【慶大×田村市】慶大・南政樹氏 生徒がドローンでフェスに参加する意義

【慶大×田村市】慶大・南政樹氏 生徒がドローンでフェスに参加する意義

 9月9日に田村市で開催される音楽フェスに、福島県立船引高校(福島県田村市)でドローン特別講座を受講している生徒がドローン空撮などで参加する。指導を担っている慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長(政策・メディア研究科特任助教)に、生徒が参加する意義を聞いた。


教科書より、先生の話より多くを得る〝ホンモノ体験〟

 ――9月9日の音楽フェス「One―Nation」に、生徒が参加することになりました
 「フェス会場の空撮と、会場に設けるブースでの体験フライトのサポートで参加してもらうつもりです。開演前の準備の様子や、地元の発表ステージ、観客の様子などを決められたエリアで撮影できればいいと思っています。どう撮ればカッコよくなるか、盛り上がりや楽しさが伝わるかなど、工夫が必要になると思います。また体験ブースでは、ドローンに触れたことがない方もいらっしゃるでしょうから、そういった方にどうすれば魅力を伝えられるかが工夫のしどころでしょう」
 ――生徒達にとっての意義は?
 「ぼくは彼らに、井の中の蛙であってほしくない。そのために、ホンモノの体験をして欲しいと思っています。ホンモノでしか、ぶっつけ本番でしか得られないことがあるからです。今回の音楽フェスは、地元の田村市も関わる、その場限りのホンモノのイベントです。生徒達はおっかなびっくりで参加することになるかもしれません。だから本気で考え抜いて、何をするか、しないかを決めるでしょう。それがよかったか、そうでなかったかの結論も出ます。これは、どんな優れた教科書よりも、立派な先生の話よりも、得られるモノが多いはずです」
 ――フェス参加は、生徒にとって貴重な〝ホンモノ体験〟になると?
「貴重です。ホンモノが貴重であることは、災害対策を考えればわかります。日頃の訓練はできますが、ホンモノ体験は災害現場しかない。つまり、体験を積むための提供はできないわけです。それだけ貴重です。でもドローンで空撮では、ホンモノは提供できます。なぜなら、地域や自治体には、季節のお祭りや行事などの貴重なコンテンツがいっぱいあるからです。地元の人は、当たり前になりすぎて、それを貴重だとすら考えないかもしれませんが、それが実は貴重なホンモノ体験になります。ホンモノ体験をすれば、自信がつき、成長できます。おそらくフェスに参加した生徒は、ドローンを飛ばしたことがある人? と聞かれれば、胸を張って飛ばしたことがある、と答えられるでしょう。ドローンのオペレーターが足りない、という声を聞きますが、彼らは貴重な人材となります」
――田村市にもたらす効果は何か考えられますか
 「これまで、ドローンを飛ばす生徒を育て、飛ばすホンモノの体験を提供できる環境を作ってきました。生徒はこれから、ドローンで撮影した地元の魅力を納めた映像を、公開していくことになります。公開された映像は、そういった環境を探している人々を引き寄せます。それまで『当たり前』としか思っていなかった地元の人々も、それを地元の誇り、と捉え直すことができます。そのときに改めてドローン人材を育てることの大切さがわかってきます。素でおられる方々が地元をもっと誇らしく思えるようになり、外からも人が立ち寄る循環が生まれるようにしたい。それを『田村モデル』として、地方創生のひとつの事例として、広くヨコ展開をしたいと考えています」

田村市にある福島県立船引高校でドローン特別講座の指導を担う、南政樹・慶大ドローン社会共創コンソーシアム事務局長

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点に活動しているドローン研究の「ドロゼミ」メンバーが、人口集中地区での空撮依頼に対応することを想定し、いわゆる包括申請をするなど、実践的な取り組む。身に着けた知識、技量を社会で生かす力も育み、即戦力となるための準備に入った。


【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

 慶應義塾大学とのドローン包括連携をきっかけに、ドローン活用の取り組みに力を入れている福島県田村市は、ドローンに関連する知見を集め、地域や社会、参加者に還元する「ドローンコンソーシアムたむら」を設立させる。ドローン活用に意欲的な法人、個人の会員を市内外から広く募る。3月下旬に設立総会を開く。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。