プロドローン、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表

プロドローン、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表

株式会社プロドローンは、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を開発した。


株式会社プロドローン(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:河野 雅一、以下:PRODRONE)は、この度、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を開発したことをお知らせします。本機は、現地時間2017年9月6日から8日まで米国ラスベガスで開催される産業用ドローン展「InterDrone 2017」のPRODRONEブースにおいて参考展示されます。

「PD8-AW-HR」は、PRODRONE独自のオートパイロットシステムにより予め設定した点検コースを自動で飛行します。キヤノン製の超高解像度のカメラを搭載することにより、鮮明な画像をリアルタイムでオペレーターの元へ送信します。優れた画像認識技術により、鉄塔と鉄塔の間で孤を描く電線に沿って自動で飛行し、確実に電線を撮影します。画像の撮影位置も正確に捉え、後からの保守作業も容易にします。

従来は点検員が登ったりヘリコプターを使ったりしていた高圧電線の点検作業も、ドローンの導入によって安全性の高い点検が行えるだけでなく、コスト削減も可能にします。PRODRONEは安全と快適な作業環境を生み出すお手伝いをしながら、多くの人たちの生活を支えます。

高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」の今後にぜひご期待ください。具体的な製品概要については、詳細を決定した段階で、改めて新製品発表としてご案内申し上げます。

■製品写真

■製品動画

■仕様(暫定)

モーター軸間距離 :1534mm
最大ペイロード :20kg
機体重量 :17.52kg※バッテリー、ジンバル、カメラ、レンズ含む
最大速度 :70km/h
全高 :900mm
飛行可能風速 :8m/s
プロペラ直径 :544mm / 21.4inch
飛行時間 :20分 ※非搭載時の場合 ※飛行条件により異なります
バッテリー :16000mA x 2
耐水性能 :雨天飛行可
カメラ(5Ds+EF200mmレンズ) :1.92kg
※型番・仕様等は予告なく変更する場合があります。

■「InterDrone 2017」とは

BZ Mediaが主催する世界最大規模の産業用専門の展示会です。2015年から毎年ラスベガスで開催しており、今年は185以上の企業が出展予定です。
会期中は、FAAのマイケル・フエルタ長官とインテルコーポレーションのブライアン・クルザニッチ最高経営責任者(CEO)による基調講演や、3つの専門分野(技術、エンターテイメント、映像撮影)の検討会、産業別のドローン活用(建設、測量、農業、採掘、警備、インフラ調査)についてのパネルセッションなどが予定されています。

■PRODRONEブース概要

名称 :InterDrone 2017
会期 :2017年9月6日(水)~8日(金)
開催地 :アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス
会場 :Rio All-Suite Hotel & Casino
ブース位置 :No.601
公式サイト :http://www.interdrone.com/

情報提供元:株式会社プロドローン
https://www.prodrone.jp/archives/2852/

この記事のライター

関連するキーワード


プロドローン PD8-AW-HR

関連する投稿


KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDI、「5G」ドローンを用いた4K映像のリアルタイム伝送に成功

KDDIは、東京大学、トライポッドワークス、プロドローンと共同で、6月8日、災害救助や撮影サービスなどに活用できる次世代移動通信システム5Gからのリアルタイム4K映像伝送実験に成功したと発表した。


NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

NEDO、新たな安全評価基準の開発に着手 東大、イームズロボティクスなどの提案を採択

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月30日、ドローンなど無人航空機の新たな安全評価基準の研究開発に着手すると発表した。東京大学、イームズロボティクスなど6者による共同提案を採択する方針となった。今後、各メーカーが独自に取り組んでいる安全対策の性能をどう評価するか、などを検討する。


プロドローン、中型ダブルローター8枚(折りたたみ式)の新型プラットフォーム機「PD8X」を発表

プロドローン、中型ダブルローター8枚(折りたたみ式)の新型プラットフォーム機「PD8X」を発表

株式会社プロドローンは、新たに開発した中型ダブルロータープラットフォーム8枚機「PD8X」を開発した。


プロドローンが飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機(折りたたみ式)「PD6B-Type II」を発表

プロドローンが飛行安全装置PSU内蔵の大型6枚機(折りたたみ式)「PD6B-Type II」を発表

株式会社プロドローンは、飛行範囲事前設定型の安全装置PSU(Prodrone Safety Unit)を標準装備した大型の新プラットフォーム機「PD6B-Type II」を開発した。


プロドローン、水中撮影のできるタップフライト着水機ドローン「PD4-AW-AQ」を開発

プロドローン、水中撮影のできるタップフライト着水機ドローン「PD4-AW-AQ」を開発

株式会社プロドローンは水中撮影を目的とした、タップフライトにより自動着水・着陸が可能な新型防水型ドローン「PD4-AW-AQ」を開発した。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。