スカイシーカーが警視庁福生警察署と連携しドローンを活用した災害時対処訓練を実施

スカイシーカーが警視庁福生警察署と連携しドローンを活用した災害時対処訓練を実施

株式会社スカイシーカーは警視庁福生警察署と合同で、 多摩川河川敷(あきる野市)で災害時対処訓練を8月31日に実施した。 物資の搬送が可能な防水災害対策用ドローンを使用し、株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパンの協力で映像伝送機能を取り入れた訓練を行った。


人命救助の現場におけるドローン活用法

 今回の訓練には福生警察署、 災害対策課(特殊救助隊)、 第九方面交通機動隊、 東京消防庁福生消防署、 国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所多摩川上流出張所、 福生市役所、 株式会社スカイシーカー、 株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパンといった官民が参加、連携して行われた。
 災害対策ドローンは、災害現場の状況確認、要救助者の捜索から発見、映像伝送機能による対策本部とのリアルタイムでの情報共有、要救助者への緊急物資(救命胴衣)の搬送を行った。

Inspire 1

 被災現場の状況確認にはDJI社製のInspire 1 を使用、4k画質のリアルタイム伝送映像で災害現場の確認を行い、 要救助者を発見した。
 要救助者への緊急物資搬送には、DJI社製で10月に発売が予定されているQS8を使った。このドローンは先に販売開始したwindシリーズをベースに、より汎用性を高めた最新型の災害対策用にしたもの。業界初のオンボード(制御基板)を搭載することで、 建物や樹木で電波が遮断されたとしてもGPS信号により目的地への自動着陸が可能となっている。カーボンボックスを標準搭載しており最大積載量は7.4kgであらゆる物資を運搬可能で、高い防水・防塵機能を備えているので全天候での運用でき、カメラマウントの拡張性も非常に高く赤外線カメラや可視光カメラといった特殊なカメラなど活用場面に合わせ搭載することができる。

※動画は限定公開中。

災害対策用ドローンパッケージの販売開始

株式会社スカイシーカーでは今回の訓練で使用したQSシリーズの機体に加え様々な特典をお付けしたパッケージを販売しています。

<パッケージ内容>
・機体(DJI社製 QSシリーズ)
・映像伝送用のタブレット機器
・対人・対物最大10億円の保険
・ドローンを安全に運用する為の特殊技能教習
・購入後の万全サポート

詳細カタログにつきましてはお電話又はメールにてお問い合わせ下さい。
電話番号:03-6260-8960
メールアドレス:info@skyseeker.jp

ドローン講習を実施

<講習名>
DJI CAMP (DJI認定スペシャリスト)

<開催場所>
東京都あきる野市
「戸倉しろやまテラス」
http://tokura-taiken.jp/

<受講基準>
・10時間以上の操縦基準を有するもの
・DJI製品を熟知しているもの

<内容>
-1日目-
・座学講習
・特殊訓練【夜間飛行・目視外飛行】

-2日目-
・筆記・実技試験

<DJI CAMP技術資格>
DJI CAMPは、 DJI JAPAN株式会社が、 DJI社の飛行プラットフォーム(DJI製品)を正しく、 安全に使用できる操縦者を育成するプログラムとしてDJI CAMPを発表しました。

この記事のライター

関連する投稿


スカイシーカー、産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」の第2回目開催決定

スカイシーカー、産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」の第2回目開催決定

産業用大型ドローンを使用した物資の搬送や物件投下に加え、夜間飛行、目視外飛行等の特殊飛行訓練も実施


スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

スカイシーカーの特殊訓練講習「Sky Camp」 目視外、夜間、物資輸送のノウハウを習得

ドローンによる害獣調査や災害対応などのソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)が、12月7日、8日の2日間にわたり、第1回目となる産業用ドローン操縦者育成プログラム「Sky Camp」を群馬県館林市と邑楽郡で開催した。2回目のSky Campは2018年3月中を予定している。


スカイシーカーが福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始

スカイシーカーが福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始

(株)スカイシーカーは(株)アルサと共同で12月13日より福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始した。


【橋梁・トンネル技術展】社会問題にドローン活用を提供するスカイシーカーと、ドローン用蓄電池のプライム・スターがタッグ

【橋梁・トンネル技術展】社会問題にドローン活用を提供するスカイシーカーと、ドローン用蓄電池のプライム・スターがタッグ

ドローンによる様々なソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)がプライム・スター株式会社(東京都港区)のドローン用蓄電池を販売、今回両社は共同で出展を行った。


東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

東京都あきる野市がドローンを使った救助救出の訓練を実施

11月19日。東京都あきる野市は、同市立の御堂中学校の校庭で、ドローンを用いた救助救出訓練を実施した。株式会社スカイシーカー(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐々木政聡)のパイロットがサポートを行い、訓練メニューは一般社団法人ドローン安全推進協議会(本部:東京都中央区、代表理事:井上幸彦)が作成した。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。