Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

8月24日。アフリカのルワンダで固定翼ドローンによる医療物資の空輸を提供しているZipline社(本社:米国カリフォルニア州、代表:ケラー リナウド)は、アフリカのタンザニアで100機以上のドローン空輸網を整備すると発表した。


4つの物流センターで1日に2,000フライトを計画

ルワンダの物流センターでは現地スタッフが運営している

 タンザニア政府の発表によれば、ドローンによる空輸を実現するために、国内に4つの物流センターを開設し、各所に最大で30機のドローンを配備する計画。各物流センターからは、1日に最大で500回のドローン空輸が可能。すべての物流センターが完成すれば、最大で1日に2,000フライトを実現する。Ziplineの固定翼ドローンは、1.5kgのペイロードがあり時速110kmの速度で飛行し、160kmの距離を往復できる。その機体はカタパルトを使って打ち出され、物資を届ける場所にくると旋回して飛行高度を下げ、パラシュートのついた箱を投下する。投下後は再び上昇し、物流センターに帰還してネットで回収される。配達地点に着陸しないので、医療施設側には特別な設備を設置する必要がなく、自動航行の精度さえ正確ならば、半径80km以内の地域に平均で30分以内に医療物資を配送できる。タンザニア政府は、最初の物流センターを首都ドドマに開設し、2018年の第1四半期から飛行を開始する予定。タンザニアの医療局長Laurean Bwanakunu(ローラン・バナクヌ)氏は「私たちは5,640の公衆衛生施設に、必要な医薬品や医療用品に試験用試薬を、どこにでも配送できるように努力していきます」と話す。またタンザニア保健省の常務長官のMpoki Ulisubisya(モポキ ウリスビシャ)博士は「私たちのビジョンは、社会的幸福を向上させ、個人や国の発展に効果的に貢献する健全な社会を実現することです。 Ziplineとの協力は、そのビジョンの実現に役立ちます」と語る。
 Ziplineは、2016年10月からアフリカのルワンダで最初のドローン空輸サービスを開始し、これまでに1,400回以上の飛行で2,600回を越える血液の空輸を行ってきた。その総飛行距離は10万kmを越える。同社の公開している最新の動画によれば、ルワンダでのドローン空輸は現地のスタッフによって運営されている。そして短時間の血液の空輸によって、多くの命が救われている。同社CEOの ケラー リナウド氏は「世界中の何百万という人たちが、必要なときに必要な薬を手に入れられないために、命を失っています。我々のドローン空輸は、この問題を解決する一助になります」と話す。

Ziplineによるドローン空輸は目的地でパラシュートのついた医療物資を投下する

この記事のライター

関連する投稿


ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

東アフリカのテックカントリー、ルワンダ発のドローンイノヴェイションを生み出したZiplineが、タンザニアで大規模な配送センターを開始することを発表した。


アイスランドのレイキャビクでドローン中継による配送サービスが始まる

アイスランドのレイキャビクでドローン中継による配送サービスが始まる

アイスランドの通販会社のAha社(本社:アイスランド、代表:マーロン クリストファーソン)は、Flytrex社(本社:イスラエル、代表:ヤリウ゛ バッシュ)の開発したドローンを使って、レイキャビク地域の湾を空輸するサービスを開始した。


ドローン医療品配達サービスのZiplineが2500万ドルを調達、ルワンダなどで人道的なビジネス拡大へ

ドローン医療品配達サービスのZiplineが2500万ドルを調達、ルワンダなどで人道的なビジネス拡大へ

ドローンによる医療品の配達サービスを展開するZipline International Inc.が、シリーズBで2500万ドルを調達した。今回調達した資金によって、ルワンダ、米国などで同社の人道的なビジネスを拡大していく予定だ。


ジップライン(Zipline) 未来の医療に挑戦する米国のドローンベンチャー

ジップライン(Zipline) 未来の医療に挑戦する米国のドローンベンチャー

 米国カリフォルニア州に本社のあるジップライン社(Zipline)は、独自に開発した機体と飛行技術により、医療機関向けの空輸システムに取り組んでいる。アフリカのルワンダ政府とパートナシップを結び、飛行基地から半径約60kmの地域にある20の病院に、この夏からワクチンや薬に血液などの空輸を開始する計画。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。