オープンソースの飛行計画アプリ「ミッションプランナー」の最新バージョン発表

オープンソースの飛行計画アプリ「ミッションプランナー」の最新バージョン発表

ドローンの設計や製造を手掛ける Event 38 Unmanned Systems社の創業者Jeff Taylor(ジェフ・テイラー)氏が、オープンソースの飛行計画アプリのミッションプランナーが、最新バージョンになったと自身のブログで発表した。


フライトチェックリストやドローンの監視機能が強化される

 Event 38社の開発したE38 Mission Planner v1.3.44.3は、新たにプリフライトチェックリストという機能を追加した。画面サンプルからもわかるように、離陸前に適切なミッションやウェイポイントにバッテリーやカメラなどの状態をチェックできる。例えば、ウェイポイントの横にあるチェックボックスをオンにすると、ミッションプランナーはドローンからウェイポイントをダウンロードして、フライトデータの画面と照会する。また、複数のカメラを搭載したドローンでは、個々のフライトで使用するカメラを選択し、起動するための正しいパラメータをアップロードする。目視や人手では見落としがちなフライト前のチェックを事前に確認できるプリフライトチェックリストは、今後の自動飛行ドローンの主要な機能になっていくかもしれない。

フライトの前に詳細なチェックができるPreflight Checklist

 また、新しいインフライトモニタリング(飛行監視)機能では、初期設定で低高度と速度超過に方向やGPS衛星に過電流、そしてサーボ電圧をチェックする。もちろん、新しい監視ポイントを追加したり、パラメータのアクセスも自由に設定できる。

飛行中のドローンの状況をモニタリングできるInflight Monitoring

 そして、境界線の飛行では「Survey / Grid」画面にPerimeter Run(境界線の飛行)というチェックボックスが追加されて、ミッションエリアの周りをラップして写真を撮ることが可能になった。

ミッションエリアの周りをラップして写真を撮るPerimeter Run

 さらに、平均チューニング機能では、内部テスト用に飛行中の特定のパラメータをグラフにして、最少、最大、平均の読み取りを追加できる。ドローンの飛行中のデータを詳細に取り出して分析できる点が、オープンソースの特長であり、ドローンの進化や改善につながる重要な機能となっている。

ドローンの飛行データを分析できるTuning Averages

 最新のE38 Mission Planner v1.3.44.3は、以下のサイトからダウンロードできる。

http://event38.com/downloads/

この記事のライター

最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。