DJIがソフトウェアの脆弱性発見に報奨金を出すプログラム を開始 報告者には最大で3万ドル

DJIがソフトウェアの脆弱性発見に報奨金を出すプログラム を開始 報告者には最大で3万ドル

民生用ドローンで世界をリードする DJI は、ソフトウェアの脆弱性を発見した情 報提供者に対し報奨金を支払う Bug Bounty プログラム「The DJI Threat Identification Reward Program(脆弱性報奨プログラム)」を開始したと発表した。


脆弱性報奨プログラムにより、ソフトウェアのセキュリティを強化

 世界最大手の民生用ドローンメーカーのDJIは、ソフトウェアなどの脆弱性を発見し、その報告者に最大3万ドルの報奨金を支払う“Bug Bounty”プログラム「The DJI Threat Identification Reward Program(脆弱性報奨プログラム)」を開始したと発表した。
 今回のソフトウェア脆弱性報奨プログラムの目的は、ユーザーの個人情報や写真、動画、飛行ログなどの個人デー タの保全にとって、脅威となる脆弱性を発見した研究者や専門家の見識を蓄積するとともに、ジオフェンシングの制限や飛行高度制限、電源に関する警告など、アプリの強 制終了や飛行上の安全に影響を及ぼす問題点を発見することとしている。
 現在、プログラムの条件や応募フォーマット等を明記した、DJI のサーバー やアプリ、ハードウェアに関する脆弱性を報告するためのウェブサイトは作成中だが、脆弱性に 関する報告は、8月31日より、「 bugbounty@dji.com」で受付と専門家によるレビューが開始された。報奨金は発見されたセキュリティの脆弱性の深刻度によって、100 ドルから 30,000 ドルの範囲で情報提供者へ支払われる。

 DJI の技術担当デ ィレクターの Walter Stockwell 氏によると「DJI では、専門家や研究者からの情報や意見を取り入れ、製品の改善を続けたいと考えています。そこで、脆弱性やセキュリティ上の問題を発見し、情報提供頂いた方へ報奨金をお支払いするプログラムを開始しました」と述べている。

 これまでDJI のソフトウェアに関する問題については、セキュリティ研究者向けの公式な情報共有の場がなかったため、多くの研究者や専門家たちはSNS やフォーラムを活用し議論してきたが、今後は「各研究団体と協力し、専門家から寄せられる問題について、協力体制の実現と製品の改善 を共通目的に、取り組んでいきます」とStockwell 氏は研究者や専門家のからの情報を尊重するとしている。

この記事のライター

関連する投稿


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

無人航空機を飛行させるための地方航空局への申請について、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクターの弊社講師が、丁寧に解説いたします。


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。


DJI、Mavicシリーズに限定版となるMavic Pro Alpine Whiteを発表

DJI、Mavicシリーズに限定版となるMavic Pro Alpine Whiteを発表

DJI公式オンラインストアとApple.com、Apple Storeでの限定販売。


空撮用ドローンの存在感が際立つInter BEE 2017

空撮用ドローンの存在感が際立つInter BEE 2017

11月15日から17日までの3日間。一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:会長 長榮周作/パナソニック株式会社 取締役会長)は、幕張メッセ(千葉市美浜区)で、音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2017(インタービー2017)/[第53回]2017年国際放送機器展」を開催した。


ライオンズファシリティで「第11回 DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 11月24日

ライオンズファシリティで「第11回 DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 11月24日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


最新の投稿


VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

「ドローンカルチャー」を提案するVIEWN(ビューン)が、 ファッションブランド『JUN OKAMOTO』とコラボレーションをして、 ドローンフライトと様々な撮影シーンを想定したデザインしたシャツを制作。 VIEWNのオンラインストアで販売。


祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

かずら橋は国指定重要有形民俗文化財です。


大山千枚田を空撮

大山千枚田を空撮

千葉県にある棚田・大山千枚田


テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 韓国の通信企業LG U+(韓国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化した。


NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

~愛媛県の原子力防災訓練で利用、ドローンによる避難経路の被災状況の確認に成功~