広大な屋外飛行場を持つドローンスクールが北海道に誕生 「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」9月8日開校

広大な屋外飛行場を持つドローンスクールが北海道に誕生 「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」9月8日開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は国内最大級の東京ドーム約12個分の屋外飛行場を完備した「ドローンスクール北海道新冠校」を9月8に開校する。開校日にはデモフライトや操縦体験会を開催する。


大自然の中、フライト可能な練習場を建設予定

 「ドローンスクール北海道新冠校」は、札幌市内から車で約2時間ほどの北海道南部、日高地方のほぼ中央部に位置する新冠郡新冠町にある。同校が所有する広大な敷地を活用し、 受講後も操縦士のスキルアップのために練習の場として利用ができるほか、 屋外飛行場として一般開放も行い、 太陽光パネル点検や農薬散布、 動物生態調査、 捜索などの訓練や ドローンレースなど利用者の目的にあった場所として、 初心者から上級者まで誰もが気軽に活用できる場として提供するという。

雄大な自然の中を操縦できる8つの練習コース

写真左はDSJ校舎1周森林コースで森林有り、 高低差あり、 海の絶景ありの約250mのコース。右はおにぎり山といわれ、海岸沿いの地域にあるぽっこりと目立つ高台の丘。

左は 唯一海岸沿いの飛行可能エリア。 右は椿が丘で敷地が狭い練習場ではあるが平らなコースで見通しもよく、 初心者向けのエリアとなっている。

左は小さな太陽光発電所があり、 目視内で太陽光パネルの点検練習が可能。 右は幅は狭いが、 太平洋が目の前に広がる 最長約500mのロングコース。

左は縦横おおよそ400mのT字型の広大な敷地。 右は動物が多く生息し、 動物生態調査の飛行練習が可能。

<スクール概要>

場所 北海道新冠郡新冠町字大狩部98-1
・札幌市内より車で約2時間
・新千歳空港から車で約1時間20分
・苫小牧市内から車で約1時間
営業時間 9:00~17:00 土日祝日 休み
※土日祝日、 受講希望者は要相談
コース・料金 入学金は不要

開校日 :2017年9月8日(金)
ホームページ: http://dsj-nikappu.com/
お客様からのお問合せ先:
TEL 0146-49-0125/ FAX 0146-47-6005 /メールアドレス dsj.hokkaido.n@gmail.com

この記事のライター

関連する投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


スカイロボット、赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策!「SKY ANIMALS」を10月1日から開始

スカイロボット、赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策!「SKY ANIMALS」を10月1日から開始

赤外線サーモグラフィーカメラ搭載のドローンで害獣対策! 「SKY ANIMALS」10月1日(日)開始 〜野生動物を探索・分析し、約230億の害獣被害に一手~


ロボット・ドローンの子供向け教材開発でDPAとグローバルキャストが業務提携

ロボット・ドローンの子供向け教材開発でDPAとグローバルキャストが業務提携

一般社団法人ドローン操縦士協会( 所在地:東京都渋谷区 、略称: DPA=ディーパ)は、株式会社グローバルキャスト(本社:愛知県名古屋市)との業務提携を締結し、 ロボット・ドローンの知識普及および操縦技術向上に向けた共同研究を行うことを発表した。


ドローンスクールジャパンが「ドローンスクールジャパン千葉佐倉校」を8月26日に開校

ドローンスクールジャパンが「ドローンスクールジャパン千葉佐倉校」を8月26日に開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 千葉県佐倉市に屋内飛行場を完備した「ドローンスクールジャパン千葉佐倉校」を8月26日に開校する。 開校日には 開校式典のほか、 デモフライトや操縦無料体験会も開催する。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


最新の投稿


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。


エンルートM'sが松くい虫被害木抽出ドローンの実証実験を開始

エンルートM'sが松くい虫被害木抽出ドローンの実証実験を開始

株式会社エンルートM's(福島県福島市)と信州大学農学部(長野県上伊那郡、加藤 正人教授)、 学内ベンチャーで発足した精密林業計測株式会社(長野県上伊那)が協力し、産業用ドローンを使用して、 長野県伊那市で問題となっている「松くい虫被害対策」の国内初の実証実験を9月25日に行うと発表した。