エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、このたび、同社製の有線給電ドローンを活用した高画質ライブ撮影システムをソニービジネスソリューション 株式会社(東京都港区)と構築し 、静岡放送株式会社の主催イベント 「超ド S フェスタしずおか」の音楽ライブ中継で初運用した。


 ライブ映像の高所映像撮影で、イントレ(足場)構築やクレーンを使用を使用した高所撮影の場合、撮影アングルの制約が生じ、コストも高額となるといった問題がある。それに代わるものとして、ドローンを使用した映像撮影が広く行 われるようになってきたが、バッテリーの問題から最長でも20 分程度の連続撮影しかできないこと、また、映像の無線伝送時に画像圧縮する必要から番組で使用するクオリティを満たすことができないばどの課題があげられる。

 エアロセンスとソニービジネスソリューションは、これらの課題解決に向けて検討を重ね、有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムを構築するに至った。有線給電式にすることで従来不可能であった長時間撮影を可能にすると同時に、光ファイバーケーブルを使用した非圧縮で高画質のリアルタイム映像伝送によるライブ運用も実現することになった。
 ジンバルによるカメラ制御 (パン・チルト)も可能で、映像制作用途のニーズに幅広く対応できるようになった。このシステムは、中継車と接続することができ、可搬中継機材としての活用も見込まれる。

 これにより、音楽ライブ等のイベントにおいて、観客席の後方から迫力ある俯瞰映像を撮影することが可能となり、より一層、現場感や臨場感がある素材を提供することができるようになった。 有線給電式のドローンを使ったライブ映像カメラは、ライブ全体の臨場感やこれまで見たことのない視点からの映像を提供するツールとなるだろう。

 エアロセンスによると、ソニービジネスソリューションとの協業の強みを最大限に活かし、今後のドローン市場拡大を見据え、この領域におけるビジネスを確立したいとしている。今後はドローン本体の機体提供だけにとどまらず、ソニービジネスソリューションをとおして、モニターや映像記録装置などライブシステムとしてのサービスビジネスを視野に入れ、検討を進め、中継車とドローン本体をケーブル接続することで、フライトまでの作業効率の向上と、中継システムとの容易な接続を実現を目指す。

この記事のライター

関連する投稿


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


エアロセンスがAEROBO® Marker(エアロボマーカー)の量産出荷を開始

エアロセンスがAEROBO® Marker(エアロボマーカー)の量産出荷を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、対空標識「AEROBO® Marker」(エア ロボマーカー)の量産出荷を開始した。


エアロセンスがドローン関連製品・ソリューションの新ロゴデザインを発表し、産業用自律飛行型ドローンの新ブランドとして販売展開

エアロセンスがドローン関連製品・ソリューションの新ロゴデザインを発表し、産業用自律飛行型ドローンの新ブランドとして販売展開

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、産業 用自律飛行型ドローン「AEROBO®」(エアロボ)、GPS 機能搭載の対空標識「AEROBO® Marker」 (エアロボマーカー)、産業用ドローン向けのクラウドサービス「AEROBO® Cloud」(エアロボクラ ウド)の新しいロゴデザインを発表した。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 産業用ドローン向けクラウドサービス「AEROBO Cloud」(エアロボクラウド)に、AI(人工知能)を用いて自動的に傷や劣化などを検出し、ドローン空撮画像を用いた点検作業のサポートを行う機能の提供を開始した。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。