エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、機体トラブル等による墜落時に、 事故原因究明に有効なデータを記録できるとともに機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトデータレコーダーを開発したと発表した。


小型無人機の事故解析、機体捜索に必要な機能を搭載

 今回エンルートラボが開発した小型無人機に搭載できるフライトデータレコーダーは、機体トラブル等による墜落時に、機体の傾きや速度、 GPSの航行軌跡、 モーターの出力、 オペレーターの操作状況など事故原因究明に有効なデータを記録できるとしている。 データは、 産業用防水型のマイクロSDに記録され、 PCで読み取りし、 専用ソフトでの解析を行うことができる。
 フライトデータレコーダーを発見するための機能としては、 座標情報をBLE(Bluetooth Low Energy)によるビーコンとして発信する。 また、 ブザーにより音による捜索も可能としている。
 これらの機能は、 墜落等によって外部電源が遮断されたあとでも、 機体のもつ電源により30分から数時間(独立電源の容量とビーコンの発信間隔による)の動作時間を確保することができる。 BLEでは、 近距離での通信しか行えないが、 捜索用ドローンに搭載可能な発見用装置を用意しており、 飛行経路周辺のドローンによる捜索も可能となっている。機体の紛失は、 バッテリー発火による山火事の誘発や、 ドローン動産保険の適用にならないケースもあるため、 機体発見の機能は重要な課題となっている。
 レコーダーユニットは、 アルミとPOM製のケースに収められ、 墜落時の衝撃にも耐える構造になっており、また ケースの開封を記録する仕組みもあり、 ユーザーによるデータ改竄の可能性を確認することもできる。

注1)このフライトデータレコーダーは、 エンルートラボ設計の機体専用。
注2)このフライトデータレコーダーは、 OEM、 ODMでの供給となっており、 単体での販売は行なっていない。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社エンルートラボ
電話:049-293-4567 メールアドレス:info@elab.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

株式会社エンルートM’s(福島県福島市 代表取締役 辺見 俊彦)は、 株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市 取締役社長 伊豆 智幸)の、 第三者割当増資引き受けにより、 3月1日付けでエンルートラボの92.6%の議決権を取得し、 子会社化したと発表した。


エンルートラボ、「日本海洋ドローン協会」を設立 海洋ドローンの活用を加速

エンルートラボ、「日本海洋ドローン協会」を設立 海洋ドローンの活用を加速

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役:伊豆智幸)は、 海洋で用いるドローン活用促進のため「一般社団法人 日本海洋ドローン協会」を設立、 活動支援する。


エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、オーストラリアの ProfiCNC Pty Ltd社とドローン用ハードウエアの開発で提携した。


エンルートラボがトンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

エンルートラボがトンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 FA用のデータ通信ドライバーを用いた、 耐環境性の高い有線式操縦装置を開発した。


エンルートラボが無人機や無人車両、無人艇用の携帯電話(LTE)回線を使用した遠隔操縦装置を開発

エンルートラボが無人機や無人車両、無人艇用の携帯電話(LTE)回線を使用した遠隔操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 docomoのLTE回線を使用した、 無人機や無人車両等を遠隔操縦する装置を開発した。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。