日本おもちゃ大賞 2017 優秀賞受賞「ラジオコントロール レーシングテトラル」8 月 30 日発売

日本おもちゃ大賞 2017 優秀賞受賞「ラジオコントロール レーシングテトラル」8 月 30 日発売

バンダイナムコグループの株式会社シー・シー・ピー(東京都台東区)はド ローンレースやバトルプレイ、シューティングゲームなど様々な楽しみ方ができるラジオコントロール のドローン玩具、「レーシングテトラル」(9,480 円・税抜/10,238 円・税込)を 8 月 30 日に発売。


ブルーとレッドの 2 カラーを用意
「レーシングテトラル」(9,480 円・税抜/10,238 円・税込)

ドローンレースやバトルプレイが楽しめる

「レーシングテトラル」は、「日本おもちゃ大賞 2017」のボーイズ・トイ部門で優秀賞を受賞した商品で、 6 月に開催された「東京おもちゃショー2017」でも話題となった。専用アプリをダウンロードしてスマホと連動させれば、臨場感あるサウンドやタイムや周回数な どの記録のカウント機能を使うことができる。(アプリは CCP の HP からもダウンロードが可能)

ドローン、コントローラー、プレイベースのセット ※ドローンは1セットに1台

〇ドローンレース 最大8台まで同時レースが可能
 プレイベースを起点に設定したコースを周回、周回ラップと回数をベースが自動カウントする。3 周 するとベースからゴール音が鳴ります。最速飛行を目指して最大 8 台で同時レースが可能で、専用アプ リでスマホと連動させて、プレイベースを通過時のタイムラップや順位を実況表示できる。

〇バトルプレイ プレイベースを的に1台でも楽しめる
 コントローラーのシューティングボタンを押すとサウンドと共に赤外線ミサイルを発射、レース中は 相手のドローンを攻撃しながらのバトルレースが楽しめる他、1 人の時はプレイベースを的にした対戦が可能で、ベースからも反撃があるので油断できない。ミサイルが命中するとドローンがフラフラして当 たったことが実感できる臨場感も楽しめる。スマホと連動すれば攻撃とダメージを画面に表示する。

 気圧センサー搭載で安定飛行を実現、ビギナーモードは片手操作でレースができ、慣れたらドローンモードで繊細な飛行アクションを楽しめる。

バトルモード時プレイベースは立てて使用。赤外線対戦の的にする。

この記事のライター

関連する投稿


シー・シー・ピー、気圧センサー搭載の超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発売

シー・シー・ピー、気圧センサー搭載の超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発売

 株式会社バンダイ(東京都台東区)の子会社である株式会社シー・シー・ピー(東京都台東区)は、撮影動画をスマートフォンやタブレットで見ながら操縦することができる超小型ドローン、「リアルライブテトラル」(12,000円税別)を3月24日(金)に発売すると発表した。


CCP、ドローンモード対応のラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」7,538円

CCP、ドローンモード対応のラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」7,538円

シー・シー・ピーは、ラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」を発表。3月17日より発売する。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。