ドローンカルチャーを提案するVIEWNが、Drone × Artプロジェクトを開始

ドローンカルチャーを提案するVIEWNが、Drone × Artプロジェクトを開始

VIEWN(ビューン)は「ドローンを愉しみましょう 」をスローガンに、 ドローン未経験者や、 ビギナーを対象にしたセミナーを開催するとtもに、オリジナルのウェアやハットなどを開発するなど、 ”ドローンを愉しむカルチャー”の創出に取り組んでいる。 その一環として、 ドローンをモチーフにしたアート作品の制作と販売を開始。


第1弾はスタイリッシュな作品で人気の版画家 小井田 由貴(こいだ ゆき)さんの作品

 家にいる時に身の回りに気持ちを豊かにしてくれるアート作品があると、潤いを感じられるもの。 その作品がドローンをモチーフにしたものであれば、 またプロペラを回す日を楽しみにしながら毎日を過ごすことができるのではないか。
 そんな「ドローンを愉しむライフスタイル」の一環として、VIEWNでは 「Drone × Art」プロジェクトを開始した。
 プロジェクト第一弾は、 版画家の小井田由貴によるVIEWNオリジナルの作品を販売する。

小出田由貴さんプロフィール

小井田 由貴 (版画家)
東京都生まれ
武蔵野美術大学短期大学部卒業
青森県三戸町立現代版画研究所修了
1997年より雑誌や広告を中心に活動を開始する
http://yukikoida.com/

『Drones』 (VIEWNオリジナル作品) by 小井田由貴 ¥59,400(税込)
木版画の上に筆でペイント 50.5cm x 50.5cm(シルバーフレーム付き)

『Propellers』(VIEWNオリジナル作品) by 小井田由貴 ¥59,400(税込)
木版画の上に筆でペイント 50.5cm x 50.5cm(シルバーフレーム付き)

『Drones(Small)』 (VIEWNオリジナル作品) by 小井田由貴 ¥32,400(税込)
木版画の上に筆でペイント 50.5cm x 50.5cm(シルバーフレーム付き)

エディションは各30ですが、 木版画の特性による摺り加減と、 その上に筆でペイントしていることから、 同じ作品でもエディションによってディテールや色味が異なる。

なおプロジェクト第2弾として、 漫画家としても活躍中のイラストレーターconix氏のVIEWNオリジナル作品を使用したTシャツなどのグッズ制作を進めており、 9月中にも販売を予定している。写真はconix氏の作品(VIEWNオリジナル作品は別途制作中)

VIEWN Tokyo Base

所在地 :〒135-0064 東京都江東区青海2丁目7-4 the SOHO 1F
※営業時間/定休日ともに変則的にオープンしているので、 来店の前に必ずWEBとSNSで確認が必要
URL : http://viewn.co/
Email :info@viewn.co
電話 :03-5579-6373
※VIEWNのWEBサイトのイベントカレンダー上で『STORE』と記載された時間帯のみ繋がる

■VIEWNについて
ドローンを「レジャーの一環として愉しむ」スタイルを提案しています。 正しく安全に飛行させるための知識を提供するセミナーを開催するほか、 ウェアやギアなどのドローンに関する商品の開発と販売を行うことで、 「ドローンカルチャー」の創出とドローン人口の拡大を目指しています。

代表者のプロフィールやブランドコンセプトなどは、 前回のプレスリリース
『ドローンカルチャーの発信拠点『VIEWN(ビューン)』 7月12日お台場にオープン』
をご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000026889.html

この記事のライター

関連するキーワード


VIEWN ビューン アート

関連する投稿


VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

「ドローンカルチャー」を提案するVIEWN(ビューン)が、 ファッションブランド『JUN OKAMOTO』とコラボレーションをして、 ドローンフライトと様々な撮影シーンを想定したデザインしたシャツを制作。 VIEWNのオンラインストアで販売。


VIEWNがイラストレーター/マンガ家 conixとのコラボTシャツ&トートバッグを発売

VIEWNがイラストレーター/マンガ家 conixとのコラボTシャツ&トートバッグを発売

お台場を拠点に”ドローンカルチャー”を提案するVIEWN(ビューン)が、 Drone × Artプロジェクトの第2弾として、 コミックタッチな絵柄が国内外問わず支持されているイラストレーターでありマンガ家としても活躍中の”conix”とのコラボレーションTシャツとトートバッグを発売。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。