エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、このたび、同社製の有線給電ドローンを活用した高画質ライブ撮影システムをソニービジネスソリューション 株式会社(東京都港区)と構築し 、静岡放送株式会社の主催イベント 「超ド S フェスタしずおか」の音楽ライブ中継で初運用した。


 ライブ映像の高所映像撮影で、イントレ(足場)構築やクレーンを使用を使用した高所撮影の場合、撮影アングルの制約が生じ、コストも高額となるといった問題がある。それに代わるものとして、ドローンを使用した映像撮影が広く行 われるようになってきたが、バッテリーの問題から最長でも20 分程度の連続撮影しかできないこと、また、映像の無線伝送時に画像圧縮する必要から番組で使用するクオリティを満たすことができないばどの課題があげられる。

 エアロセンスとソニービジネスソリューションは、これらの課題解決に向けて検討を重ね、有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムを構築するに至った。有線給電式にすることで従来不可能であった長時間撮影を可能にすると同時に、光ファイバーケーブルを使用した非圧縮で高画質のリアルタイム映像伝送によるライブ運用も実現することになった。
 ジンバルによるカメラ制御 (パン・チルト)も可能で、映像制作用途のニーズに幅広く対応できるようになった。このシステムは、中継車と接続することができ、可搬中継機材としての活用も見込まれる。

 これにより、音楽ライブ等のイベントにおいて、観客席の後方から迫力ある俯瞰映像を撮影することが可能となり、より一層、現場感や臨場感がある素材を提供することができるようになった。 有線給電式のドローンを使ったライブ映像カメラは、ライブ全体の臨場感やこれまで見たことのない視点からの映像を提供するツールとなるだろう。

 エアロセンスによると、ソニービジネスソリューションとの協業の強みを最大限に活かし、今後のドローン市場拡大を見据え、この領域におけるビジネスを確立したいとしている。今後はドローン本体の機体提供だけにとどまらず、ソニービジネスソリューションをとおして、モニターや映像記録装置などライブシステムとしてのサービスビジネスを視野に入れ、検討を進め、中継車とドローン本体をケーブル接続することで、フライトまでの作業効率の向上と、中継システムとの容易な接続を実現を目指す。

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、弊社が開発・製造・販売している産業用ドローンAEROBO(AS-MC03)の購入者を対象に、第三者への法律上の賠償責任保険(引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社)を自動付帯での提供を開始した。


ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)と、ソニービジ ネスソリューション株式会社(東京都港区)は、2018年7月17日(火)から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO® onAir」を活用 したフライトサービスの提供を開始する。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

5月23日から東京ビッグサイトで開催されたIDE TOKYO ドローンソリューション&技術展に、最新のドローン関連技術が出展された。


最新の投稿


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。