Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

Ziplineがタンザニアで世界最大のドローン空輸網を整備すると発表

8月24日。アフリカのルワンダで固定翼ドローンによる医療物資の空輸を提供しているZipline社(本社:米国カリフォルニア州、代表:ケラー リナウド)は、アフリカのタンザニアで100機以上のドローン空輸網を整備すると発表した。


4つの物流センターで1日に2,000フライトを計画

ルワンダの物流センターでは現地スタッフが運営している

 タンザニア政府の発表によれば、ドローンによる空輸を実現するために、国内に4つの物流センターを開設し、各所に最大で30機のドローンを配備する計画。各物流センターからは、1日に最大で500回のドローン空輸が可能。すべての物流センターが完成すれば、最大で1日に2,000フライトを実現する。Ziplineの固定翼ドローンは、1.5kgのペイロードがあり時速110kmの速度で飛行し、160kmの距離を往復できる。その機体はカタパルトを使って打ち出され、物資を届ける場所にくると旋回して飛行高度を下げ、パラシュートのついた箱を投下する。投下後は再び上昇し、物流センターに帰還してネットで回収される。配達地点に着陸しないので、医療施設側には特別な設備を設置する必要がなく、自動航行の精度さえ正確ならば、半径80km以内の地域に平均で30分以内に医療物資を配送できる。タンザニア政府は、最初の物流センターを首都ドドマに開設し、2018年の第1四半期から飛行を開始する予定。タンザニアの医療局長Laurean Bwanakunu(ローラン・バナクヌ)氏は「私たちは5,640の公衆衛生施設に、必要な医薬品や医療用品に試験用試薬を、どこにでも配送できるように努力していきます」と話す。またタンザニア保健省の常務長官のMpoki Ulisubisya(モポキ ウリスビシャ)博士は「私たちのビジョンは、社会的幸福を向上させ、個人や国の発展に効果的に貢献する健全な社会を実現することです。 Ziplineとの協力は、そのビジョンの実現に役立ちます」と語る。
 Ziplineは、2016年10月からアフリカのルワンダで最初のドローン空輸サービスを開始し、これまでに1,400回以上の飛行で2,600回を越える血液の空輸を行ってきた。その総飛行距離は10万kmを越える。同社の公開している最新の動画によれば、ルワンダでのドローン空輸は現地のスタッフによって運営されている。そして短時間の血液の空輸によって、多くの命が救われている。同社CEOの ケラー リナウド氏は「世界中の何百万という人たちが、必要なときに必要な薬を手に入れられないために、命を失っています。我々のドローン空輸は、この問題を解決する一助になります」と話す。

Ziplineによるドローン空輸は目的地でパラシュートのついた医療物資を投下する

この記事のライター

関連する投稿


ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

ルワンダ発の「救命ドローン」スタートアップ、Ziplineがタンザニアに新拠点

東アフリカのテックカントリー、ルワンダ発のドローンイノヴェイションを生み出したZiplineが、タンザニアで大規模な配送センターを開始することを発表した。


アイスランドのレイキャビクでドローン中継による配送サービスが始まる

アイスランドのレイキャビクでドローン中継による配送サービスが始まる

アイスランドの通販会社のAha社(本社:アイスランド、代表:マーロン クリストファーソン)は、Flytrex社(本社:イスラエル、代表:ヤリウ゛ バッシュ)の開発したドローンを使って、レイキャビク地域の湾を空輸するサービスを開始した。


ドローン医療品配達サービスのZiplineが2500万ドルを調達、ルワンダなどで人道的なビジネス拡大へ

ドローン医療品配達サービスのZiplineが2500万ドルを調達、ルワンダなどで人道的なビジネス拡大へ

ドローンによる医療品の配達サービスを展開するZipline International Inc.が、シリーズBで2500万ドルを調達した。今回調達した資金によって、ルワンダ、米国などで同社の人道的なビジネスを拡大していく予定だ。


ジップライン(Zipline) 未来の医療に挑戦する米国のドローンベンチャー

ジップライン(Zipline) 未来の医療に挑戦する米国のドローンベンチャー

 米国カリフォルニア州に本社のあるジップライン社(Zipline)は、独自に開発した機体と飛行技術により、医療機関向けの空輸システムに取り組んでいる。アフリカのルワンダ政府とパートナシップを結び、飛行基地から半径約60kmの地域にある20の病院に、この夏からワクチンや薬に血液などの空輸を開始する計画。


最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。