エンルート、世界初の標定点不要なドローン測量システムを開発 スカパーJSATが発表

エンルート、世界初の標定点不要なドローン測量システムを開発 スカパーJSATが発表

 スカパーJSATは8日、子株式の衛星ネットワーク(SNET) が、TSトラッキングUASを標準搭載した空中写真測量専用ドローン「enRoute QC730-TS」の発売を発表した。SNETの子会社である産業ドローンメーカー、エンルート(埼玉県)が開発、製造した。標定点不要で測量できる世界初のシステムという。


株式会社衛星ネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本 崇良、以下 SNET) は、株式会 社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡、以下トプコン)が発売した『TS トラ ッキング UAS』を標準搭載した専用ドローン「enRoute QC730-TS」の販売を開始しましたのでお知 らせ致します。
ドローンによる空中写真測量は、工事現場の地形を 3 次元モデル化することが容易なため、国土 交通省の推進する『i-Construction』仕様による施工の増加に伴い活用が盛んになってきました。し かしながら従来の方法では、撮影するカメラの 3 次元位置を測定するために、多数の標定点*2を地上 に設置して写真に写しこむ必要があり、さらに解析精度を考慮してこの標定点を設置・計測する作業 には熟練と経験を要するだけでなく、工事の進捗とともに設置や撤去を繰り返し行う必要があるとい う、作業効率の点で大きな課題がありました。
そのような中、本年 3 月に国土交通省によりドローンを用いた空中写真測量の作業要領が改訂さ れ、『カメラ位置を直接計測できる手法』を併用する場合は標定点*1の設置や観測を省略することが 認められました。今回、トプコン及び SNET が発売する『TS トラッキング UAS』とこれに対応した 『enRoute QC730-TS』は、この改訂内容に初めて準じたシステムであり、トータルステーション*3で ドローンを自動追尾が可能、且つ世界で初めて標定点を不要とする大幅な省力化を実現する空中写真 測量システムです。
専用ドローン「enRoute QC730-TS」は SNET の子会社である株式会社エンルート(本社:埼玉県 朝霞市 代表取締役社長:瀧川 正靖、以下エンルート)が開発・製造し、SNET が供給致します。エ ンルートは国内における産業用マルチコプタータイプドローンのリーディングカンパニーであり、同 社が製造する専用機体を供給することで、ドローン機体のメンテナンス、トレーニング、保証など、 ユーザーが『TS トラッキング UAS』 を円滑に運用できる体制を整えました。

【ドローン】 TS トラッキング UAS 専用ドローン enRoute QC730-TS オープン価格
販売主:株式会社衛星ネットワーク
【その他】 発 売 時 期 :2017 年 9 月 国内標準価格(消費税込み) : 自動追尾型トータルステーション TOPCON GT シリーズ / SOKKIA iX シリーズ 3,456,000 円 ~ 4,320,000 円
自動追尾型トータルステーション TOPCON GT / SOKKIA iX 用オンボードプログラム LPS-UAS 756,000 円
3D 点群処理ソフトウェア MAGNET Collage UAS キット(TS トラッキング UAS 対応版) 648,000 円
販売主:株式会社トプコン

【株式会社衛星ネットワーク概要】 代表者 :代表取締役社長 松本 崇良 設 立 :1987 年 8 月 18 日 資本金 :1,600 百万円(2017 年 3 月末現在) 売上高 :3,209 百万円(2017 年 3 月期) 本社所在地 :東京都港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル 13 階 事業内容 :映像ソリューションサービス(映像配信サービス・イベント中継サービス等) データ通信ソリューションサービス(衛星通信サービス等) ドローン(無人航空機)事業(ソリューションの開発・販売等)

【株式会社トプコン概要】 代表者 :代表取締役社長 平野 聡 設 立 :1932 年 9 月 1 日 資本金 :16,638 百万円(2017 年 3 月末現在) 売上高 :(連結)128,387 百万円(2017 年 3 月期) 上場証券取引所:東京証券取引所第一部〔証券コード:7732〕 社員数 :(連結)4,497 名(2017 年 3 月末現在) 事業内容 :ポジショニング(GNSS、マシンコントロールシステム、精密農業)、 スマートインフラ(測量機器、3次元計測、GIS)、 アイケア(眼科用検査・診断・治療機器、眼科用ネットワークシステム、眼鏡店向け機器)、 等の製造・販売

【株式会社エンルート概要】 代表者 :代表取締役社長 瀧川 正靖 設 立 :2006 年 10 月 資本金 :46 百万円(2017 年 3 月末現在) 本社所在地 :埼玉県朝霞市北原 2-4-23 事業内容 :産業用無人機の設計、製造、販売 電子制御関連部品の輸出入、製造、販売 ドローン、サービスロボットを用いた遠隔制御撮影、および撮影機材の開発、製造、 サポート 自律制御ロボット用プラットフォーム開発、製造 ディープラーニング、画像処理、遠隔制御、通信ソフト、ハード開発 無人機運用、トレーニング

株式会社衛星ネットワーク
http://www.snet.co.jp/

株式会社トプコン
http://www.topcon.co.jp/

株式会社エンルート
https://enroute1.com/

この記事のライター

関連する投稿


NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOは、富士通、日本電気、イクシスリサーチ、エンルート、プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施した。


ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

ヘリからドローンは見えるのか NEDO、SUBARU、エンルート、プロドローンが南相馬で実験

 ヘリコプターの操縦者は、ドローンを見ることができるのか、などについて、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と関連事業者が、12月15日、福島県南相馬市に整備中の復興工業団地内福島ロボットテストフィールドで実験し、その様子を公開した。


【橋梁・トンネル技術展】エンルートが開発中のドローン用衝突防止システムを展示

【橋梁・トンネル技術展】エンルートが開発中のドローン用衝突防止システムを展示

幕張メッセで開催中の橋梁・トンネル技術展のドローンエリアに出展した株式会社エンルート(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役:瀧川正靖)は、開発中の衝突防止システムを搭載したドローンZion PG700を展示していた。


エンルートが9億円増資 JSATグループが発表 同グループの完全傘下に

エンルートが9億円増資 JSATグループが発表 同グループの完全傘下に

 産業用ドローンの開発、製造などを手掛ける株式会社エンルート(埼玉県)は、9億円の増資を実施したと発表した。同社はスカパーJSATグループの一角で、同グループはこの増資などにより10月20日付で100%の議決権を取得した。エンルートはこの増資を機に、量産体制の構築、安全管理、品質管理の充実など事業を加速させる。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。