DJI、米・ナショナルジオグラフィック社と空撮写真コンテストを開催 Mavic Pro の 2 週間無料レンタルプログラムも開始

DJI、米・ナショナルジオグラフィック社と空撮写真コンテストを開催 Mavic Pro の 2 週間無料レンタルプログラムも開始

DJIは、米・ナショナルジオグラフィック社と共同で、北米地域在住者を対象とした空撮写真コンテストを、9月5日(火)から 10月31(火)まで、Instagramで開催します。また、本コンテストと併せて、世界中のユーザーを対象とした、「DJI MAVIC PRO」の2週間無料レンタルプログラムも期間限定で開始します。


この空撮写真コンテストは、ドローンを初めて使う方からプロカメラマンまで、どなたでも応募可能です。ユーザーは、自身が撮影した空撮作品を、「#MyMavicContest」および「#NatGeoTravel」のハッシュタグを付けて Instagram に投稿するだけで、コンテストに参加できます。ナショナルジオグラフィック社のフォトエディターが、コンテスト終了後に優秀賞として 5 作品選定します。入賞者には、高いポータビリティとクラス最高の機能性を誇る折りたたみ式ドローン、DJI Mavic Pro を贈呈します。

「空撮の素晴らしさをもっと沢山の方々に体験していただくため、このコンテストをナショナルジオグラフィック社と開催できることを大変嬉しく思います。写真家に加えて、旅行者やアウトドア愛好家の皆さまにもクリエイティビティを存分に発揮してもらい、空撮の可能性を広げていただく、それが今回の写真コンテストとレンタルプログラムの主旨です。」 と、DJI のバイスプレジデント Danny Zheng は述べています。
DJI は、空撮写真コンテストとあわせて、世界中のユーザーを対象としたドローンのレンタルプログラムを発表しました。本プログラムは、9 月 5 日(火)から 10 月 31 日(火)まで開催し、オンラインよりどなたでも応募ができます。応募者の中から、SNS にシェアされている写真をもとに参加者を選定し、参加者はレンタル期間の 2 週間の間、DJI Mavic Pro とともに、インスピレーションが浮かんだ瞬間を、いつでもどこでも撮影することができます。

レンタルプログラムについての詳細情報については、下記をご参照ください
http://events.dji.com/mavicfreerental


「1905 年の創刊以来、ナショナルジオグラフィックは、写真分野の先駆者とともに活動してきたことを誇りに思っています。以来、我々は人類の可能性の限界への挑戦や、読者へ新しい視点を提供するだけでなく、さらに魅力的な可能性を秘めた新しい技術を応援することで、そのようなアイデアやミッションを常にサポートしてきました。今回、空撮技術で世界をリードする DJI 社と今回のコンテストを共催できることを楽しみにしています。」と、ナショナルジオグラフィック副社長兼ゼネラルマネージャである Con Apostolopoulos 氏は述べています。

空撮写真コンテストについて
参加対象者:北米在住者(アメリカおよびカナダ)
コンテスト開催期間:2017 年 9 月 5 日(火)12:01 am~10 月 31 日(火)11:59 pm (東部標準時間)
結果発表:11 月上旬予定
参加方法:空撮写真を「#MyMavicContest」と「#NatGeoTravel」のハッシュタグを付けて Instagram に投稿
賞品:優秀賞の 5 作品に DJI Mavic Pro を贈呈

空撮写真コンテストについての詳細は、下記をご参照ください:
http://nationalgeographic.com/MyMavicContest

ドローンレンタルプログラムについて
参加対象者:どなたでもご参加いただけます
キャンペーン期間:2017 年 9 月 5 日(火)~2017 年 10 月 31(火)
応募方法:下記オンラインフォームより、必要事項を明記し応募。
応募者より、SNS にシェアされている写真をもとに、レンタルプログラムの参加者を選出
応募ページ:http://events.dji.com/mavicfreerental (※英語のみ)

この記事のライター

関連する投稿


ソフトバンクC&S、農薬散布ドローン「AGRAS MG-1」取扱開始

ソフトバンクC&S、農薬散布ドローン「AGRAS MG-1」取扱開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(ソフトバンクC&S)は、 DJI社製の農薬散布ドローン「AGRAS MG-1(アグラス エムジーワン)」の機体販売の提供を2月より開始したと発表した。


CP+、写真家による注目のドローン空撮・活用講演も 3月1日〜4日、パシフィコ横浜

CP+、写真家による注目のドローン空撮・活用講演も 3月1日〜4日、パシフィコ横浜

カメラと写真映像ワールドプレミアムショー「CP+ 2018」が、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市みなとみらい地区)で、3月1日〜4日に開催される。今年は過去最大となる128社・団体が出展、ドローン関連の出展やセミナーもある。ドローン関連ではDJI JAPAN株式会社(東京都港区)と一般社団法人ドローン大学校が出展する。


DJIがカメラと写真の展示会CP+2018に出展 MAVIC AIRとRONIN-Sを展示

DJIがカメラと写真の展示会CP+2018に出展 MAVIC AIRとRONIN-Sを展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、3月1日から4日間、横浜のパシフィコ横浜で開催される「CP+2018」に出展し、コンパクト4Kドローン「MAVIC AIR」などDJIの各製品を展示する。


DJIは人命救助や人道的活動のための無人化技術を表彰するプログラム「Humanitarian Awards」に協賛

DJIは人命救助や人道的活動のための無人化技術を表彰するプログラム「Humanitarian Awards」に協賛

DJIは、 AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International)が主催する無人化技術とロボティクスに関する展示会「AUVSI XPONENTIAL 2018」の「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」に協賛すると発表


DJI が運営する SkyPixel が2017年度 空撮写真のグランプリを発表

DJI が運営する SkyPixel が2017年度 空撮写真のグランプリを発表

DJI が運営する世界最大規模の空撮写真・映像コミュニティーサイト SkyPixel(スカイピ クセル)は、2017 年度の空撮写真コンテスト「The 2017 SkyPixel Photo Contest」の受賞作 品を発表、グランプリにフランスの写真家 Florian Ledoux 氏の作品を選出した。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。