ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

 ドローンによる空撮事業を手掛ける株式会社ダイヤサービス(千葉市)は、本社を構える千葉市花見川区畑町の町会組織「畑町防災会」と「ドローン活用に関する災害発生時の防災協力協定」を締結すると発表した。


 締結するのは9月11日で、当日はフライトのデモンストレーションも行う。協定の提携により、ダイヤ社は、災害時にドローンを出動させて現場を空撮し、初期情報収集や、二次災害防止対策に協力する。…この記事の続きを読む

情報提供元:株式会社ダイヤサービス
http://www.daiyaservice.com/2016/09/01/pressrelease_drone/

この記事のライター

関連する投稿


Coaidoとダイヤサービス、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結

Coaidoとダイヤサービス、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結

Coaido株式会社(東京都文京区)と、 株式会社ダイヤサービス(千葉県千葉市)は、 下記のとおり、 緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結した。


リアルグローブとEDAC、 Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)でUTM連携し、 ドローンを活用した災害対応実証に成功

リアルグローブとEDAC、 Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)でUTM連携し、 ドローンを活用した災害対応実証に成功

株式会社リアルグローブと一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会は、業務コミュニケーションツールであるHec-Eye(TM)(ヘックアイ)をUTMと連携して、要救助者を捜索する実証に成功したと発表した。


ドローン駆使し実践訓練  麻生警察署で初の試み

ドローン駆使し実践訓練 麻生警察署で初の試み

 神奈川県警麻生警察署(川崎市、田中正博署長)は、ドローンを使った大震災を想定した総合訓練を9月1日に行った。神奈川県全域・東京多摩地域の情報紙・タウンニュースが伝えた。


火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

救助活動や災害現場で活躍するといわれているドローンだが、ニューヨーク市消防局ことFDNY(Fire Department of the City of New York)では、公式認定されたドローンと専用の運用システムの現場活用をすでに始めている。


NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

―つり下げ型の電磁探査システムで車両位置の特定実験に成功―


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。