DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。


データの保護を強化する「ローカルデータモード」開発

 大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。これは「気密性の高い政府や企業顧客向けにデータのプラバシー保護を強化するため」の措置としている。またローカルデータモードについては数ヶ月前から開発を進めており、数週間後には「DJI GO」「DJI GO 4」「DJI XT PRO」「DJI PILOT」「GRAND STATION PRO」などの DJI アプリの今後のバージョン に順次搭載される。
 このローカルデータモードを実行すると、実質的にオフライン環境下でドローンの運用をすることができ、フライトログや空撮データ、位置情報の流出が防止され、操縦アプリが外部から攻撃されるリスクも抑えられる。一方、インターネット通信が遮断されることにより、これまで活用してきた地図やジオフェンフシング情報を更新できなくなり、新たな飛行制限やソフトウェア更新情報も通知されなくなる。

1強への風圧

 今回のローカルデータモードの開発発表は、今月上旬に米国陸軍がDJI製ドローンの使用禁止を通達する数カ月前から新モードの開発を進めていたとはいえ、DJIがこうした米国陸軍の動きを意識しているとみられても不自然ではないだろう。米国陸軍によると「DJI 製品関連したサイバーセキュリティの脆弱性が高まった」からだとして、DJIのアプリケーションはすべてアンインストールし、バッテリーと記録メディアを外した上で、次の指示があるまで保持しておくよう通達したとロイター通信は伝えている。
 もともとDJI製品については、フライトコントローラがオープンコードではなく、例えば事故や故障などが発生した場合、フライトログはDJIに送らないと分からないなど問題視する声があり、ユーザー側の懸念としてしばしば指摘されてきた。

 こうした動きを注視している関係者は多く、様々な反響がおきている。中でも注目したい意見として、ドローンの社会的な利活用の時代が訪れ、本格化に向けての米国の圧力ではないかというもの。ドローンジャパン取締役会長の春原久徳氏は自身のフェイスブックの中で「米国は、業務の中でDJI機体の利用が増える中で、フライトログの扱いやトラブルの解析などに関して、DJIと交渉するためのカードを出してきた」と発言している。

新モードでユーザーのプライバシー厳守

 いずれにしても今回のDJIの対応は素早く、ローカルデータモードの開発は評価できるものだ。世界70%のシェアを占めるだけにDJIの技術力は高く、米国も見逃せない存在ということなのだろう。米国陸軍の言う「サイバーセキュリティの脆弱性」の意味は明らかではないものの、DJIは米国防総省に協力する意向を表明している。
 DJI の政策法務担当バイスプレジデントのBrendan Schulman氏は「機密性の高い業務を行う、世界中の公的機関や民間企業をはじめ とする産業向けの顧客ニーズに対応するローカルデータモードを開発し、ユーザーの写真 やビデオ、フライトログのプライバシーを厳守することに全力を尽くしています」と述べている。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI ローカルデータモード

関連する投稿


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社は、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fundを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

無人航空機を飛行させるための地方航空局への申請について、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクターの弊社講師が、丁寧に解説いたします。


最新の投稿


インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

インプレス、 世界のドローンビジネスの動向を分析 『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』 12月21日発行

株式会社インプレス(東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、 新産業調査レポート『ドローンビジネス調査報告書2018【海外動向編】』を12月21日(木)より発売する。


インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

インテルのFalcon8+ドローンが15世紀のドイツの大聖堂を検査

2017年12月13日。米国インテルは、Falcon8+ドローンを使いドイツのザクセン=アンハルトにあるハルバーシュタット大聖堂の外観や内部を撮影したと発表した。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。