ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

東アフリカのテックカントリー、ルワンダ発のドローンイノヴェイションを生み出したZiplineが、タンザニアで大規模な配送センターを開始することを発表した。


2017年7月のある日、ルワンダで若い女性が帝王切開での出産後に出血し始めた。医師たちの懸命の努力にもかかわらず、出血は止まらなかった。彼らは手元にあった、その女性に適合する血液をすでに2ユニット輸血していた。首都キガリの国立血液バンクにさらなる血液を要請することもできたが、発注してから、25マイル(約40km)の山道を病院まで運ぶには4時間近くかかる。彼女にそんな時間は残されていなかった。

追い詰められた医師たちは、キガリ近郊の配送センターに電話をかけた。診療所のスタッフとフライトクルーが、数台の小さな無人航空機に必要な血液製剤を載せ、空へと飛ばした。赤血球製剤7ユニット、血漿製剤4ユニット、血小板製剤2ユニットが、45分以内に届けられる。1人の人間が必要とする血液をつくるには十分な量だ。

ドローンは発射から15分で病院に到着し、定められた場所に積荷を投下する。医師はすぐに血液製剤をつかみ取り、24歳の患者の容態を安定させるためにそれらを使った。

…この記事の続きを読む

情報提供元:WIRED
https://wired.jp/2017/09/10/zipline-tanzania/

この記事のライター

関連する投稿


Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

8月24日。アフリカのルワンダで固定翼ドローンによる医療物資の空輸を提供しているZipline社(本社:米国カリフォルニア州、代表:ケラー リナウド)は、アフリカのタンザニアで100機以上のドローン空輸網を整備すると発表した。


広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

 広島大学医学部(救急集中治療医学)の貞森拓磨客員准教授と(株)NTTドコモ、モバイルクリエイト(株)、インフォコム(株)、ciDrone(株)が提案した事業が、総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の地域ICT振興型研究開発枠に採択され、記者説明会を開催した。


スイスMatternet社が自律飛行ドローンによる血液サンプル輸送の認可取得

スイスMatternet社が自律飛行ドローンによる血液サンプル輸送の認可取得

スイス連邦民間航空局(Swiss Federal Office for Civil Aviation, FOCA)はMatternetに、同社の配達ドローンに対し昼夜を問わずいつでも、都市の上空を自律飛行することを認可した。


ドローン医療品配達サービスのZiplineが2500万ドルを調達、ルワンダなどで人道的なビジネス拡大へ

ドローン医療品配達サービスのZiplineが2500万ドルを調達、ルワンダなどで人道的なビジネス拡大へ

ドローンによる医療品の配達サービスを展開するZipline International Inc.が、シリーズBで2500万ドルを調達した。今回調達した資金によって、ルワンダ、米国などで同社の人道的なビジネスを拡大していく予定だ。


豪、臓器と血液の医療用ドローンの都心での試験輸送飛行を計画

豪、臓器と血液の医療用ドローンの都心での試験輸送飛行を計画

オーストラリアで、ドローンを利用した臓器&血液輸送プロジェクトが進められている。これは、車の渋滞が激しい都市部で事故が起きた際などに、患者に迅速に医療物資を提供するための試みだ。


最新の投稿


インプレスが  ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜を発売

インプレスが ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、機体トラブル等による墜落時に、 事故原因究明に有効なデータを記録できるとともに機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトデータレコーダーを開発したと発表した。


燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

米国カリフォルニア州サンタモニカにあるFlightWave Aerospace Systems(フライトウェーブ・エアロスペース・システムズ)社は、9月6日に水素エネルギーで2時間の飛行を可能にするJupiter-H2(ジュピター・エイチツー)ドローンを発表した。


ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社は、 新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。