日本おもちゃ大賞 2017 優秀賞受賞「ラジオコントロール レーシングテトラル」8 月 30 日発売

日本おもちゃ大賞 2017 優秀賞受賞「ラジオコントロール レーシングテトラル」8 月 30 日発売

バンダイナムコグループの株式会社シー・シー・ピー(東京都台東区)はド ローンレースやバトルプレイ、シューティングゲームなど様々な楽しみ方ができるラジオコントロール のドローン玩具、「レーシングテトラル」(9,480 円・税抜/10,238 円・税込)を 8 月 30 日に発売。


ブルーとレッドの 2 カラーを用意
「レーシングテトラル」(9,480 円・税抜/10,238 円・税込)

ドローンレースやバトルプレイが楽しめる

「レーシングテトラル」は、「日本おもちゃ大賞 2017」のボーイズ・トイ部門で優秀賞を受賞した商品で、 6 月に開催された「東京おもちゃショー2017」でも話題となった。専用アプリをダウンロードしてスマホと連動させれば、臨場感あるサウンドやタイムや周回数な どの記録のカウント機能を使うことができる。(アプリは CCP の HP からもダウンロードが可能)

ドローン、コントローラー、プレイベースのセット ※ドローンは1セットに1台

〇ドローンレース 最大8台まで同時レースが可能
 プレイベースを起点に設定したコースを周回、周回ラップと回数をベースが自動カウントする。3 周 するとベースからゴール音が鳴ります。最速飛行を目指して最大 8 台で同時レースが可能で、専用アプ リでスマホと連動させて、プレイベースを通過時のタイムラップや順位を実況表示できる。

〇バトルプレイ プレイベースを的に1台でも楽しめる
 コントローラーのシューティングボタンを押すとサウンドと共に赤外線ミサイルを発射、レース中は 相手のドローンを攻撃しながらのバトルレースが楽しめる他、1 人の時はプレイベースを的にした対戦が可能で、ベースからも反撃があるので油断できない。ミサイルが命中するとドローンがフラフラして当 たったことが実感できる臨場感も楽しめる。スマホと連動すれば攻撃とダメージを画面に表示する。

 気圧センサー搭載で安定飛行を実現、ビギナーモードは片手操作でレースができ、慣れたらドローンモードで繊細な飛行アクションを楽しめる。

バトルモード時プレイベースは立てて使用。赤外線対戦の的にする。

この記事のライター

関連する投稿


シー・シー・ピー、気圧センサー搭載の超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発売

シー・シー・ピー、気圧センサー搭載の超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発売

 株式会社バンダイ(東京都台東区)の子会社である株式会社シー・シー・ピー(東京都台東区)は、撮影動画をスマートフォンやタブレットで見ながら操縦することができる超小型ドローン、「リアルライブテトラル」(12,000円税別)を3月24日(金)に発売すると発表した。


CCP、ドローンモード対応のラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」7,538円

CCP、ドローンモード対応のラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」7,538円

シー・シー・ピーは、ラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」を発表。3月17日より発売する。


最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。