プロドローン、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表

プロドローン、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表

株式会社プロドローンは、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を開発した。


株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:河野 雅一、以下:PRODRONE)は、この度、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を開発したことをお知らせします。本機は、現地時間2017年9月6日から8日まで米国ラスベガスで開催される産業用ドローン展「InterDrone 2017」のPRODRONEブースにおいて参考展示されます。

「PD8-AW-HR」は、PRODRONE独自のオートパイロットシステムにより予め設定した点検コースを自動で飛行します。キヤノン製の超高解像度のカメラを搭載することにより、鮮明な画像をリアルタイムでオペレーターの元へ送信します。優れた画像認識技術により、鉄塔と鉄塔の間で孤を描く電線に沿って自動で飛行し、確実に電線を撮影します。画像の撮影位置も正確に捉え、後からの保守作業も容易にします。

従来は点検員が登ったりヘリコプターを使ったりしていた高圧電線の点検作業も、ドローンの導入によって安全性の高い点検が行えるだけでなく、コスト削減も可能にします。PRODRONEは安全と快適な作業環境を生み出すお手伝いをしながら、多くの人たちの生活を支えます。

高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」の今後にぜひご期待ください。具体的な製品概要については、詳細を決定した段階で、改めて新製品発表としてご案内申し上げます。

■製品写真

■製品動画

■仕様(暫定)

モーター軸間距離 :1534mm
最大ペイロード :20kg
機体重量 :17.52kg※バッテリー、ジンバル、カメラ、レンズ含む
最大速度 :70km/h
全高 :900mm
飛行可能風速 :8m/s
プロペラ直径 :544mm / 21.4inch
飛行時間 :20分 ※非搭載時の場合 ※飛行条件により異なります
バッテリー :16000mA x 2
耐水性能 :雨天飛行可
カメラ(5Ds+EF200mmレンズ) :1.92kg
※型番・仕様等は予告なく変更する場合があります。

■「InterDrone 2017」とは

BZ Mediaが主催する世界最大規模の産業用専門の展示会です。2015年から毎年ラスベガスで開催しており、今年は185以上の企業が出展予定です。
会期中は、FAAのマイケル・フエルタ長官とインテルコーポレーションのブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)による基調講演や、3つの専門分野(技術、エンターテイメント、映像撮影)の検討会、産業別のドローン活用(建設、測量、農業、採掘、警備、インフラ調査)についてのパネルセッションなどが予定されています。

■PRODRONEブース概要

名称 :InterDrone 2017
会期 :2017年9月6日(水)~8日(金)
開催地 :アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス
会場 :Rio All-Suite Hotel & Casino
ブース位置 :No.601
公式サイト :http://www.interdrone.com/

情報提供元:株式会社プロドローン
https://www.prodrone.jp/archives/2852/

この記事のライター

関連するキーワード


プロドローン PD8-AW-HR

関連する投稿


プロドローン、3Dオートパイロットシステムを搭載した山岳果樹園農薬散布ドローン「SMX X-F1」を発表

プロドローン、3Dオートパイロットシステムを搭載した山岳果樹園農薬散布ドローン「SMX X-F1」を発表

株式会社プロドローンは、3Dオートパイロットシステムを搭載した山岳果樹園農薬散布ドローン「SMX X-F1」を開発した。


プロドローン、トンネル内検査ドローン「PD4-AW-S」を発表 米Inter Drone 2017で参考展示

プロドローン、トンネル内検査ドローン「PD4-AW-S」を発表 米Inter Drone 2017で参考展示

 プロドローンは、複数のレーザーシステムを搭載することで、GPSシステムが利用できない環境でも、自動飛行が可能なドローン「PD4-AW-S」を開発したと発表した。大型倉庫やトンネルなどでの利用が期待される。


プロドローン、長距離荷物配送が可能なヘリコプター型ドローン「PDH-01」を開発

プロドローン、長距離荷物配送が可能なヘリコプター型ドローン「PDH-01」を開発

株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:河野 雅一、以下:PRODRONE)は、この度、長距離荷物配送が可能なヘリコプター型ドローン「PDH-01」を開発したことをお知らせいたします。


プロドローン、精密レーザー測量機専用エアバッグ「PD-B-R」を開発

プロドローン、精密レーザー測量機専用エアバッグ「PD-B-R」を開発

株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:河野 雅一、以下:PRODRONE)は、この度、ドローンに搭載する精密レーザー測量機専用エアバッグ「PD-B-R」を開発したことをお知らせいたします。


キヤノンMJがPRODRONEと超高感度の多目的カメラ搭載の災害対策用ドローンを発表 7月販売開始

キヤノンMJがPRODRONEと超高感度の多目的カメラ搭載の災害対策用ドローンを発表 7月販売開始

 キヤノンマーケティングジャパン(東京都港区港南)は、株式会社プロドローン(愛知県名古屋市)が開発したヘキサコプターに、キヤノン製の多目的カメラを搭載した災害対策用のドローン「PD6E2000-AW-CJ1」を7月に販売開始すると4日、発表した。


最新の投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。