DJI、米・ナショナルジオグラフィック社と空撮写真コンテストを開催 Mavic Pro の 2 週間無料レンタルプログラムも開始

DJI、米・ナショナルジオグラフィック社と空撮写真コンテストを開催 Mavic Pro の 2 週間無料レンタルプログラムも開始

DJIは、米・ナショナルジオグラフィック社と共同で、北米地域在住者を対象とした空撮写真コンテストを、9月5日(火)から 10月31(火)まで、Instagramで開催します。また、本コンテストと併せて、世界中のユーザーを対象とした、「DJI MAVIC PRO」の2週間無料レンタルプログラムも期間限定で開始します。


この空撮写真コンテストは、ドローンを初めて使う方からプロカメラマンまで、どなたでも応募可能です。ユーザーは、自身が撮影した空撮作品を、「#MyMavicContest」および「#NatGeoTravel」のハッシュタグを付けて Instagram に投稿するだけで、コンテストに参加できます。ナショナルジオグラフィック社のフォトエディターが、コンテスト終了後に優秀賞として 5 作品選定します。入賞者には、高いポータビリティとクラス最高の機能性を誇る折りたたみ式ドローン、DJI Mavic Pro を贈呈します。

「空撮の素晴らしさをもっと沢山の方々に体験していただくため、このコンテストをナショナルジオグラフィック社と開催できることを大変嬉しく思います。写真家に加えて、旅行者やアウトドア愛好家の皆さまにもクリエイティビティを存分に発揮してもらい、空撮の可能性を広げていただく、それが今回の写真コンテストとレンタルプログラムの主旨です。」 と、DJI のバイスプレジデント Danny Zheng は述べています。
DJI は、空撮写真コンテストとあわせて、世界中のユーザーを対象としたドローンのレンタルプログラムを発表しました。本プログラムは、9 月 5 日(火)から 10 月 31 日(火)まで開催し、オンラインよりどなたでも応募ができます。応募者の中から、SNS にシェアされている写真をもとに参加者を選定し、参加者はレンタル期間の 2 週間の間、DJI Mavic Pro とともに、インスピレーションが浮かんだ瞬間を、いつでもどこでも撮影することができます。

レンタルプログラムについての詳細情報については、下記をご参照ください
http://events.dji.com/mavicfreerental


「1905 年の創刊以来、ナショナルジオグラフィックは、写真分野の先駆者とともに活動してきたことを誇りに思っています。以来、我々は人類の可能性の限界への挑戦や、読者へ新しい視点を提供するだけでなく、さらに魅力的な可能性を秘めた新しい技術を応援することで、そのようなアイデアやミッションを常にサポートしてきました。今回、空撮技術で世界をリードする DJI 社と今回のコンテストを共催できることを楽しみにしています。」と、ナショナルジオグラフィック副社長兼ゼネラルマネージャである Con Apostolopoulos 氏は述べています。

空撮写真コンテストについて
参加対象者:北米在住者(アメリカおよびカナダ)
コンテスト開催期間:2017 年 9 月 5 日(火)12:01 am~10 月 31 日(火)11:59 pm (東部標準時間)
結果発表:11 月上旬予定
参加方法:空撮写真を「#MyMavicContest」と「#NatGeoTravel」のハッシュタグを付けて Instagram に投稿
賞品:優秀賞の 5 作品に DJI Mavic Pro を贈呈

空撮写真コンテストについての詳細は、下記をご参照ください:
http://nationalgeographic.com/MyMavicContest

ドローンレンタルプログラムについて
参加対象者:どなたでもご参加いただけます
キャンペーン期間:2017 年 9 月 5 日(火)~2017 年 10 月 31(火)
応募方法:下記オンラインフォームより、必要事項を明記し応募。
応募者より、SNS にシェアされている写真をもとに、レンタルプログラムの参加者を選出
応募ページ:http://events.dji.com/mavicfreerental (※英語のみ)

この記事のライター

関連する投稿


ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都品川、代表取締役:呉韜)は、赤外線カメラのZENMUSE XT2の国内事例を報道関係者と代理店や関係者に発表した。


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。