ドローン米」プロジェクトを知るため、ドローンジャパンの春原久徳会長と勝俣喜一朗社長が稲作と畑作の生育調査を行うドローンによるリモートセンシングの現場に同行した。


senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

ジオサーフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内山雅之)は、茨城県の守谷市にあるラジコン飛行場で、senseFly 社の固定翼UAVのeBee RTKと、マルチコプターのalbris(アルブリス)のデモンストレーションを実施した。


senseFly 社の最新UAV飛行デモ(1)〜固定翼UAVのeBee RTK

senseFly 社の最新UAV飛行デモ(1)〜固定翼UAVのeBee RTK

ジオサーフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内山雅之)は、茨城県の守谷市にあるラジコン飛行場で、senseFly 社の固定翼UAVのeBee RTKと、マルチコプターのalbrisのデモンストレーションを実施した。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。