「鎌倉を守る!」 鎌倉警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定を締結

「鎌倉を守る!」 鎌倉警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定を締結

神奈川県警鎌倉警察署(鎌倉市由比ガ浜、野﨑剛志署長)と一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀 本部:鎌倉市七里ガ浜東)は8月31日、大規模災害時のドローンによる被災現場情報収集などで防災協定を締結した。


ドローン活用で災害に強い鎌倉市を目指す

 神奈川県警鎌倉警察署(神奈川県鎌倉市由比ガ浜、署長:野﨑剛志)と鎌倉湘南地区の空撮やドローンパイロットの育成を行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)は8月31日、防災協定を締結した。同協会は、鎌倉署管内で地震や津波、風水害などの大規模災害発生時は、同署の要請でドローンによる被災現場の撮影など情報収集や人命救助にあたることになる。同協会によると今後は鎌倉市や消防本部などとも防災訓練など協力していきたいとしている。今回の締結で神奈川県警内の警察署がドローンに関係する防災協定を結ぶのは、瀬谷署、麻生署、金沢署についで4例目となった。
 防災協定締結後、鎌倉署内の講堂で関係者が見守る中、同協会の住吉尚人理事がドローンのデモフライトを行った。

防災協定署名後、記念写真に収まる(右から)鎌倉警察署の野﨑剛志署長、鎌倉ドローン協会の青栁正紀代表理事、同協会の住吉尚人理事=8月31日、神奈川県鎌倉市由比ガ浜の鎌倉警察署

 また今回の協定は、同協会の前身である「鎌倉ドローンパイロットグループ」活動時から、鎌倉市消防本部に協力して防災訓練などでドローンによる運用実験を行ってきた経緯を知った鎌倉署側からの要請で締結に至った。
 鎌倉署の野﨑剛志署長は協定締結後「鎌倉署管内には貴重な文化財多く、海も近い。大規模災害時には津波などが予想されている。首都圏に近いこともあり多数の観光客などが常時訪れる地域というこもあって、大きな被害も懸念されている。災害時には状況把握などにドローンを活用し、協会と情報共有して災害対応にあたってもらい、災害に強い鎌倉市を目指したい」と話した。
 同協会の青栁代表理事は「これまでも鎌倉市消防本部との防災訓練などを行ってきた。災害時には被災状況の確認や行方不明者の捜索、要救助者への支援など、警察官が確認することが困難な場所でドローンを活用したい。今後は鎌倉市内ににおいて防災訓練などを重ね、実際に役立てるように準備したい」と抱負を語った。

デモフライトで野﨑署長(右)にドローンについて説明する青栁代表理事。

デモフライトを行う住吉理事。

この記事のライター

関連する投稿


古都鎌倉の名刹・長谷寺をドローン空撮 観音ミュージアムで公開予定

古都鎌倉の名刹・長谷寺をドローン空撮 観音ミュージアムで公開予定

古都鎌倉の名刹・長谷寺(鎌倉市長谷)では、同寺からの依頼で一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀、鎌倉市七里ガ浜東)が新緑に囲まれた自然豊かな境内の空撮を行った。空撮は今後、同寺の観音ミュージアムなどで公開予定。


「ドローンを防災に活用」 大船警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

「ドローンを防災に活用」 大船警察署と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

神奈川県警大船警察署(鎌倉市大船、野口博署長)と一般社団法人鎌倉ドローン協会(代表理事:青栁正紀 本部:鎌倉市七里ガ浜東)は2月27日、大規模災害時のドローンによる被災現場情報収集などの防災協定を締結した。同協会はすでに鎌倉市、鎌倉警察署とも同様の協定を結んでおり、鎌倉市内では3番目の締結事例となる。


古都鎌倉で文化財保護の消防訓練実施、訓練状況を初めてドローンで撮影

古都鎌倉で文化財保護の消防訓練実施、訓練状況を初めてドローンで撮影

古都鎌倉の龍宝寺(鎌倉市植木)で、鎌倉市消防本部などによる文化財保護のための消防訓練が1月24日実施された。訓練は鎌倉市内の寺社で毎年「文化財防火デー」に合わせ行われいるもので、今年は初めて一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜)も参加、2機のドローンで上空から訓練の模様を撮影した。


鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式でドローン初出動、消防総合訓練を中継 鎌倉ドローン協会

鎌倉市消防出初式で消防総合訓練が、6日、鎌倉市山崎の山崎浄化センターで行われ、鎌倉ドローン協会によるドローンのデモンストレーションが行われた。同市と同協会は、昨年防災協定を締結したことから、鎌倉市出初式でドローンを使った被災地域の状況把握を想定した映像中継が初めて行われた。


「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

「古都鎌倉を災害に強い防災都市に」 鎌倉市と鎌倉ドローン協会が防災協定締結

神奈川県鎌倉市(神奈川県鎌倉市御成町、市長:松尾 崇)と鎌倉湘南地区の空撮やドローンパイロットの育成を行っている一般社団法人鎌倉ドローン協会(鎌倉市七里ガ浜東、代表理事:青栁正紀)は12月1日、災害時に協力する防災協定を締結し調印した。


最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。