エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、このたび、同社製の有線給電ドローンを活用した高画質ライブ撮影システムをソニービジネスソリューション 株式会社(東京都港区)と構築し 、静岡放送株式会社の主催イベント 「超ド S フェスタしずおか」の音楽ライブ中継で初運用した。


 ライブ映像の高所映像撮影で、イントレ(足場)構築やクレーンを使用を使用した高所撮影の場合、撮影アングルの制約が生じ、コストも高額となるといった問題がある。それに代わるものとして、ドローンを使用した映像撮影が広く行 われるようになってきたが、バッテリーの問題から最長でも20 分程度の連続撮影しかできないこと、また、映像の無線伝送時に画像圧縮する必要から番組で使用するクオリティを満たすことができないばどの課題があげられる。

 エアロセンスとソニービジネスソリューションは、これらの課題解決に向けて検討を重ね、有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムを構築するに至った。有線給電式にすることで従来不可能であった長時間撮影を可能にすると同時に、光ファイバーケーブルを使用した非圧縮で高画質のリアルタイム映像伝送によるライブ運用も実現することになった。
 ジンバルによるカメラ制御 (パン・チルト)も可能で、映像制作用途のニーズに幅広く対応できるようになった。このシステムは、中継車と接続することができ、可搬中継機材としての活用も見込まれる。

 これにより、音楽ライブ等のイベントにおいて、観客席の後方から迫力ある俯瞰映像を撮影することが可能となり、より一層、現場感や臨場感がある素材を提供することができるようになった。 有線給電式のドローンを使ったライブ映像カメラは、ライブ全体の臨場感やこれまで見たことのない視点からの映像を提供するツールとなるだろう。

 エアロセンスによると、ソニービジネスソリューションとの協業の強みを最大限に活かし、今後のドローン市場拡大を見据え、この領域におけるビジネスを確立したいとしている。今後はドローン本体の機体提供だけにとどまらず、ソニービジネスソリューションをとおして、モニターや映像記録装置などライブシステムとしてのサービスビジネスを視野に入れ、検討を進め、中継車とドローン本体をケーブル接続することで、フライトまでの作業効率の向上と、中継システムとの容易な接続を実現を目指す。

この記事のライター

関連する投稿


日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

7月12日。エアロセンス株式会社(本社:東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)は、スウィフ スウィフト・エンジニアグ株式会社(本社:カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)と、VTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンを国内で事業化すると発表した。


エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンス株式会社は国交省の推進するi-Constructionで、3DモデルデータをベースとしたICT施工の普及が進む中、ドローンを連携させたソリューションによって、これまで普及の足かせになっていた現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減する「エアロボ測量2.0」のサービスの提供を7月から開始したと発表した。


エアロセンスとERIソリューションがドローンを活用した非破壊検査で提携

エアロセンスとERIソリューションがドローンを活用した非破壊検査で提携

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恵恒、以下エアロセンス)は、株式会社ERIソリューション(東京都港区、代表取締役:横瀬弘明、以下ERIソリューション)と業務提携し、ドローンを活用した非破壊検査の実用化を目指す。


ザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部がエアロセンスのドローンを飛行体験

ザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部がエアロセンスのドローンを飛行体験

日本のドローンに関する規制や物流における活用事例の学習と飛行視察を目的に来日したザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部3名が、エアロセンスのドローンを飛行体験を6月7日、千葉県市原市勝間にある勝間飛行場で行った。


ドローン利活用でザンビア共和国の保健省・民間航空局幹部が来日、エアロセンスを視察

ドローン利活用でザンビア共和国の保健省・民間航空局幹部が来日、エアロセンスを視察

ザンビア共和国(以下、ザンビア)の保健省及び民間航空局幹部計 3 名が 6 月 6 日から 8 日まで、日本のドローンに関する規制や物流における活用事例の学習、飛行視察を目的に来日する。


最新の投稿


インプレスが  ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜を発売

インプレスが ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、機体トラブル等による墜落時に、 事故原因究明に有効なデータを記録できるとともに機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトデータレコーダーを開発したと発表した。


燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

米国カリフォルニア州サンタモニカにあるFlightWave Aerospace Systems(フライトウェーブ・エアロスペース・システムズ)社は、9月6日に水素エネルギーで2時間の飛行を可能にするJupiter-H2(ジュピター・エイチツー)ドローンを発表した。


ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社は、 新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。