【慶大×田村市】空撮班9人、ドローン体験班11人 魅力的な〝TAMURA〟を9/9のフェスで発信!

【慶大×田村市】空撮班9人、ドローン体験班11人 魅力的な〝TAMURA〟を9/9のフェスで発信!

 福島県田村市で9月9日に行われる野外フェスONE+NATION music circusに向けて、福島県立船引高校の生徒達が作戦を練っています。生徒は当日、ドローンで会場の様子を撮影したり来場者に触れてもらったりします。どうすれば田村市を魅力的に表現できるのか、どうすれば来場される方々にドローンを楽しんで頂けるのか。


ドローンはすでに田村市の「地域の特性」に仲間入り

 船引高校では9月1日、慶大によるドローン特別講座が開かれ、9月9日に市内で行われるフェスでの生徒達の役割分担が発表されました。空撮チームになった生徒は9人。撮影可能な時間、場所、当日の連絡の取り方、雨天時の対応などを確認したうえで、3人ずつ3チームに分かれて、当日、どこでどう飛ばして、どう撮影するか、という計画となるフライトプランの作成に入りました。
 体験会チームの生徒は11人。これまで生徒の技術指導にあたってきた、ドローンのインストラクターでもある、株式会社糺の森の土方愛玲奈さんが、当日の来場者との接し方などの心構えを説明しました。
 ONE+NATIONは、音楽と「地域の特性」をあわせた地方発信型野外フェスです。田村市で開かれる9月9日のフェスでも、会場には地域で親しまれた味の店や、地元に続くワークショップのブースが並びます。
 田村市は昨年12月に慶大と、ドローンの利活用により地域創生や人材育成などを含む〝ドローン連携協定〟を締結しました。船引高校の生徒達がドローンの知識を学び、技術を身に付けているのも、この取り組みの一連です。中には、これから船引高校に来るかもしれない中学生を前に、ドローンを飛ばしてみせた生徒もいたそうです。またドローン特別講座では、1期の受講生や新たに加わった2期の生徒に指導するなど、次の世代に伝える循環が生まれ始めています。ドローンやドローンを扱う生徒、彼らの活動そのものが、田村市の「地域の特性」の一部になりつつあります。当日のフェス会場でも、来場者はより魅力的に、より楽しく〝TAMURA〟を発信するために奮闘する生徒の姿を見ることができます。
 慶大ドローン社会創出コンソーシアムの南政樹事務局長は、この日の特別講座で生徒たちに、「フェスに参加をする20人は、それ以外の方々ができない貴重な体験をすることになります。その体験をほかの人たちに伝えてほしい。何をしたか、だけではありません。むしろ、みなさんが、何を感じたか、何を考えたか、ということが大変重要です。それをぜひ、まわりに伝えて、田村市にはドローンがあるということを伝えて下さい」と話しました。その感想や考えは、もしかしたら本欄でご紹介できるかもしれません。
 田村市では、地域の特徴をたずねられると「なにもないところ」という回答が最も多い、という話を耳にします。フェスでは、高校生がドローンを飛ばしたり、来場者の体験を手伝ったりと大いに躍動している姿を目にするはずです。これを機に、田村市では「高校生がドローンに取り組んでいるところ」と胸を張って答える市民が増えることを期待しています。

ONE+NATION music circus(田村市)
http://onenationmc.jp/tamura/

会場の見取り図を前に作戦を練る空撮チーム

ドローン体験会チームの主題は、どうしたら来場される方にドローンを楽しんでいただけるか

地域の魅力に焦点を絞ったポスターも

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点に活動しているドローン研究の「ドロゼミ」メンバーが、人口集中地区での空撮依頼に対応することを想定し、いわゆる包括申請をするなど、実践的な取り組む。身に着けた知識、技量を社会で生かす力も育み、即戦力となるための準備に入った。


【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

 慶應義塾大学とのドローン包括連携をきっかけに、ドローン活用の取り組みに力を入れている福島県田村市は、ドローンに関連する知見を集め、地域や社会、参加者に還元する「ドローンコンソーシアムたむら」を設立させる。ドローン活用に意欲的な法人、個人の会員を市内外から広く募る。3月下旬に設立総会を開く。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。