米国InterDrone 2017でインテルが基調講演で新しいクラウドサービスを発表

米国InterDrone 2017でインテルが基調講演で新しいクラウドサービスを発表

米国ラスベガスで開催されているInterDrone 2017の基調講演に登壇したインテルのブライアン・クリザニッチCEOは、産業用ドローンの新たなソリューションと自動化システムを発表した。


ドローンのデータ分析ソリューションIntel Insight Platform

インテルのブライアン・クリザニッチCEO

 会場に登場したインテルのブライアン・クリザニッチCEOは「データは新しい油田」だと比喩すると「5分間のフライトで40ギガバイトものデータを収集できる産業用ドローンは、そのデータの処理が重要になる」と提唱した。そしてインテルは、商用ドローンが取得する膨大なデータを管理し、分析やレポート作成などのサービスを実現するIntel Insight Platformを提供すると発表した。Intel Insight Platformは、クラウドサービスとして提供され、2Dおよび3Dモデル生成や変化の検出に植物計数などの高度なデータ分析を行う。すでにサイトは開設されていて、ユーザー登録を受け付ける状態になっている。しかし、具体的なサービスの提供は今後になる。

www.intel.com/intelinsight

分析やレポート作成などのサービスを実現するIntel Insight Platform

Intel Mission ControlによるIntel Falcon 8+ Systemの自動飛行を実演

ステージで自動飛行するIntel Falcon 8+ System

 基調講演の会場では、今年の後半にリリースが予定されているIntel Mission Controlソフトウェアで、Intel Falcon 8+ Systemを自動飛行させるデモンストレーションが実演された。Intel Mission Controlでは、最適な飛行経路をマッピングし、対象物の検査などに必要な飛行プロセスの簡略化と自動化を実現する。会場では、特設の建物の窓や柱をIntel Falcon 8+ Systemで検査し、その画像をIntel Insight Platformで解析して、変化検出アルゴリズムによって、以前との違いを指摘する様子も紹介された。

画像をIntel Insight Platformで解析して変化を表示する様子

 ただし、以前にインテルの新テクノロジー・グループの社長兼ゼネラルマネージャーのアニル・ナンデュリ氏にインタビューしたところ、Intel Falcon 8+ Systemの日本での販売については「利用する通信帯域の問題で、日本で技適を取得できるかどうかが不明なので、販売は未定」との回答だった。

この記事のライター

関連する投稿


オーストラリアのAirscope社がドローンの画像からリソース資産の3次元モデリングを開発

オーストラリアのAirscope社がドローンの画像からリソース資産の3次元モデリングを開発

オーストラリアのパースで、リソース資産の検査や視覚化を事業にしているAirscope社は、インテルのFalcon 8+ドローンを活用して、石油ガス施設の撮影画像から3-Dモデリングによる仮想キャンバスの開発に成功した。


INTELとCYBERHAWKがドローンによるガスターミナルの検査で1日100万〜500万ドルを削減

INTELとCYBERHAWKがドローンによるガスターミナルの検査で1日100万〜500万ドルを削減

半導体最大手の米国INTELと英国に本社のあるCYBERHAWKは、スコットランドのSt Fergusにあるガスターミナルで、インテルのFalcon 8+システムを使用した検査に成功した。その削減効果は、1日100万〜500万ドル(約1.1億〜5.5億円)に匹敵するという。


インテルのドローン300機がLAの夜空にワンダーウーマンを描き出す

インテルのドローン300機がLAの夜空にワンダーウーマンを描き出す

米国時間9月14日。インテルは、300機のIntel Shooting Starドローンで、ワーナーブラザーズの映画ワンダーウーマンのプロモーションに協力し、ロサンゼルスの夜空に剣を構えたティアラの姿を描き出した。


産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

空撮用ドローンの国際市場では、DJIに代表される中国企業が、世界的なシェアを占有している。一方で、今後の成長が見込まれる産業用ドローンの市場では、ドイツのベンチャー企業に注目と資本が集まっている。


インテル、東京五輪にドローンとVRを投入へ--2024年までIOC協賛

インテル、東京五輪にドローンとVRを投入へ--2024年までIOC協賛

Intelは米国時間6月21日、2024年までのオリンピックの世界公式パートナーになったことを発表した。Intelの最高経営責任者(CEO)を務めるBrian Krzanich氏と国際オリンピック委員会(IOC)のThomas Bach会長が、ニューヨークで開催されたイベントで契約に署名した。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。