DJI、ドローン新モデル2種類をベルリン「IFA 2017」で発表

DJI、ドローン新モデル2種類をベルリン「IFA 2017」で発表

民生用ドローンで世界をリードするDJIは、 2 種類のドローン新モデル「MAVIC PRO PLATINUM」 と「PHANTOM 4 PRO OBSIDIAN」をベルリンで開催中の「IFA 2017」で、発表した。また「DJI SPARK」に対応する新機能「Sphere mode」を追加した。


静音モデルの「MAVIC PRO PLATINUM」

 「DJI MAVIC PRO PLATINUM」は、 Mavic Proの先進的な機能をすべて継承し、 さらにパワーアップした。 旅行好きな方や、 写真愛好家、 アウトドアスポーツを楽しむ方などに、 理想的な携帯性を提供する。
 飛行時間が11%増加し最大30分に延び、 飛行中のノイズも約60%軽減(※1)された。 また、コンパクトなボディは、 プラチナカラーに彩られてた。
 最大飛行時間の増加と飛行ノイズの低減は、 改良した電子速度コントローラー(ESC)とMavic Proとも互換性のある新設計のプロペラにより実現した。
  さらに、 DJI Mavic Pro Platinum は、 安定した4K カメラをはじめ、 最大4kmの伝送距離(※2)、 最大15m先までの障害物を検知できる画期的なFlightAutonomy(フライトオートノミー)技術を採用し、 簡単な操作で飛行を楽しめるインテリジェント・フライトモードが搭載された、 パワフルで使いやすいカメラドローンとなっている。

Mavic Pro Platinumについての詳細は、 下記参照。
http://www.dji.com/jp/mavic-pro-platinum

(※1)1 メートル以内で、 4dB
(※2)障害物がなく、 干渉がない状態

DJI PHANTOM 4 PRO OBSIDIAN: プロカメラマンに最適のドローン

 「PHANTOM 4 PRO」に新しいデザインの新モデルが登場した。 滑らかなマットグレーのオブシディアンカラー(黒曜石色)のマグネシウム製ボディに、 防指紋効果を施したジンバルを搭載している。
 「PHANTOM 4 PRO OBSIDIAN」は、 1インチの大型CMOS センサーを搭載し、 4K60fpsでの撮影が可能となっている。 本格的に空撮を行う全ての写真家と映像制作者に、 高い性能性と強力な画像処理システムを提供しする。

Phantom 4 Pro Obsidianについての詳細は以下参照。
http://www.dji.com/jp/phantom-4-pro

DJI SPARK: パノラマ撮影が可能に

Sphere mode(スフィアモード)

 手軽に撮影を楽しめるミニカメラドローン「DJI SPARK」は、 手のひらから離陸し、手のジェスチャーだけで操作できる初のコンシューマー向けドローン。
 パノラマ機能に新しく追加された「Sphere mode(スフィアモード)」では、 魚眼レンズ風のパノラマ写真を簡単に作成でき、 Sparkでの空撮をさらに楽しめるようになった。 スフィアモードで撮影した写真は、 すでにインタラクティブイメージに対応しているSNSへ直接シェアすることができる。 この新機能は、 近日中に公開される「DJI GO 4」アプリとSparkのファームウェア更新に搭載予定。
 前回のファームウェア更新で追加された下記の新機能は以下のとおり。

• ジェスチャーモードでの動画撮影機能「録画の開始 / 停止」
• QuickShot(クイックショット)機能における飛行設定の強化
• 180度のパノラマ写真作成と写真解像度の向上
• 「DJI GOGGLES」との完全統合
• PalmLaunch(パームローンチ)機能での離陸直後の安定性向上
• Dronie(ドローニー)モードでの操縦精度の向上

Sparkについての詳細は、 以下参照。
www.dji.com/spark

販売価格と販売時期

Mavic Pro Platinumの販売価格は144,800円(税込)
Mavic Pro Platinum Comboの販売価格は、 184,800円(税込)
Phantom 4 Pro Obsidianの販売価格は、 204,000円(税込)
Phantom 4 Pro+ Obsidianの販売価格は、 239,000円(税込)

なお、 両製品の日本における販売開始時期については、 公式ストア上にて、 改めて案内します。

この記事のライター

関連する投稿


DJIが横浜みなとみらいでピカチュウと空撮セルフィできるイベント 8/9-15

DJIが横浜みなとみらいでピカチュウと空撮セルフィできるイベント 8/9-15

Sparkでピカチュウと記念空撮できるイベント。


DJI Sparkのアンバサダーのレーサー根本悠生さんのドローンへの想い

DJI Sparkのアンバサダーのレーサー根本悠生さんのドローンへの想い

DJI Sparkの発表会で20代への普及を狙うアンバサダーとして登用された若手レーシングドライバーの根本悠生さん。5歳からレーシングカートをはじめて、すでに14年のキャリアを積んだベテランレーサー。そのキャリアとドローンへの想いを聞いた。


DJI SPARKのジェスチャー操作に採用されたインテルMovidius Myriad 2 VPUの実力

DJI SPARKのジェスチャー操作に採用されたインテルMovidius Myriad 2 VPUの実力

先ごろ発表されたDJIの小型ドローンSpark。その特長となる手のひらによるジェスチャー操作などの処理に、インテルはMovidius Myriad 2 VPU(ビジョン・プロセッシング・ユニット)が採用されたと発表した。


最新の投稿


VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

「ドローンカルチャー」を提案するVIEWN(ビューン)が、 ファッションブランド『JUN OKAMOTO』とコラボレーションをして、 ドローンフライトと様々な撮影シーンを想定したデザインしたシャツを制作。 VIEWNのオンラインストアで販売。


祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

かずら橋は国指定重要有形民俗文化財です。


大山千枚田を空撮

大山千枚田を空撮

千葉県にある棚田・大山千枚田


テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 韓国の通信企業LG U+(韓国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化した。


NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

~愛媛県の原子力防災訓練で利用、ドローンによる避難経路の被災状況の確認に成功~