クラウドによる遠隔操作に対応した物流用ドローンポートシステムの検証実験

クラウドによる遠隔操作に対応した物流用ドローンポートシステムの検証実験

国土交通省の総合政策局物流政策課 技術政策課とブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:熊田貴之)は、長野県伊那市長谷地区にある道の駅南アルプスむら長谷と長谷高齢者専用住宅で、物流用ドローンポートシステムの検証実験を9月6日、実施した。


400mの距離をドローンポート間で自動航行

国土交通省 総合政策局 物流政策課 企画室 課長補佐 大庭靖貴 氏

 実験の開始にあたり国土交通省 総合政策局 物流政策課 企画室 課長補佐 大庭靖貴 氏が挨拶し「少子高齢化や労働人口の減少などから、国内の物流は近い将来に深刻な人手不足が懸念されています。こうした背景から、国土交通省の総合政策局物流政策課 技術政策課では、東京大学とブルーイノベーション株式会社による物流用ドローンポートの実証実験を長野県伊那市で進めています」と説明した。すでに、今年の3月にドローンポートへの着陸実験は行われてきた。今回は2017年度に予定されている実験の一回目となり、「ドローンポートによる機体姿勢制御の機能検証」と「クラウドによる遠隔監視・確認システムの検証」を目的とした実験が行われた。会場となった道の駅南アルプスむら長谷には、特設のドローンポートが設置され、クラウド経由で遠隔操作による離着陸と自動飛行が実行された。
 道の駅の駐車場に設置されたドローンポートを飛び立ったドローンは、あらかじめ設定されている空路に沿って、400m離れた長谷高齢者専用住宅に設置されたドローンポートに着陸した。その間、緊急時のサポート用にプロポを手にしたスタッフは待機していたが、遠隔操作による自動飛行はトラブルなく実行された。

実験の会場となった道の駅で報道陣に説明するブルーイノベーションの熊田雅之取締役COO

ドローンポートへの侵入者を検知する安全対策

ドローンポート間の自動飛行をクラウドで制御する仕組みを説明する熊田氏

 往路で無事に飛行を終えたドローンは、その場でバッテリーを交換し、復路で道の駅に戻る飛行を行った。復路の飛行では、ドローンポートの侵入検知システムを検証するために、マーカーのあるポート内にスタッフが故意に立ち入った。侵入を検知したドローンポートでは、飛行中のドローンに対して空中で待機するように指示を送った。信号を受け取ったドローンは、着陸しないで上空でホバリングを続けて待機していた。そして、ドローンポートから人が立ち去ると、安全を確認して無事に着陸した。
 実験を終えて、ブルーイノベーションの熊田雅之取締役COOは「今回の実験では、技術的な完成度は60%~70%と評価しています。今後は、サービス面での環境整備や他のドローンへの対応などを検討していきます。また、11月頃には実用化に近い条件での実証実験を計画しています」と話した。

ドローンポートを離陸する実験用のドローン

この記事のライター

関連する投稿


ブルーイノベーション 、屋内点検ドローン「ELIOS」が福島県ロボットテストフィールド試験用プラント」初の公開実験実施

ブルーイノベーション 、屋内点検ドローン「ELIOS」が福島県ロボットテストフィールド試験用プラント」初の公開実験実施

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、福島県ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)の試験施設のひとつ「試験用プラント」の最上階に設置した煙突を使い、屋内設備点検ドローン「 ELIOS 」の実証試験を3月14日、報道陣に公開した。同プラント内でドローンの飛行実験を公開するのは初めて。


【Japan Drone 2019】ブルーイノベーションの展示コーナーに登場した革新的なドローン

【Japan Drone 2019】ブルーイノベーションの展示コーナーに登場した革新的なドローン

産業用ドローンやソリューションを展開するブルーイノベーション(東京都)の展示コーナーに、AEROPROBING Inc.(台湾)の革新的なドローンのコンセプトモデルが展示されていた。


ブルーイノベーションとFlyability、無線送信拡張ユニット「RANGE EXTENDER」を発売

ブルーイノベーションとFlyability、無線送信拡張ユニット「RANGE EXTENDER」を発売

ブルーイノベーション(東京都文京区)とFlyability社(スイス)は、地下トンネルなどの電波の通りにくい場所でも無線通信を拡張できる電波拡張ユニット「RANGE EXTENDER」の発売と、ドローンの販売・サービス・開発に関する「BIパートナー制度」を開始すると発表した。


複数事業者による同一空域での運用実験で、楽天が新型ドローンポートを初披露

複数事業者による同一空域での運用実験で、楽天が新型ドローンポートを初披露

福島県南相馬市。福島ロボットテストフィールドで、楽天株式会社(東京都世田谷区)が新型のドローンポートを発表した。荷物の受け取りから手渡しまでを完全に自動化した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


最新の投稿


テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン、自律飛行による国内で風力発電向けサービスを開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる風力発電のブレード点検サービスを開始した。


エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

エアバス、Skyways物流ドローンでシンガポールで陸上輸送試験を開始

2019年3月15日。エアバスは、Skyways物流ドローンを使い、シンガポールで陸上から船舶への輸送試験を開始したと発表した。


【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

【Japan Drone 2019】ドローン専用テストフィールド福島RTF始動! 目視外飛行実現に向けた大規模実証実験報告

JUIDA、JUAV、JUTM、NICTは、福島ロボットテストフィールド(福島RTF)の機能評価と目視外飛行実現に向けた大規模実証実験を実施、3月15日、ジャパンドローン2019の最終日の特別講演でその成果を報告した。


より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

より安心できるドローン飛行のためにセキュアドローン協議会が新たなセキュリティ技術を提唱

一般社団法人セキュアドローン協議会(東京都港区、会長:春原 久徳)は、ドローンの業務活用におけるセキュリティ技術実装のための実証開発に取り組み、その技術をJapan Drone 2019の会場で公開した。


米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

米国KittyhawkがドローンのリモートIDに関するホワイトペーパーを公開

Kittyhawk(米国)は、ドローンのナンバープレートにあたるリモートIDの登録を推奨するホワイトペーパーを自社のサイトで公開した。