【慶大×田村市:ドローン日記】講座で安全の重要性を再認識 「これからたくさん練習を」

【慶大×田村市:ドローン日記】講座で安全の重要性を再認識 「これからたくさん練習を」

 慶大からドローンの指導を受けている福島県立増引高校の生徒は、どんな気持ちで指導を受けているのでしょうか。2年生の半澤翔太さんが、さきごろの講座のあと、感想文を寄せてくれました。安全の重要性を再認識した様子と、技術向上などへの決意が込められていました。


操縦者は技術を磨き、「見守る人」は危険を伝える

 こんにちは。今回ドローン日記を書くことになりました半澤翔太です。
 今回のドローン特別講座では、初めに前回の復習で「ドローンは○○」という話から始まりました。「○○」には「落ちる」「飛ぶ」などいろいろな言葉が入るそうです。私は「落ちる」という言葉を聞いたとき、怖いと思いました。私は事故が起きないようにするためにも、1つひとつの練習を大切にし、技術を習得して安全に行いたいと思いました。
 次に5班かにわかれ、体育館の中でミニドローンを飛ばす練習をしました。去年の第1期から飛ばしているので、第2期から加わった1年生に教えてあげなければいけなかったのですが、うまく教えることができなかったのが反省点です。その1年生は上手に飛ばせていたので、今後もっと上達していくと思います。自分自身も飛ばす技術だけではなく、教えることも向上していきたいと思います。
 ミニドローンを飛ばす練習をした後は、体育館から校庭に出て、空撮の練習をしました。空撮用のドローンを操作する人、飛行領域に人が立ち入ることがないか、物にぶつかりそうになったりしていないかを見守る人にわかれて行いました。操作する人は基本の動きを先生に教えてもらいながら行い、空撮の技術の向上に努めました。見守る人は常にドローンを見て、安全に飛行しているかを見守り、危険があれば操作している人に伝えなければいけないので、チームとしてコミュニケーションを取りながら行う必要がありました。
 これからたくさん練習して、安全に飛行させられるよう技術を身に付けていきたいです。(福島県立船引高等学校2年 半澤翔太)

ドローン特別講座で安全性の重要性を再認識したと感想を寄せた船引高校2年の半澤翔太さん

この記事のライター

関連するキーワード


慶大 田村市 船引高校

関連する投稿


【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

 ドローン研究に力を入れる慶大が、福島県田村市と結んでいる〝ドローン連携〟で、事業の目玉として進めていた福島県立船引高校(田村市)でのドローン特別講座第2期が9月11日、終了した。生徒達は今後、蓄積した知識や経験、技術の活かし方を自主的に考えていく。


【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

 福島県田村市は11日、田村市消防団向けのドローン講習会を開いた。ドローン操作技術を自前で身に着け、いざというときに操作できる技術を身に着けておくことが目的。田村市とドローン連携を結んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長が講師を務めた。


【慶大×田村市】国交省承認取得! 船引高ドローンチームが野外音楽フェスで活躍!

【慶大×田村市】国交省承認取得! 船引高ドローンチームが野外音楽フェスで活躍!

 地域発信型の野外フェス、One+Nation music circusが9日、福島県田村市運動公園で開かれ著名アーティストが会場を魅了しました。会場では地元の福島県立船引高校の生徒が、慶大から指導を受けて磨き続けてきたドローンの腕を存分に発揮し、会場の空撮と、来場者向けの体験会で、来場者を盛り上げ、驚かせました。


【慶大×田村市】空撮班9人、ドローン体験班11人 魅力的な〝TAMURA〟を9/9のフェスで発信!

【慶大×田村市】空撮班9人、ドローン体験班11人 魅力的な〝TAMURA〟を9/9のフェスで発信!

 福島県田村市で9月9日に行われる野外フェスONE+NATION music circusに向けて、福島県立船引高校の生徒達が作戦を練っています。生徒は当日、ドローンで会場の様子を撮影したり来場者に触れてもらったりします。どうすれば田村市を魅力的に表現できるのか、どうすれば来場される方々にドローンを楽しんで頂けるのか。


【慶大×田村市】慶大・南政樹氏 生徒がドローンでフェスに参加する意義

【慶大×田村市】慶大・南政樹氏 生徒がドローンでフェスに参加する意義

 9月9日に田村市で開催される音楽フェスに、福島県立船引高校(福島県田村市)でドローン特別講座を受講している生徒がドローン空撮などで参加する。指導を担っている慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長(政策・メディア研究科特任助教)に、生徒が参加する意義を聞いた。


最新の投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。