ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト リモートセンシング旭川ルポ

ドローンを活用した農業で日本の土づくりを世界に発信するドローンジャパン(東京都千代田区)が、2017年度に推進する「ドローン米」プロジェクトを知るため、ドローンジャパンの春原久徳会長と勝俣喜一朗社長が稲作と畑作の生育調査を行うドローンによるリモートセンシングの現場に同行した。


広がるドローンジャパンの「ドローン米」プロジェクト

 ドローンを活用した農業で日本の土づくりを世界に発信するドローンジャパン(東京都千代田区)が、2017年度に推進する「ドローン米」プロジェクトを知るため、ドローンジャパンの春原久徳会長と勝俣喜一朗社長が稲作と畑作の生育調査を行うドローンによるリモートセンシングの現場に同行した。
 リモートセンシングによる農作物の生育調査は、マルチスペクトルカメラを搭載した無人航空機を自動航行させ、センサーにより取得した分光反射測定データから、作物の生育状態・健康状態などを可視化し、生育ムラをなくし収量を上げることを目的としている。
 このプロジェクトは、昨年(2016年)は北海道旭川市で有機農業を行う篤農家・市川範之氏が経営する市川農場(北海道旭川西神楽)を中心に、千葉(佐倉)、茨城(小美玉)の3カ所から開始された。今年は、三重(津)、岡山(鏡野)、新潟(長岡)、富山(滑川)などに広がりを見せている。また、センシング対象品種を米だけでなく小麦、コーン、大豆、かぼちゃにも広げ、北海道だけでも旭川、美瑛、芽室、幕別、北見など5カ所にその拠点は増えた。

ドローンによる「見える化」農業で収量アップへ

 この中で今回リモートセンシングに立ち会ったのは、7月20日と21日の2日間、北海道上川郡の美瑛町にある小麦畑4カ所と西神楽で有機栽培を行っている市川農場の稲作の圃場となった。

美しい美瑛の丘陵地帯=7月20日、旭川市(Mavic Proで空撮)

 最初のセンシング現場は北海道上川郡の美瑛町にある小麦畑。この季節の美瑛の丘陵地帯は、茶褐色に実った小麦畑がパッチワーク柄に織り上げられ、この美しい田園風景を目当てに集まる国内外の観光客で賑わっていた。“親子の木”と名付けられた3本の柏の木にほど近いキタホナミとユメチカラの小麦畑がセンシングの対象となった。
 小麦畑は時折風速10m程の強風にあおられ波打つように揺れていたが、概ね風速は6m程ということでドローンを飛ばすことに決定した。

小麦畑上空をセンシングするSOLO。

 使用機材はマルチローターの「SOLO」と固定翼機の「eBee」を使った。最初にMicaSense社のマルチスペクトルカメラ「SEQUOIA(セコイア)」を搭載したSOLOを飛ばす。SEQUOIAのマルチスペクトル・センサーは、赤外線や近赤外線など4つの反射波長域をそれぞれとらえ記録できるとともに、16MpのRGBの画像データも取得できる。重量は約80グラムと軽いためドローン搭載が可能となっている。
 アプリに飛行高度、飛行速度およびデータのオーバーラップ率を設定、WiFiでSEQUOIAに転送するとSEQUOIAは最適な間隔で自動で空撮を実行する。
 設定済みSEQUOIAを起動させておいてから、キャリブレーションを終えた3D Robotics社のSOLOを離陸させる。あとは着陸まで全て全自動で飛行するため、この間、人は何もすることがない。

 SEQUOIAは60mの高度を、速度7.5m/secで飛行、データ記録はオーバーラップ率80%で撮影、5haの小麦畑を10分間センシングした。SEQUOIAは、1シーンを5つのセンサーで同時に撮影するため、336シーンについて1,680枚のデータを得ることができた。

SOLOの飛行をチェックする春原久徳さん。

右のRGBデータでは判別しにくい生育状態がNDVIデータだと判断しやすい(ドローンジャパン提供)

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

【ジャパンドローン2018】ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは

一般社団法人セキュアドローン協議会は、ジャパンドローン2018のオープンステージで、会長の春原久徳氏が「ドローンの業務利用におけるセキュリティ対策とは」と題する講演を行った。


ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンジャパン「ドローン米2018 キックオフイベント」開催 篤農家5氏のドローン米食べ比べ

ドローンを活用した先進農業に取り組むドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、2018年度の栽培に向けた“応援チーム”を結成する目的で、ドローン米2018 キックオフイベントを都内で開催した。


トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

トルビズオンはドローンジャパンの春原久徳氏を講師に、開発者向け「ドローンソフトウェア開発概要講座」2/13(火)。

ドローン・コンサルティング事業を手がける株式会社トルビズオン(福岡市中央区)は、福岡市内で、開発者向けの「ドローンソフトウェア開発概要講座」を2月13日に開催する。


SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

SEMICON 春原久徳氏がドローンセミナー 

「SEMICON Japan 2017」(主催:SEMI)が12月13日〜15日に開催され、特別展示として「all about DRONES」を初めて実施、特別展を監修したドローン・ジャパン(株)の会長取締役の春原久徳さんがドローンに関するセミナーを行った。


日本の農業リモセンをリードする「DJアグリサービス2018」が始動

日本の農業リモセンをリードする「DJアグリサービス2018」が始動

農業の「見える化」にドローンを活用したリモートセンシング(リモセン)サービスを提供するドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、来年に向けて「DJアグリサービス2018」を発表した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。