米国InterDrone 2017でインテルが基調講演で新しいクラウドサービスを発表

米国InterDrone 2017でインテルが基調講演で新しいクラウドサービスを発表

米国ラスベガスで開催されているInterDrone 2017の基調講演に登壇したインテルのブライアン・クリザニッチCEOは、産業用ドローンの新たなソリューションと自動化システムを発表した。


ドローンのデータ分析ソリューションIntel Insight Platform

インテルのブライアン・クリザニッチCEO

 会場に登場したインテルのブライアン・クリザニッチCEOは「データは新しい油田」だと比喩すると「5分間のフライトで40ギガバイトものデータを収集できる産業用ドローンは、そのデータの処理が重要になる」と提唱した。そしてインテルは、商用ドローンが取得する膨大なデータを管理し、分析やレポート作成などのサービスを実現するIntel Insight Platformを提供すると発表した。Intel Insight Platformは、クラウドサービスとして提供され、2Dおよび3Dモデル生成や変化の検出に植物計数などの高度なデータ分析を行う。すでにサイトは開設されていて、ユーザー登録を受け付ける状態になっている。しかし、具体的なサービスの提供は今後になる。

www.intel.com/intelinsight

分析やレポート作成などのサービスを実現するIntel Insight Platform

Intel Mission ControlによるIntel Falcon 8+ Systemの自動飛行を実演

ステージで自動飛行するIntel Falcon 8+ System

 基調講演の会場では、今年の後半にリリースが予定されているIntel Mission Controlソフトウェアで、Intel Falcon 8+ Systemを自動飛行させるデモンストレーションが実演された。Intel Mission Controlでは、最適な飛行経路をマッピングし、対象物の検査などに必要な飛行プロセスの簡略化と自動化を実現する。会場では、特設の建物の窓や柱をIntel Falcon 8+ Systemで検査し、その画像をIntel Insight Platformで解析して、変化検出アルゴリズムによって、以前との違いを指摘する様子も紹介された。

画像をIntel Insight Platformで解析して変化を表示する様子

 ただし、以前にインテルの新テクノロジー・グループの社長兼ゼネラルマネージャーのアニル・ナンデュリ氏にインタビューしたところ、Intel Falcon 8+ Systemの日本での販売については「利用する通信帯域の問題で、日本で技適を取得できるかどうかが不明なので、販売は未定」との回答だった。

この記事のライター

関連する投稿


INTELとCYBERHAWKがドローンによるガスターミナルの検査で1日100万〜500万ドルを削減

INTELとCYBERHAWKがドローンによるガスターミナルの検査で1日100万〜500万ドルを削減

半導体最大手の米国INTELと英国に本社のあるCYBERHAWKは、スコットランドのSt Fergusにあるガスターミナルで、インテルのFalcon 8+システムを使用した検査に成功した。その削減効果は、1日100万〜500万ドル(約1.1億〜5.5億円)に匹敵するという。


インテルのドローン300機がLAの夜空にワンダーウーマンを描き出す

インテルのドローン300機がLAの夜空にワンダーウーマンを描き出す

米国時間9月14日。インテルは、300機のIntel Shooting Starドローンで、ワーナーブラザーズの映画ワンダーウーマンのプロモーションに協力し、ロサンゼルスの夜空に剣を構えたティアラの姿を描き出した。


産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

空撮用ドローンの国際市場では、DJIに代表される中国企業が、世界的なシェアを占有している。一方で、今後の成長が見込まれる産業用ドローンの市場では、ドイツのベンチャー企業に注目と資本が集まっている。


インテル、東京五輪にドローンとVRを投入へ--2024年までIOC協賛

インテル、東京五輪にドローンとVRを投入へ--2024年までIOC協賛

Intelは米国時間6月21日、2024年までのオリンピックの世界公式パートナーになったことを発表した。Intelの最高経営責任者(CEO)を務めるBrian Krzanich氏と国際オリンピック委員会(IOC)のThomas Bach会長が、ニューヨークで開催されたイベントで契約に署名した。


NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

米国時間の6月9日から、NASAはFAAと協力して「技術能力レベル2(TCL2)ナショナルキャンペーン」を実施した。米国の6つのサイトで、最新の無人航空機システム(UAS)の飛行管制(UTM)技術のテストを行った。


最新の投稿


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。