DJI、ドローン新モデル2種類をベルリン「IFA 2017」で発表

DJI、ドローン新モデル2種類をベルリン「IFA 2017」で発表

民生用ドローンで世界をリードするDJIは、 2 種類のドローン新モデル「MAVIC PRO PLATINUM」 と「PHANTOM 4 PRO OBSIDIAN」をベルリンで開催中の「IFA 2017」で、発表した。また「DJI SPARK」に対応する新機能「Sphere mode」を追加した。


静音モデルの「MAVIC PRO PLATINUM」

 「DJI MAVIC PRO PLATINUM」は、 Mavic Proの先進的な機能をすべて継承し、 さらにパワーアップした。 旅行好きな方や、 写真愛好家、 アウトドアスポーツを楽しむ方などに、 理想的な携帯性を提供する。
 飛行時間が11%増加し最大30分に延び、 飛行中のノイズも約60%軽減(※1)された。 また、コンパクトなボディは、 プラチナカラーに彩られてた。
 最大飛行時間の増加と飛行ノイズの低減は、 改良した電子速度コントローラー(ESC)とMavic Proとも互換性のある新設計のプロペラにより実現した。
  さらに、 DJI Mavic Pro Platinum は、 安定した4K カメラをはじめ、 最大4kmの伝送距離(※2)、 最大15m先までの障害物を検知できる画期的なFlightAutonomy(フライトオートノミー)技術を採用し、 簡単な操作で飛行を楽しめるインテリジェント・フライトモードが搭載された、 パワフルで使いやすいカメラドローンとなっている。

Mavic Pro Platinumについての詳細は、 下記参照。
http://www.dji.com/jp/mavic-pro-platinum

(※1)1 メートル以内で、 4dB
(※2)障害物がなく、 干渉がない状態

DJI PHANTOM 4 PRO OBSIDIAN: プロカメラマンに最適のドローン

 「PHANTOM 4 PRO」に新しいデザインの新モデルが登場した。 滑らかなマットグレーのオブシディアンカラー(黒曜石色)のマグネシウム製ボディに、 防指紋効果を施したジンバルを搭載している。
 「PHANTOM 4 PRO OBSIDIAN」は、 1インチの大型CMOS センサーを搭載し、 4K60fpsでの撮影が可能となっている。 本格的に空撮を行う全ての写真家と映像制作者に、 高い性能性と強力な画像処理システムを提供しする。

Phantom 4 Pro Obsidianについての詳細は以下参照。
http://www.dji.com/jp/phantom-4-pro

DJI SPARK: パノラマ撮影が可能に

Sphere mode(スフィアモード)

 手軽に撮影を楽しめるミニカメラドローン「DJI SPARK」は、 手のひらから離陸し、手のジェスチャーだけで操作できる初のコンシューマー向けドローン。
 パノラマ機能に新しく追加された「Sphere mode(スフィアモード)」では、 魚眼レンズ風のパノラマ写真を簡単に作成でき、 Sparkでの空撮をさらに楽しめるようになった。 スフィアモードで撮影した写真は、 すでにインタラクティブイメージに対応しているSNSへ直接シェアすることができる。 この新機能は、 近日中に公開される「DJI GO 4」アプリとSparkのファームウェア更新に搭載予定。
 前回のファームウェア更新で追加された下記の新機能は以下のとおり。

• ジェスチャーモードでの動画撮影機能「録画の開始 / 停止」
• QuickShot(クイックショット)機能における飛行設定の強化
• 180度のパノラマ写真作成と写真解像度の向上
• 「DJI GOGGLES」との完全統合
• PalmLaunch(パームローンチ)機能での離陸直後の安定性向上
• Dronie(ドローニー)モードでの操縦精度の向上

Sparkについての詳細は、 以下参照。
www.dji.com/spark

販売価格と販売時期

Mavic Pro Platinumの販売価格は144,800円(税込)
Mavic Pro Platinum Comboの販売価格は、 184,800円(税込)
Phantom 4 Pro Obsidianの販売価格は、 204,000円(税込)
Phantom 4 Pro+ Obsidianの販売価格は、 239,000円(税込)

なお、 両製品の日本における販売開始時期については、 公式ストア上にて、 改めて案内します。

この記事のライター

関連する投稿


DJIが横浜みなとみらいでピカチュウと空撮セルフィできるイベント 8/9-15

DJIが横浜みなとみらいでピカチュウと空撮セルフィできるイベント 8/9-15

Sparkでピカチュウと記念空撮できるイベント。


DJI Sparkのアンバサダーのレーサー根本悠生さんのドローンへの想い

DJI Sparkのアンバサダーのレーサー根本悠生さんのドローンへの想い

DJI Sparkの発表会で20代への普及を狙うアンバサダーとして登用された若手レーシングドライバーの根本悠生さん。5歳からレーシングカートをはじめて、すでに14年のキャリアを積んだベテランレーサー。そのキャリアとドローンへの想いを聞いた。


DJI SPARKのジェスチャー操作に採用されたインテルMovidius Myriad 2 VPUの実力

DJI SPARKのジェスチャー操作に採用されたインテルMovidius Myriad 2 VPUの実力

先ごろ発表されたDJIの小型ドローンSpark。その特長となる手のひらによるジェスチャー操作などの処理に、インテルはMovidius Myriad 2 VPU(ビジョン・プロセッシング・ユニット)が採用されたと発表した。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。