日本ドローンビジネスサポート協会「aotori」静岡本部が御前崎市と防災協定を締結

日本ドローンビジネスサポート協会「aotori」静岡本部が御前崎市と防災協定を締結

一般社団法人 日本ドローンビジネスサポート協会「aotori」静岡本部は、静岡県御前崎市と災害時における協力に関する協定を締結したと発表した。


 今回の一般社団法人 日本ドローンビジネスサポート協会「aotori」静岡本部と静岡県御前崎市との「災害時における協力に関する協定」は、災害時に同協会が保有するドローン及びパイロットを現地に派遣し、 災害状況調査、行方不明者の捜索などの協力を行うとしている。
 協定締結では、 御前崎市消防書でドローン空撮及び各種機器のデモンストレーションを行い、消防署と市役所をオンラインでつなぎ空撮中継映像の確認を行った。
 同協会によると、今後は御前崎市と連携強化を図るとともに 協会会員の防災意識を向上させ、 ドローン操作技術の向上に努めるとしている。

「aotori」全国本部

代表理事 森本宏治 森本亜矢子
岡山市東区政津255−2
086-948-2761
info@drone-business.jp
http://www.drone-business.jp
http://www.aotori.jp

「aotori」静岡本部 (株式会社G&T)

代表取締役 増田亮
静岡県御前崎市池新田3164-1
0537-86-3215
info@skyeyejapan.com
http://www.skyeyejapan.com

この記事のライター

関連する投稿


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンビジネスのフランチャイズ「aotori」大阪説明会開催!

ドローンビジネスのフランチャイズ「aotori」大阪説明会開催!

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(本社:岡山県岡山市 代表理事:森本宏治 森本亜矢子 以下:DBA)は、ドローンビジネスのフランチャイズ「aotori」の大阪説明会を2017年6月1日(木)〜6月2日(金)に開催致します。


ドローンビジネスフランチャイズ「aotori(アオトリ)」が フランチャイズ募集

ドローンビジネスフランチャイズ「aotori(アオトリ)」が フランチャイズ募集

「空の産業革命」と位置付けられ、 インターネットやスマートフォンの普及期と同じ状況で発達しているドローン関連ビジネスに「参入する方」「新技術、 サービスを拡大したい方」をサポートするためのフランチャイズ募集を開始。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。