講習団体91、管理団体9、初公表から3か月で2倍超え! 国交省HP改定

講習団体91、管理団体9、初公表から3か月で2倍超え! 国交省HP改定

 国交省航空局は、ドローン操縦技能の講習として一定の要件を満たす機関である「講習団体」と、講習団体を管理する機関である「管理団体」について、9月1日付で更新し、ホームページに掲載した。9月1付現在で管理団体は9、講習団体は91で、初公表した6月1日時点から3か月で2倍を超えた。


 講習団体の91のうち、9月1日付で新たに掲載されたのは10機関。いずれも「管理団体の管理を受ける講習団体」(系列型)で、系列型は8月1日の58から68に増えた。「管理団体の管理を受けない講習団体」(独立型)は23と、8月1日時点から増減はなかった。
 講習団体を管理する「管理団体」は8月1日の7から、9月1日付で9に増えた。このうち1機関は講習団体としては6月1日にすでに掲載済みで、9月1日で管理団体としても掲載された。
 なお、国交省航空局が初公表した6月1日時点では、講習団体は43、管理団体は4だった。
 更新情報は国交省航空局ホームページの「航空・無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html)
のページにある
「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」
で確認できる。
(9月5日現在は以下の通り。ただし情報の修正などでリンク先が変わる可能性がある:
http://www.mlit.go.jp/common/001199026.pdf

新たに掲載された機関には国交省航空局HPに掲載されている表の「HP掲載日」欄に「平成29年9月1日」と記されている

この記事のライター

関連するキーワード


国交省 講習団体 管理団体

関連する投稿


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

 国交省航空局は5月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を得るための講習を実施する「講習団体」は177組と公表。2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が8組あるため、実質169団体が5月1日時点で講習サービスを提供する掲載団体ということになる。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


国交省、ドローン飛行許可、承認手続きをオンラインサービスで 4月2日から

国交省、ドローン飛行許可、承認手続きをオンラインサービスで 4月2日から

国土交通省は、申請件数が増加するドローンの飛行許可申請手続きに対応するため、4月2日からネットによるオンライン申請を開始すると3月20日、発表した。専用のホームページが設置される。


外務省、米軍施設・区域の上空等におけるヘリやドローンの飛行に注意喚起する ビラ配布やポスターを掲示

外務省、米軍施設・区域の上空等におけるヘリやドローンの飛行に注意喚起する ビラ配布やポスターを掲示

外務省は、米軍施設・区域の上空及びその周辺においてヘリやドローンを飛行させることは,重大事故につながるおそれのある大変危険な行為として,このような行為に対して注意を喚起するビラ・ポスターを防衛省,警察庁,国土交通省及び外務省から配布・掲示すると2月20日に発表した。


最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。