日本おもちゃ大賞 2017 優秀賞受賞「ラジオコントロール レーシングテトラル」8 月 30 日発売

日本おもちゃ大賞 2017 優秀賞受賞「ラジオコントロール レーシングテトラル」8 月 30 日発売

バンダイナムコグループの株式会社シー・シー・ピー(東京都台東区)はド ローンレースやバトルプレイ、シューティングゲームなど様々な楽しみ方ができるラジオコントロール のドローン玩具、「レーシングテトラル」(9,480 円・税抜/10,238 円・税込)を 8 月 30 日に発売。


ブルーとレッドの 2 カラーを用意
「レーシングテトラル」(9,480 円・税抜/10,238 円・税込)

ドローンレースやバトルプレイが楽しめる

「レーシングテトラル」は、「日本おもちゃ大賞 2017」のボーイズ・トイ部門で優秀賞を受賞した商品で、 6 月に開催された「東京おもちゃショー2017」でも話題となった。専用アプリをダウンロードしてスマホと連動させれば、臨場感あるサウンドやタイムや周回数な どの記録のカウント機能を使うことができる。(アプリは CCP の HP からもダウンロードが可能)

ドローン、コントローラー、プレイベースのセット ※ドローンは1セットに1台

〇ドローンレース 最大8台まで同時レースが可能
 プレイベースを起点に設定したコースを周回、周回ラップと回数をベースが自動カウントする。3 周 するとベースからゴール音が鳴ります。最速飛行を目指して最大 8 台で同時レースが可能で、専用アプ リでスマホと連動させて、プレイベースを通過時のタイムラップや順位を実況表示できる。

〇バトルプレイ プレイベースを的に1台でも楽しめる
 コントローラーのシューティングボタンを押すとサウンドと共に赤外線ミサイルを発射、レース中は 相手のドローンを攻撃しながらのバトルレースが楽しめる他、1 人の時はプレイベースを的にした対戦が可能で、ベースからも反撃があるので油断できない。ミサイルが命中するとドローンがフラフラして当 たったことが実感できる臨場感も楽しめる。スマホと連動すれば攻撃とダメージを画面に表示する。

 気圧センサー搭載で安定飛行を実現、ビギナーモードは片手操作でレースができ、慣れたらドローンモードで繊細な飛行アクションを楽しめる。

バトルモード時プレイベースは立てて使用。赤外線対戦の的にする。

この記事のライター

関連する投稿


シー・シー・ピー、気圧センサー搭載の超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発売

シー・シー・ピー、気圧センサー搭載の超小型ドローン「リアルライブテトラル」を発売

 株式会社バンダイ(東京都台東区)の子会社である株式会社シー・シー・ピー(東京都台東区)は、撮影動画をスマートフォンやタブレットで見ながら操縦することができる超小型ドローン、「リアルライブテトラル」(12,000円税別)を3月24日(金)に発売すると発表した。


CCP、ドローンモード対応のラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」7,538円

CCP、ドローンモード対応のラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」7,538円

シー・シー・ピーは、ラジコン飛行機「ハイブリッドウイング」を発表。3月17日より発売する。


最新の投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。