エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


Yahooショッピングのイーラボストアで販売開始

 クアッドコプターLAB445は、 ネイキッド構造で、 修理や改造が容易となっている。 補修部品も細かく用意しておりユーザー自身での修理や改造が可能なため、 産業用ドローンの練習やプログラム開発に適している。
 送受信機には、 産業機と同様の信頼性の高いFutaba製を採用しテレメトリーなどの拡張性がある。

LAB445クアッドコプター

LAB445 ドローン組立 キット ラジコン マルチコプター GPS
LAB445 ドローン組立キット フルセット ラジコン マルチコプター GPS機能付き

○セット内容
・本体キット×1
・送信機 FUTABA T10J 設定済み×1 (バッテリー別売 又は単3乾電池4本)
・バッテリー 3500mAh 3S 11.1V LiPo Battery×1
・バッテリーチャージャー G4×1
・充電用ケーブル×1

○スペック
・本体重量   800g(バッテリー装着時:1050g)
・最大飛行距離 6km
・最大飛行時間 約10分
・最大飛行速度 10m/s
・耐風性能   5m/s以下
・電波到達距離 1,000m

上記内容は目安となりますので使用環境によって大きく左右されます。

フライトコントローラはPixFalconを使用しております。
マニュアルモードからオートモードまで様々なフライトモードを体感できます。
付属のGPSを使用することで、オートモード(自動航行)が可能になります。

この記事のライター

関連するキーワード


エンルートラボ LAB445

関連する投稿


エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、オーストラリアの ProfiCNC Pty Ltd社とドローン用ハードウエアの開発で提携した。


エンルートラボがトンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

エンルートラボがトンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 FA用のデータ通信ドライバーを用いた、 耐環境性の高い有線式操縦装置を開発した。


エンルートラボが無人機や無人車両、無人艇用の携帯電話(LTE)回線を使用した遠隔操縦装置を開発

エンルートラボが無人機や無人車両、無人艇用の携帯電話(LTE)回線を使用した遠隔操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 docomoのLTE回線を使用した、 無人機や無人車両等を遠隔操縦する装置を開発した。


エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 GNC Solutions Pty Ltd社(オーストラリアビクトリア州)とドローンで使用するEKF(Extended Kalman Filter)の開発で提携したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。