スカイウィングス、ドローンセキュリティ製品を販売拡大

スカイウィングス、ドローンセキュリティ製品を販売拡大

株式会社スカイウィングスはハイクビジョンのロボティクス部門と提携し、 セキュリティドローン、 ドローン対策製品、 無人搬送機群の販売拡大を進めると発表した。


セキュリティカメラ世界最大手ハイクビジョンのロボティクス部門と提携

 株式会社スカイウィングスは、 セキュリティカメラ世界最大手のハイクビジョンのロボティクス部門と提携し、 セキュリティドローンやドローン対策製品を企業や官公庁へ拡販すると発表した。
 ハイクビジョンはセキュリティカメラで世界において高いシェアを保有するが、 一方で更に高度なロボティクス群へ開発を進め、 自社開発ドローンやドローンに最適化したアタッチメント群を開発してきた。 これらを組み合わせることにより企業ニーズに合わせてカスタムドローンの生産が可能となる。  既に多くの固定監視カメラが存在しているものの、セキュリティを考えた場合、死角が無い訳ではない。 このような現状で、既存の固定監視カメラ群ではカバーできない範囲をセキュリティドローンが将来担い、 未然に防ぐことへ貢献するとしている。

ハイクビジョンの開発したドローン

ドローンアタッチメント(カメラ、 スピーカー、 投光機、 搬送)

 また侵入ドローンの航行を阻止する製品も同時に展開。 こちらは、 現在中東やアフリカを中心に販売が急増しており、テロの高度化対策や意図しないドローンの飛び出しにおいて日本でもこうした製品の導入が将来的に必要と考え同社と提携したという。

ドローンの航行を不能にするジャマー製品

この記事のライター

関連する投稿


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。


株式会社スカイウィングス、日本初「ドローンに特化した人材紹介会社」設立

株式会社スカイウィングス、日本初「ドローンに特化した人材紹介会社」設立

株式会社スカイウィングスは2016年9月からドローン産業に特化した人材紹介事業を開始しました。


最新の投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。