「鎌倉を守る!」 鎌倉警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定を締結

「鎌倉を守る!」 鎌倉警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定を締結

神奈川県警鎌倉警察署(鎌倉市由比ガ浜、野﨑剛志署長)と一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀 本部:鎌倉市七里ガ浜東)は8月31日、大規模災害時のドローンによる被災現場情報収集などで防災協定を締結した。


ドローン活用で災害に強い鎌倉市を目指す

 神奈川県警鎌倉警察署(神奈川県鎌倉市由比ガ浜、署長:野﨑剛志)と鎌倉湘南地区の空撮やドローンパイロットの育成を行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)は8月31日、防災協定を締結した。同協会は、鎌倉署管内で地震や津波、風水害などの大規模災害発生時は、同署の要請でドローンによる被災現場の撮影など情報収集や人命救助にあたることになる。同協会によると今後は鎌倉市や消防本部などとも防災訓練など協力していきたいとしている。今回の締結で神奈川県警内の警察署がドローンに関係する防災協定を結ぶのは、瀬谷署、麻生署、金沢署についで4例目となった。
 防災協定締結後、鎌倉署内の講堂で関係者が見守る中、同協会の住吉尚人理事がドローンのデモフライトを行った。

防災協定署名後、記念写真に収まる(右から)鎌倉警察署の野﨑剛志署長、鎌倉ドローン協会の青栁正紀代表理事、同協会の住吉尚人理事=8月31日、神奈川県鎌倉市由比ガ浜の鎌倉警察署

 また今回の協定は、同協会の前身である「鎌倉ドローンパイロットグループ」活動時から、鎌倉市消防本部に協力して防災訓練などでドローンによる運用実験を行ってきた経緯を知った鎌倉署側からの要請で締結に至った。
 鎌倉署の野﨑剛志署長は協定締結後「鎌倉署管内には貴重な文化財多く、海も近い。大規模災害時には津波などが予想されている。首都圏に近いこともあり多数の観光客などが常時訪れる地域というこもあって、大きな被害も懸念されている。災害時には状況把握などにドローンを活用し、協会と情報共有して災害対応にあたってもらい、災害に強い鎌倉市を目指したい」と話した。
 同協会の青栁代表理事は「これまでも鎌倉市消防本部との防災訓練などを行ってきた。災害時には被災状況の確認や行方不明者の捜索、要救助者への支援など、警察官が確認することが困難な場所でドローンを活用したい。今後は鎌倉市内ににおいて防災訓練などを重ね、実際に役立てるように準備したい」と抱負を語った。

デモフライトで野﨑署長(右)にドローンについて説明する青栁代表理事。

デモフライトを行う住吉理事。

この記事のライター

関連する投稿


管内に多くの急傾斜地崩壊危険区域を抱える金沢警察署とセキドが防災協定を締結

管内に多くの急傾斜地崩壊危険区域を抱える金沢警察署とセキドが防災協定を締結

神奈川県警金沢署(横浜市金沢区泥亀、木原信一郎署長)とDJI社の正規代理店でありドローンのパイロット育成に力を入れている株式会社セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は7月28日、大規模災害時のドローンによる被災現場情報収集などで防災協定を締結した。


国立市と株式会社セキドが防災協定を締結 災害時にドローンで被災状況を収集

国立市と株式会社セキドが防災協定を締結 災害時にドローンで被災状況を収集

東京都国立市(永見理夫市長)とDJI社の正規代理店でありドローンのパイロット育成に力を入れている株式会社セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は3日、災害時のドローンによる被災現場情報収集などで防災協定を締結した。


最新の投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。